【要注意】「fine」を使うと相手が怒る!?褒め言葉には使えない、「fine」の本当の意味

誰もが知っているはずの、「I’m fine, thank you.(元気だよ、ありがとう)」という英会話フレーズ。この「I’m fine, thank you.」のイメージから、「fine」はプラスの意味を持つ形容詞だと思っていませんか?「fine」の意味を間違えて覚えていると、相手を知らない間に怒らせてしまうかもしれません!

「fine」は日本語でいう「大丈夫」

「fine」という英単語は、日本語の「大丈夫」という意味に近いといえます。ポジティブなニュアンスというよりは、問題ない(けど可もなく不可もなく)というイメージです。

Your graduation thesis is fine.(あなたの卒業論文はまあまあだね)

確かに、「fine」には「上品だ、素晴らしい」という意味があります。しかし、実際の生活では「まあまあだ、悪くない」という意味で使われることが多く、褒め言葉としては受け取られない可能性が高いといえます。「You look fine.」という英語表現を用いることができるのは、相手が病気やケガなど悪い状況から回復し、「元気そうに見える」ときです。

I left the hospital three days ago.(3日前に退院したんだ)
– You look fine!(元気そうだね!)


「OK」にも注意

「Okay(OK)」という単語にも注意が必要です。「OK」は、「fine」と同様に「まずまずだ、不満は無い」という意味や「大丈夫だ」という意味を持ちます。「It’s OK.」という英語表現は決して褒め言葉ではなく、「それでもいいよ、不満は無いよ」というニュアンスです。

This dish is Okay.(この料理はまずまずだ)

We have only a single room tonight.
(本日はシングルの客室しかご用意できないのですが)
– It’s Okay.(かまわないよ)

girl-549695_640





WebRTCで無料英会話