大半の日本人が知らない「good luck」の本当のニュアンス

Good luck.」という英語フレーズは日本語の中でもよく使われます。多くの場合「幸運を祈る」のように訳されますが、英語の本来のニュアンスはそれだけではありません。

 

「good luck」単体はまずは名詞です。「(思いがけない)幸運」「僥倖」といった意味があります。相手に呼びかけるフレーズとしての「Good luck.」は「I wish good luck to you」のような一文を省略した形といえます。

そして、このフレーズは基本的には「頑張ってね!」とか「うまくいくといいね!」といった激励のニュアンスで用いられます。

I have an entrance examination today.
今日入学試験があるんだ
Good luck! I’m sure you’ll succeed.
頑張ってね、きっと合格するよ

Good luck on your exam.
試験、うまくいくといいね

 

 

他方、good luck は、実現が見込めない取り組みを暗に揶揄する意味合いで用いられることもあります。こちらの「good luck」は、「どうせ成功はしないだろうが、せいぜい頑張れよ」というようなニュアンスです。日本語の「幸運を祈る」はこちらのニュアンスの方が近いのではないでしょうか。

girl-882329_640

I want to be a superman!
僕は超人になりたいんだ
Well, good luck.
そうかい、まあ頑張りなよ

「頑張ってね!」と「せいぜい頑張れ」、どちらのニュアンスが込められているかは、文脈や相手の表情・態度でおおむね判断できます。





WebRTCで無料英会話