【流行語】アメリカ政界で「mano a mano」がちょっとしたブームに

2016年2月。アメリカでは次期大統領選に向けた「前哨戦」が始まっています。2月1日にはアイオワ州の党員集会でドナルド・トランプ(Donald Trump)とテッド・クルーズ(Ted Cruz)両候補が共和党の指名獲得を巡って激突しました。両名とも有力視されている人物だけに、アイオワ州党員集会は選挙の試金石として注目されました。

こうした動向を報じる際、アメリカ大手メディアの多くが「mano a mano」というキーワードをこぞって用いています。ほとんど流行語といってよい勢いです。

 Mano a Mano って何なの

mano a mano は、元々はスペイン語で、英語の「hand to hand」に相当する意味の表現です。日本語に直訳すれば「手と手」といったところ。英語の中で(外来語として)用いられる場合は、むしろ「one-on-one」に近い意味で用いられています。つまり、1対1直接対決一騎打ちサシの勝負

2016年1月終盤の米各紙が掲げた見出しは、《テッド・クルーズとドナルド・トランプの直接対決》《一騎打ちで論戦を繰り広げた》といった内容を示しているわけです。

megaphone-40679_640





WebRTCで無料英会話