「外貨両替」は英語でどう言う?

外貨の両替は英語では foreign currency exchange のように表現できます。currency exchange あるいは foreign exchange と省略しても大抵は問題なく通じます。

もし「外貨両替」という単語そのものを知りたいというか「外貨を両替したいんですが」という風に英会話の中で表現したい、ということなら、exchange を名詞でなく動詞として使うように発想を切り替えましょう。

「外貨両替」は英語では foreign currency exchange と表現できる

「外貨の両替」に対応する英語表現は foreign currency exchange  が基本です。定訳と見なしてしまってよいでしょう。

ちなみに「外貨」は foreign currency 、「両替(所)」は currency exchange といいます。

754010659

currency を money と言い換えても通じる

currency (通貨)の代わりに money (お金)を用いて foreign money exchange と述べても問題なく意味は通じます。

とはいえ「外貨両替」に対応する表記としては foreign currency exchange  の方が多数派です。

foreign や currency を省略しても通じる

foreign currency exchange を部分的に省略して currency exchange あるいは foreign exchange のように述べても大抵の場面では問題なく通じます。

currency exchange(両替)といえば十中八九は外貨の両替です。

foreign exchange(外国のものの両替)も十中八九は外貨の両替です。

なお foreign exchange は「外国為替」「外為」とも訳される表現です。いわゆる FX 。


両替したい旨を伝える場合は他の英語表現が必要

「外貨両替」を名詞として扱うなら訳語は foreign currency exchange で決まり、といえますが、「どこかで両替したいんだけど」「ここで両替できますか」といった事を述べたい場合はちょっと違った観点が必要です。

exchange を動詞として用いる

exchange は名詞としても動詞としても使える単語です。「両替する」と述べる場合は exchange を動詞として使いましょう。

Can I exchange money here?
ここで両替できますか
Can I exchange yen for dollars here?
ここで円をドルに両替できますか
Where can I exchange yen for dollars?
円からドルへの両替はどこでできますか
I want to exchange into U.S. dollars.
これを米ドルに両替したい

文脈次第では動詞も省略できる

両替所の窓口で従業員へ「これ両替お願いします」と伝えるような場面なら、「両替」という情報も省いてしまって「これをドルにお願い」くらいの情報を伝えるだけで充分に意思疎通できます。

両替先の通貨(どの通貨に両替するか)は、for や into といった前置詞を使って exchange into ~ と表現すると明示できます。

「両替する」という認識が共有されている場合には、dollars into yen だけでも充分に「ドルを円に」という趣旨は伝わるわけです。

Two hundred dollars into yen, please.
200ドルを円に(両替)お願いします

>> 英語で「両替をする」シンプル英会話表現【音声つき】





WebRTCで無料英会話