急行、快速、通勤特急を英語でなんて言う?英語で表す電車の種別

電車にも色々な区分があります。新幹線は別格としても、通勤特急、特急列車、急行列車、快速列車、普通列車など、運行によって呼び方が違ってきます。さて英語ではそれぞれどのように言うのでしょうか。


→電車の乗換えをカンペキに案内できる英語フレーズ集

電車の種類

上から速い順に並べてあります。

新幹線「bullet train」

shinkansen」でも通じますが、「bullet train」のほうが一般的です。「bullet」には「弾丸」という意味があります。

新幹線の名称は、「the Super express ~」と表現されます。たとえば「のぞみ号」なら「the Super express Nozomi」と呼ばれます。

通勤特急「commuters limited express」

ちょっと長い呼び名なので、「COM.EXP」のように短縮されて表示されます。

特急列車「limited express train」

大きな駅にのみ停まる(stop only at major stations)電車のことです。

急行列車「express train」

快速列車よりもさらに少ない駅にしか停まりません。(stop at even fewer stations than rapid trains)

準急行列車は「semi express train」となります。これは、快速急行よりも停まる駅の数が増えます。

快速列車「rapid train」

いくつかの駅を飛ばして(skip some stations)進みます。

普通列車/各駅停車「local train(local stopping train)」

全ての駅に停まります。(stop at every station)

train-267266_640


その他の列車

モノレール「monorail」
地下鉄「subway」(※イギリスでは、「underground」が使われています)
路面電車「streetcar」
回送電車「deadhead train」





WebRTCで無料英会話