【通じない英語】 ジャンパー(jumper)はそういう意味では使わない要注意表現

和製英語に要注意! それはネイティブが使わない英語・ネイティブに通じない英語です。

今回の和製英語は「ジャンパー」。

日本語のジャンパーは和製英語

日本語のジャンパーは、おおむね《前開きで丈が短めの長袖の上着》を指す言い方です。「スタジャン」や「スカジャン」の形といえば連想しやすかもしれません。

最近では、「ジャンパー」という呼び名は少し時代を感じさせる言い方です。イマドキの呼び名は「ジャケット」あるいは「ブルゾン」でしょう。ジャンバーは言うに及ばず。

ジャケット (jacket)およびブルゾン(blouson)は、いわゆる日本語のジャンパーを指して用いられる正しい英語表現です。

ブルゾンはフランス語由来ですが英語でも使われる呼び名です。

fotolia_117713596


英語のjumperはまた違った服を指す

英語でも jumper は服を指す語として用いられます。ただし、日本語のジャンパーとは異なります。

しかもアメリカ英語とイギリス英語では jumper といって指す服の種類が異なるので注意が必要です。

アメリカ英語の jumper

アメリカ英語の jumper は女性物の袖なしワンピースドレスを指します。

QuinnSchool girllittle Jessamyn

イギリス英語の jumper

イギリス英語の jumper は、長袖の、多くは上からかぶって着るタイプの上衣を指します。セーターやプルオーバーと共通する要素の多い呼び名といえます。

Jumper
Jumpers

もちろん大本の意味は「飛ぶ人」

まあ説明は不要かとは思いますが、jumper は jump+er で元々は「飛ぶ人」「跳躍する人」という意味です。

jumper
jumpers

 


コチラの記事もどうぞ

 

PR【コロナ対策中】2か月で驚愕の英語力を手に入れたオンラインでの英語学習法







WebRTCで無料英会話