【要注意!英語?表現】「ウィークリーマンション」は要注意の和製英語?表現

日本語のカタカナ英語表現は、正しい英語表現とは限りません。英語の本来の意味や用法、正しい英語表現を学び直しましょう。

今回の和製英語は「ウィークリーマンション」。

「ウィークリーマンション」は和製英語

日本語の「ウィークリーマンション」は、ホテルよりも長くまとめて滞在でき、通常の賃貸住宅のような長期滞在契約はしない、そうした賃貸マンションの形態を指しますが、英語には weekly mansion のような表現はありません。

英語では short stay apartment (短期滞在型賃貸住居)のような表現、あるいは short term accommodation (短期宿泊施設)のような表現が一般的です。

holiday apartment のような表現もありますが、これは特にリゾート地に設けられる施設(いわゆるリゾートマンション)を指します。

マンスリーマンションも和製英語

もちろん monthly mansion ともいいません。「マンスリーマンション」も和製英語です。

key

マンションではなくアパートメント

日本語では「マンション」を集合住宅の意味合いで用いますが、英語では賃貸型の集合住宅を apartment といいます。英語でマンション(mansion)というと、大きな「邸宅」を指してしまいます。

※  apartment はアメリカ英語、イギリス英語では主に flat といいます。
※  英語では「アパート」のように略して aprt とはいいません。

また、weekly は「毎週」「週次」と訳されますが、この英語のニュアンスは「 once a week 」、すなわち「週1回」の意味が中心にあります。

「1週間だけ借りる」と述べるなら rent for a week のように言う必要があります。

「ウィークリーマンション 」は英語でこう言おう!

ロンドンのウィークリーマンションを探しています

I’m looking for a short stay apartment in London.

 

なお、「ウィークリーマンション」および「Weekly Mansion」は株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントの登録商標です(宿泊施設の提供その他役務)。





WebRTCで無料英会話