「仕事ができない」は英語でどう言う?

773696584

「仕事ができない」を英語で表現する場合、「できない」という言い方を「とてもデキるというわけではない」と言い換えるような発想を持てると英語らしい表現が見つかります。たとえば He is not so productive. とか She is not so good at the job. とか。

日本語的な発想で John cannot do the job well. (仕事ぶりがよくない)のように表現しても、趣旨は示せます。しかしながら英語として自然に響く言い方かどうかというと疑問が残ります。

否定語を用いない言い方に転換する、という発想はこの場合に限ってはあまりオススメできません。平叙文で使える形容詞は incompetent 、useless 、時には damn など、どうしても罵倒の度合いが極端に高まります。

人の能力についてどうこう評するのは基本的にして「仕事ができない」とどうしても言う必要のある場面などでは、はっきりと断言するより、できるだけ事を荒げずに婉曲的・緩和的に言う方が英語でも好まれます

「仕事ができない」は婉曲的な表現に言い換えると上手い英語が思いつく

「仕事ができない」はストレートに英語に訳すよりも「(仕事内容)をそこまでうまくこなせない」という風に間接的に表現する方向で考えましょう。《not + so 》の言い回しがバッチリ上手く使えます。

not so ~ は万能英語表現

not so ~ に「有能」「デキる」と形容する語を組み合わせれば「そんなにデキる方ではない」と英語で表現できます。使える形容詞は色々と挙げられます。

  • not so productive (仕事が)あまり生産的でない
  • not so good at ~ ~(仕事内容)があまりうまくない
  • not so skilled at ~ ~(仕事内容)にあまり長けていない
Mike is not so good at presentation.
マイクはプレゼンがそんなに上手でない

not (be) up to (much) は上級者っぽい英語表現

up to ~ という英語の連語表現が否定語を伴って not up to ~と述べられる場合、しかも特に not be up to much の形を取る場合、これは「(仕事)があまり上手くない」と述べる半ば定型的な言い回しです。

Oxford Learner’s Dictionary によれば、not be up to much はイギリス英語の表現です。

His work isn’t up to much.
彼はそんなに仕事がデキる方ではない
Oxford Learner’s Dictionary

up to ~ は非常に幅広い意味で用いられる言い方です。意味・用法をあらかじめ踏まえておくと、いざ見聞きした際に戸惑いにくくなります。

「仕事が-でき-ない」をそのまま英語にしても通じることは通じる

「仕事ができない」を「仕事が」「デキる」「否定」とそのままの英語に訳すと、cannot do the job well などと表せます。「今やっている(その)仕事をうまくできない」と表現するやり方であり、中学・高校の教科書通りの英語といった印象です。

逐語的・説明的に訳す発想も当然無駄ではありません。場面やニュアンスを考えずに中立的に使える点ではある意味優れた方法です。しかし、ネイティブスピーカーの自然な英語表現とかけ離れていたり、日常生活でこういう言い方をするタイミングがない!といったことも多々あったりします。

また、「仕事ができない」をそっくりそのまま He can’t do the job. とだけ訳してしまうと、諸々の理由から彼はその仕事を担当できない、可能性として無理だ、といった意味合いに傾き、本来の意図とズレた英語訳になってしまうでしょう。

用事や邪魔などの要因で「仕事が進められない」という場合はむしろ逐語訳的な英語の方が標準的

「仕事ができない」という言い方は、文脈によっては、能率や生産性の評価でなく、「仕事に手が回せない」「仕事以外の用事を先にせざるをえない」という意味で用いられることもあります。

  • 雑事ばっかりやっていて(自分の)仕事ができない
  • 猫がかまって欲しがって(自分の)仕事ができない

この意味の「仕事ができない」は、can’t do my work. のように表現したほうがしっくり来ます。気を遣う相手もいませんし、婉曲的にせず直接的に表現しても何ら支障ないわけです。

端的に busy とだけ表現するのも手

忙しくて手が回らない、という趣旨を述べるなら、単に「忙しい」とだけ述べれば十分という場合もありそうです。

要は日本語的な文章構成にとらわれず、「自分がどういうことを伝えたいのか」を柔軟に捉え直すことが大事です。この考え方は最終的には「英語で英語を考える」思考にたどり着きます。

敢えて辛辣に批評するなら「使えない」的な意味で「仕事ができない」と述べる英語を用いる言い方もアリかも

「仕事ができない」にあたる意味を英語ひと言で表すやり方もあります。incompetent、useless、good for nothing、damnといった英語表現は、人物に対して使った場合「無能」「つかえない」「のろま」などに直接的に対応する言い回しです。書き言葉的か話し言葉的かといった違いはありますが、英語としてもどれもあまりにキツい言い方で、良くても相当に険悪な雰囲気になるでしょうし、下手をすれば相手への暴言・誹謗中傷としてとられかねません。

  • incompetent 能力に欠ける
  • useless (会社にとって)要らない
  • good for nothing 何にもならない
  • damn 役立たず

「つかえない」(使えない人)は英語でどう言う?

こうした言い回しは把握しておく分には損はありませんが、「無能」などの日本語の感覚と同様に、英語でも仕事上の人間関係の中で使うべき言葉では決してないでしょう。

英単語力をつけるためのオススメツール「Weblioプレミアムサービス」

知らない英単語や言い回しが見つかったとき、そのままにしていては、いつまでたっても、英語力は伸びません。英語力を着実に伸ばしている人は、苦手を把握し、繰り返し復習しています。復習がなかなか習慣づかないなら、ツールに頼るのも一つの手です。「Weblioプレミアムサービス」は、苦手単語を整理できたり、英単語力を診断できたりなど、英単語学習をサポートする機能がついています。




WebRTCで無料英会話