【要注意!英語?表現】「バイキング」は通じない英語表現

日本語のカタカナ英語表現は、正しい英語表現とは限りません。英語の本来の意味や用法、正しい英語表現を学び直しましょう。

今回の要注意表現は「バイキング」。

その「バイキング」は完全な和製表現

日本語で「バイキング」と言うと、定額で取り放題の食べ放題という食事提供方式を指しますが、これは日本で最初に同方式を導入したレストランの名前にちなんだ呼び方と言われています。

発祥・オリジナル・第一号の固有名が代名詞的に定着したという意味では、「男爵いも」とか「タイガースープレックス」に通じる由来を持つ呼称といえます。

バイキングの語そのものは英語のヴァイキング(viking)に由来しますが、viking の語からはイメージを借りただけで、意味上の直接のつながりはありません。viking は北欧の海賊を指す語です。

food-1682437_640

英語では「スモーガスボード」

「バイキング方式」に対応する英語表現は、smorgasbord(スモーガスボード )、もしくは buffet (ビュッフェ)。

smorgasbord はスウェーデン語に由来する英語だそうで、奇しくも viking と北欧つながりのある語です。軽食向け料理を自由に取って食べる立食形式の食事方式を指します。

buffetはフランス語に由来する語で、それ自体「軽食・立食用のテーブル」「軽食堂」「立食場」そして「立食スタイルの食事」といった意味で用いられます。名詞の用法も形容詞の用法もあります。食事の方式であることを明示するなら buffet lunch のように表現すると無難でしょう。

 





WebRTCで無料英会話