【要注意!英語?表現】 フライドポテトはうまく伝わらない英語表現

和製英語に要注意! それはネイティブが使わない英語・ネイティブに通じない英語です。

今回の和製英語は「フライドポテト」。

「フライドポテト」は和製英語

日本語のいわゆるフライドポテトは、ジャガイモを一口大に切って油でカラッと揚げた料理。

典型的なフライドポテト

英語では fried potato とは言いません。一般的に French fries (フレンチフライ)と呼びます。そして French fries はアメリカ英語の呼び名。イギリス英語では chips (チップス)という呼び方が普通です。

棒状角切り(拍子木切り)の姿から finger chips と呼ぶこともあります。

フライドポテト=揚げたイモ

fried potato という語そのものは英語として正しい表現ではあります。

フレンチフライを「French-fried potato」と呼ぶこともありますし、揚げたイモ = french fries のことかな、と察してもらえることだっていくらかは期待できます。

ただし英語の fried potato は、文字通り「油で揚げたイモ」を指すだけの表現。いわゆるフライドポテトを指定できる言い方ではありません。そのため、たとえばハッシュブラウンが出てくるような理解の齟齬が生じる可能性はどうしても残ります。

どれも fried potato です
potatoes-721076_640smiley-fries-101500_640fried-potatoes-605621_640country-potatoes-712661_640

「フライドポテト 」は英語でこう言おう!

フライドポテトが食べたいなあー」

I feel like eating french fries.

fried potato





WebRTCで無料英会話