【まとめ】英語での「それ」の言い方の記事一覧

英語での「それ」の言い方に関連してる記事をまとめたよ!

「そうそう!それだよそれ!」は英語でどう言う?

あーそう!それだよそれ!まさにソレが言いたかったんだけど言葉が出てこなかったんだよ~サンクス的なことを英語で表現する場合、たとえば That’s it ! (それだ!)のようなフレーズが使えます。

That’s it ! は非常に簡潔で素朴で使いやすい表現ではありますが、it の語の意味の幅が広すぎてニュアンスの掴みにくい表現でもあります。内容によっては  (That’s) exactly .(その通り)のような言い方を選んでみてもよいかもしれません。

続きを読む

「それは違う」と英語で伝える、批判・非難の英語表現

英語圏では、意見の不一致や対立が生じた場合、ただ堪え忍ぶ(異見を抑え込む)よりも自分の見解をしっかり表示する方が好まれる傾向にあります。言うべきことは言いにくくても言う勇気を持ちましょう。そして、そのための表現を知っておきましょう。

相手に非があると指摘したり咎めたりする発言は、それ自体、ネガティブな発言として響きます。感情をまき散らす憂さ晴らしには陥らないよう注意して、対話を通じた前向きな状況改善を目指して伝えるようにしましょう。

続きを読む

「それは意外」と英語で表現するニュアンス別英語表現

予想外のことを見聞きした際には「それは意外だ」という風に反応したくなります。これを英語で表現する場合はちょっとした言い方の工夫が必要です。

想像以上だった、思いも寄らなかった、実に驚いた、等々、意外さの質まで思いを致してみると、うまくニュアンスに合った表現が見つかります。

続きを読む

「それは言えません」を英語で表す場面別フレーズ集

英会話の中にも「英語で表現はできるけど敢えて口には出さない」という場面はあります。たとえば秘密の事、あるは、言いはばかられる種類の言葉など。そんな状況に備えて「それは言えないよ」のように伝える言い方を把握しておきましょう。

秘密を共有する場面では「これは秘密にしといてね」「誰にも言わないでね」というような前振りが必要です。

続きを読む

「それは面白いね」と英語で表現する場面別ニュアンス別表現集

英会話が面白いと感じられることはすばらしいことです。愉快な気持ちはぜひ相手にも伝えて共有したいところ。ただ、英語で「面白い」と表現する際には、面白さの種類やニュアンスまで念頭に置いて表現を選ぶ必要があります。

日本語の「面白い」という言葉は、さまざまなニュアンスを含む広範な表現です。《滑稽だ》、《風流だ》、《興味をそそられる》、《思わず熱中してしまう》、《軌道に乗っている》等々、具体的なニュアンスは場面に応じて違います。

日本語で「面白い」という感想が思い浮かんだら、いちど他の日本語表現で言い換えてみると、対応する英語表現も思いつきやすいでしょう。そして、ゆくゆくは直接に英語表現を思いつけるようになりましょう。

続きを読む

「それは残念」と表現する場面別の英語フレーズ

会話の中で「残念」と述べる場合、日本語では一様に「残念」の語を使っていても、そこに込められる意味合いは文脈によって違ってきます。

たとえば、自分は落胆しましたと伝える場合。あるいは、落胆している相手への共感を表明する場合。誘いや提案を断る場合の前置きとしても「残念ですが」のように言います。

日本語の「残念」を英語で表現する場合、シチュエーションに応じて語彙を選び、使いわける必要があります。

みんなの回答:「それは残念」は英語でどう言うの?
続きを読む

英語で「それは面白そうだね」と返す場面の表現集

お誘いをうけた場合の返答では、「おもしろそうだね」のように返す言い方が英語でも一般的です。もし色よい返事が出来ないとしても、ひとまず興味深そうだと伝えることが、円満なコミュニケーションの秘訣です。

ひとくちに「面白い」といっても、物事の内容興味を引かれる部分によって表現が違ってきます。 続きを読む



今年の英単語バナー


WebRTCで無料英会話