「それは面白いね」と英語で表現する場面別ニュアンス別表現集

英会話が面白いと感じられることはすばらしいことです。愉快な気持ちはぜひ相手にも伝えて共有したいところ。ただ、英語で「面白い」と表現する際には、面白さの種類やニュアンスまで念頭に置いて表現を選ぶ必要があります。

日本語の「面白い」という言葉は、さまざまなニュアンスを含む広範な表現です。《滑稽だ》、《風流だ》、《興味をそそられる》、《思わず熱中してしまう》、《軌道に乗っている》等々、具体的なニュアンスは場面に応じて違います。

日本語で「面白い」という感想が思い浮かんだら、いちど他の日本語表現で言い換えてみると、対応する英語表現も思いつきやすいでしょう。そして、ゆくゆくは直接に英語表現を思いつけるようになりましょう。


→英語で表現する場面別シーン別の「楽しい!」の言い方
→英語で「退屈」「つまらない」を表現し分ける英単語集

「interesting」は知的な面白さ

interesting は、「面白い」という意味があります。笑い転げるような面白さではありません。興味や関心を引くような、知的好奇心を満たす面白さに対して使われます。

interestingは「興味を起こさせる、関心をもたせる」を意味する動詞interestの形容詞形。「興味、関心」という名詞はinterestで、この名詞はwith interest(興味をもって)や  be of interest (興味の対象となる)としても使われます。

I am sure that this new program will be interesting and exciting for them.
この新しいプログラムは、彼らにとって面白く興奮するものであるだろう
She read with interest the full report of the accident.
彼女はその事故の詳報を興味深く読んだ
The internship is of interest to the future graduates.
そのインターンシップは卒業見込み者にとって興味あるものだ


「funny」は滑稽な面白さ

funny は「滑稽で面白く、人を笑わせる」という意味があります。「可笑しい」と言いたいときに頻繁に使われる単語です。また、funny には「いかがわしい」「狂っている」という意味もあります。That is funny には「それ可笑しいね」という意味の他に「それ怪しいよ」という意味もあります。意味は文脈や状況で判断しましょう。

That is funny は、「爆笑」ほどではないが、「それちょっと可笑しいね」と言いたいときに気軽に使える表現です。これだけだと物足りない場合には、verytoo を使って強調しましょう。逆に、そこまで面白くない場合には kind of a little を使いましょう。

人に出された料理がおいしくなかった、変な味がした、そんな時にもfunnyを使うことができます。This meal tastes  a little funny. (この料理、ちょっとおかしな味がするね)というと、率直に「不味い」(tastes bad)というよりも婉曲的な表現となり相手を傷つけずに済みます。

That’s very funny.
それ、とっても可笑しいよ
That is too funny! That’s the funniest thing I’ve ever heard!
それ面白すぎる!今まで聞いた話の中で一番面白い!
Why are you laughing?―Just a little funny thing.
なんで笑ってるのよ?―ちょっと面白いことがあって
This meal tastes a little funny. What did you put in it?
この料理ちょっと変な味がするよ。何を入れたの?

「hilarious」は funny の上をいく面白さ

hilarious には、「大変陽気な」という意味の他に「大変面白い」「大笑いさせる」という意味があります。funny よりもさらに面白い場合に使われます。

He said he did’t like the film, but I thought it was hilarious!
彼はその映画好きじゃないって言ったんだけれど、私はめちゃくちゃ面白かったと思ってる!
His business with the cane was hilarious.
杖を使った彼のしぐさがウケた
Is that hilarious?
それってそんな面白い?

「ridiculous」はくだらな過ぎて笑っちゃう

ridiculous には「常識を外れたバカバカしさのため、人を笑わせる」という意味があります。ここでの笑いは、あざけりや冷笑などを指します。くだらないことに対して笑うしかない、という状況でしょうか。面白いという意味はありません。

似たような意味の単語に ludicrous があります。意味はほとんど同じですが、より多く使われているのは ridiculous のようです。

It is ridiculous to be so frightened of something.
そんなに何かに怖がるなんて馬鹿げているよ
Do I ​look ridiculous in this ​hat?
この帽子をかぶるとおかしい?
You are ridiculous! Why are you wearing such a loud shirt?
あなたおかしいよ!なんでそんなけばけばしいシャツを着ているの?

「amusing」は娯楽要素のある面白さ

amusingは「人を笑わせる、楽しませる」という意味。アミューズメントパークやサーカスのピエロなど、娯楽要素の強いものが「楽しませてくれる、笑わせてくれる」ときの「面白さ」についていいます。動詞のamuse は「人を笑わせる、退屈している人を楽しませる」という意味なので、退屈した気分を吹き飛ばしてくれるような、誰もが気軽楽しめる「面白さ」がはまりそうです。

This story is amusing. Please tell me about it more.
その話面白いね、もっと聞かせてよ
How do you amuse yourself on a rainy day?
雨の日にはどうやって退屈しのぎをしていますか?

「exciting」はワクワク興奮する面白さ

excitingは「興奮させる、わくわくする」という意味。スリルがあって、ハラハラドキドキして思わず引き込まれてしまうような面白さをいいます。冒険小説や、格ゲーや、またはスポーツ観戦など、思わず興奮して血がたぎってしまうような場面での「面白い!」にはぴったりです。

It was such an exciting story that I read it through the night.
とっても面白い物語だったから徹夜で読んでしまった
It was a very exciting game.
それはとてもはらはらする試合だったよ

「laughable」は馬鹿げていて笑える

laughableは、文字通りlaugh(笑う)+able(~ができる)で「笑うことができる」という意味。茶番劇のようなお気楽な「笑い」にも使いますが、自分が面白くないときにも、とりあえず「笑える」と無難な言い方として使えます。

The incident would have been laughable if it hadn’t hurt so much.
あの事件があんなに害がなかったら笑えもしただろうに
He gave a contribution so small as to be laughable.
彼のした寄与は笑えるほど小さいものだった

「comical」は喜劇的な面白さ

comicalは「おどけた、滑稽な、ひょうきんな」という意味。馬鹿馬鹿しい、くだらないことに笑ってしまう面白さをいいます。comicには「漫画」または「喜劇俳優、コメディアン」という意味があるので、comicalは漫画みたいな面白さ、芸人をみるときの面白さとイメージしましょう。

It seemed serious at first, but once I was used to it, I found them strangely comical.
最初は真面目に見えたけれど、慣れてしまえば変に面白くなってきた
Both were ridiculously funny in what must be two of the best comical roles ever written.
至上最高に喜劇的な役を演じる二人はとてもくだらなくて面白かった

「enjoyable」は嬉しさ楽しさ入り混じった面白さ

ワハハ、と笑うまで行かなくとも、「うん、面白かったよ」と伝える時の「面白さ」にはenjoyableが使えます。enjoyableは「楽しい」「愉快な」という意味の形容詞です。映画や舞台を見て、滑稽で人を笑わせる要素はなくともとにかく「楽しめた」、好きなキャラクターのパレードを見て「嬉しい気持ちになった」、そう思ったときに使ってみましょう。「面白かったよ」と答えるときには、単に動詞のenjoyを使ってI enjoyed it.(楽しめたよ)と言ってもOKです。

The conversation with him was quite enjoyable.
彼との会話はかなり楽しかった
The movie was a little bit scary, but I enjoyed it.
あの映画はちょっと怖かったけど、面白かったよ

「pleasant」は心地のいい面白さ

美しい絵を見たとき、名文を読んだときなどの、心地いい喜びを感じるような面白さはpleasantで表せます。pleasantは「気持ちのよい、楽しい」という意味の形容詞。大笑いはしないけれど、気持ちが舞い上がって嬉しくなってくる、愉快な気持ちにさせてくれる、そんな「面白さ」を表すときに使えます。

The book is pleasant to read.
その本は読んでいて楽しい
The movie is not funny or pleasant at all. It’s disgusting.
あの映画はちっとも面白くも楽しくもない。胸が悪くなった

「cracks me up」は大笑いさせる

crack somebody up で、「人を大笑いさせる」という意味になります。主語には、人と物の両方を入れることができます。crack には、「割れる」「ひびが入る」という意味があります。

You crack me up!
おまえ、本当に面白いよな!
His jokes crack me up! I can not stop laughing!
彼のジョークめっちゃウケる!笑うの止められないよ!

「upset my gravity」は思わず笑いだしちゃう

upset one’s gravity を直訳すると、「~の重力をひっくり返す」という意味になります。「笑い崩れる」「思わず笑ってしまう」という意味です。堪えても笑わずにはいられない状況を表します。

The sight upset their gravity.
その光景を見て皆笑い崩れた
The answer upset my gravity.
その返事を聞いたら、さすがの僕も吹き出さずにはいられなかった
His funny face upset my gravity.
彼のおかしな顔を見て笑わずにはいられなかった

「I am in stitches」はお腹がよじれるほど笑う

someone is in stitches は「~は腹がよじれるほど笑う」という意味です。これは可笑しくて笑いが止まらず、お腹が痛くなるような状況を表します。stitches は「縫った傷口」を意味します。

How was the comedy show?― I was in stitches!
コメディーショーどうだった?―笑い転げるほど面白かったよ!
Please stop this stupid challenge! I am in stitches!
お願いだからバカな真似は止めて!笑い過ぎて辛いから!

「面白そうだね」と表現する場合は動詞でニュアンスを加える

誘われたり感想を伝え聞いたりした際に興味を示して「それは面白そうですね」と表現する場合、「面白い」は interesting や fun といった表現を使い分けて表現し、加えて「面白そう」という意味合いを動詞 sound や look で表現します。

That sounds interesting.
面白そうだね

英語で「それは面白そうだね」と返す場面の表現集





WebRTCで無料英会話