【まとめ】英字新聞の記事一覧

英字新聞に関連してる記事をまとめたよ!

英語で読む時事ニュース:「トランプ大統領候補の女性に対する不適切発言」

2016年11月8日(火曜日)にアメリカ大統領選挙が行われます。いよいよ残り1ヵ月を切った10月半ば現在、報道にも熱が入っています。いま最もアツい時事的話題のひとつといっても過言ではないでしょう。

大統領選2016はドナルド・トランプ(Donald Trump)とヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)の一騎打ち。トランプ氏はピーナツ発言などの過激発言で耳目を集めています。英国大手紙は「トランプの嘘」という連載記事を設けたほど。対するクリントン氏もウワサには事欠きません。そして勝負はさながら「醜聞合戦」というか足の引っ張り合いの様相を呈しています。

そして10月初旬に大きめのスキャンダルが報じられました。いわゆる女性蔑視発言。

続きを読む

英字新聞「ガーディアン」の連載「トランプの今週の嘘」

2016年9月現在、来るアメリカ大統領選挙への世界の注目は日増しに高まっています。時事的な話題は実用的な英語の知識も獲得でき、英会話のネタとしても最適です。英語学習に活かさない手はありません。

2016年アメリカ大統領選で特に注目を集める存在といえば、共和党から出馬した候補者ドナルド・トランプ(Donald Trump)でしょう。元不動産王という圧倒的な経歴、強烈な人柄、歯に衣着せぬコメントでメディアを賑わせています。簡潔でインパクトの強い言葉を放つことでも有名です。Make America Great Again! (アメリカを再び偉大に)のスローガンはその典型でしょう。

トランプ氏の過激な言動は、しばしば大言壮語と受け取られ、物議を醸しています。イギリスの一般紙ガーディアン(the Guardian)は「 Lyin’ Trump:a weely fact-check」(嘘つきトランプ:週刊事実確認)と題するシリーズ記事(!!)を設け、トランプ氏の発言の虚飾の度合いに目を光らせています。

続きを読む

英語で読む時事ニュース:アメリカ大統領選を読むためのキーワード

2016年11月8日(火曜日)は、アメリカ合衆国大統領選挙の実施日です。世界情勢に少なからず影響を与える、全世界が注目するイベントは、英語の情報源を通じてリアルタイムにつぶさに情報を追跡する絶好の機会です。

大統領選挙の行方に関する情報はすでに多く報じられてきましたが、選挙の最終局面を理解するには、やはり必要なキーワードを理解しておく必要があります。各政党の候補者と米国民が歩んできた大統領選の経過を、重要単語と一緒に振り返りましょう。

続きを読む

英語の新聞で読む2016リオオリンピック

shutterstock_338397737

2016年8月はリオデジャネイロで開催中の夏季オリンピックで世界中が盛り上がっています。オリンピックのような世界規模の催しは、海外メディアに接して報道を読み比べる絶好の機会。ぜひ国ごとの報じ方を比べてみてください。

今大会では日本代表の選手も大いに奮闘しており、日本国内のニュースに留まらず世界のメディアで多く取り上げられています。とりわけ男子の体操競技は、日本勢が団体競技を制覇、個人でも内村航平が鮮やかな逆転劇で金メダルを獲得するなど、ドラマチックな展開が注目を集めました。

続きを読む

英語学習に使える英字新聞&洋雑誌レベル別まとめ

英字新聞または英語雑誌の購読は、英語リーディングに慣れるという点では突出した学習方法です。各紙を比較して自身の興味や英語レベルにいちばん合ったメディアを見つけましょう。

英字新聞を取るならオンラインメディアよりも紙媒体の新聞雑誌がオススメ、単発で購入するよりも定期購読がオススメです。定期購読も年単位ではなく比較的短めのコースがオススメ、そして初めは易しめの新聞から初めて徐々に難易度を上げていく購読方法がオススメです。

新聞・雑誌の検討には、オンライン雑誌ストア「Fujisan.co.jp」が便利です。モノによっては3ヵ月の短期から購読可能だったり、オンライン版のライセンスと定期購読メニューがセットになったコースが用意されていたりします。そして紙面を最初から最後まで閲覧できるサンプル号が用意されています。ひいき目なしに比較検討にはうってつけのサービスといえます。

続きを読む

「週刊英和新聞・朝日ウィークリー」は取っつきやすい英語ニュース紙

英字新聞は、英文をたくさん読んでリーディング力を身につける「多読」学習に最適です。定期購読すれば継続しやすさが断然違います。

とはいえ「英字新聞はハードルが高すぎる」「まだそういうレベルじゃない」と及び腰になってしまう方も多いはず。そんな方は「朝日ウィークリー」(Asahi Weekly)を検討してみてはいかがでしょうか。

英字新聞でも英語新聞でもなく「英和新聞」と銘打たれた、日本人の英語学習のための新聞。多読の事始めとしてはうってつけです。

続きを読む

英語の経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」を朝刊で購読するメリット

ビジネス紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」(The Wall Street Journal)を、英語版で、あえて紙媒体で購読する。時代に逆らった提案のように聞こえるかも知れませんが、なかなかどうして、侮ることはできません。

英語の新聞・雑誌の定期購読は、(1)継続的な多読を促して英語リーディング力が鍛えられる、(2)ビジネス分野の話題やボキャブラリーを集中的に増強できる、そして(3)政治・経済・ビジネス分野の世界情勢をいち早く知識に収める、という英語+ビジネスにとって格好の素材です。

そして、せっかく購読するなら、「アメリカで最も影響力の高いメディア」と呼ばれるウォール・ストリート・ジャーナルを候補に挙げないわけにはいきません。

続きを読む

Japan Times STは英字新聞の手始めとして理想的な媒体

英語の新聞・雑誌の購読は多読の練習を継続的に積むためのよい方法です、が、もともと英語圏のネイティブスピーカー向けに作成されているコンテンツなので、学習者にとって取っつきにくい部分はどうしても出てきます。

その点、日本発の英字新聞「Japan Times ST」は、英語の初学者にうってつけの学習教材です。

英語雑誌はハードルが高くて挫折しそうと感じている方も、気軽に取り組めて、きっと自信がつけられるはずです。

続きを読む

英語ビジネス誌「The Economist」でビジネス英語学習のススメ

英語を読み書きできるようになるには、かなり多量の英語・英文に接する必要があります。多読はどうしても必要です。そんな多読の学習には、英語圏で実際に読まれている新聞や雑誌が重宝します。

とりわけビジネス英語の習得を目指す方には、英語の週刊誌「The Economist」がオススメです。ビジネス英語はもちろん、世界の動向を見通し、深い理解力も身につく、グローバルなビジネスパーソン必携の雑誌です。

続きを読む




WebRTCで無料英会話