英語で「頻度」(頻繁さ)の度合いを表現する言い方

よくあること、ままあること、珍しいこと、めったにないこと。物事の起こる頻度を表現する英語も、ありがちさの度合いによって言い分けられます。

常態・日常茶飯事から古今未曾有の珍事まで、大まかに段階を分けて表現できるようになっておくと、経験・経歴・趣味なんかの話題でも意外と重宝します。

英語で「期間・間隔・頻度」をうまく表現する言い方

よくある度合いを示す表現5段階

常にそうであるという状態

いつも・いつでもそうだという状況、つまり常態となっているような状況は、always で表現できます。

頻度を示す表現は自ずと「発生する」および「発生しない」という2つの状況を念頭に置きますが、always は「発生しない」という状況が度外視されています。頻度100%は、もはや頻度ではなく、むしろ性質です。

I’m always bored.
いつだってヒマだ
He always gets up early.
彼はいつも早起きだ

日常茶飯事

常日頃から当たり前のように起きていること、ほぼ常態化していること、いわゆる日常茶飯事。英語では  a daily occurrencethe order of the day のように表現できます。

This is a daily occurrence.
こんなことが毎日のように起こる
Crowded trains are the order of the day in Tokyo.
満員電車は東京ではいつものことです

ありふれた物事

珍しくもなんともない、普通の、ありふれたこと。英語では commonusual のような形容詞で表現できます。

This is common.
いたって普通のことです
It is a very common mistake.
非常によくある間違いだね
It is usual for him to sit up so late at night.
彼の夜更かしは何ら珍しいことではない
I am the same as usual.
私はいつも通りです

common も usual も、訳語としては「ありふれた」「普通の」のように訳される点で共通していますが、多分に「common」はより一般的なこと「usual」は個人的なことを示すニュアンスがあります。そのため、文脈に応じてどちらの語が選択されるかは、おおむね決まっています。

めったにない事

あまりない、めったいにない、珍しい出来事を指す語としては、形容詞 rare が挙げられます。日本語で言うところの「レア」と同様、まったく起きないわけではないが普段はそうそう起きない、という程度を示します。

「ありふれた事ではない」という意味で uncommon と表現したり、あるいは unusual と表現してもよいでしょう。 unwonted とも表現できます。いずれも否定を意味する接頭辞 un- を加えて「よくある」という語意を否定した表現です。

It’s rare for him to go out.
彼が出かけるとは珍しい
This is a rare occurrence.
これはめったにない事です

いまだかつて聞いたこともないような事

レア以上に珍しい事態は(スーパーレアとは言いません)、前例を耳にしたためしがない(前代未聞だ)という意味で、 unheard-of と表現できます。あるいは「先例がない」という意味で unprecedented と表現してもよいでしょう。

unheard-of は of まで含めてひとつの形容詞表現として扱われます。

unprecedented は名詞 precedent(先例)から派生した語です。without precedent と述べても同じ意味が表現できます。

It’s a development on an unheard-of scale.
空前のスケールの開発です
What he did was an unheard‐of behavior.
彼は前代未聞の振る舞いをしでかした
That will probably remain in history as an unprecedented big event.
未曾有の大事件として歴史に残るでしょう
He seized on the unprecedented opportunity.
彼はかつてない好機をとらえた

どちらかといえば unprecedented はポジティブな意味で使われることが多く、unheard-of はネガティブな意味で使われる向きが多分にあります。

会話の相づち表現としての「よくある」は

会話中に相手の発言に乗って「それはよくあることだよ」とか「それ、あるよね~」のように言う場合には、 It happens. という表現がうまく対応します。

It happens. は、あるあるネタに同調する場合にも、よくあることだから気にするなよと励ます場合にも使えます。簡素で使いやすい合の手です。

英単語力をつけるためのオススメツール「Weblioプレミアムサービス」

知らない英単語や言い回しが見つかったとき、そのままにしていては、いつまでたっても、英語力は伸びません。英語力を着実に伸ばしている人は、苦手を把握し、繰り返し復習しています。復習がなかなか習慣づかないなら、ツールに頼るのも一つの手です。「Weblioプレミアムサービス」は、苦手単語を整理できたり、英単語力を診断できたりなど、英単語学習をサポートする機能がついています。




WebRTCで無料英会話