【まとめ】英会話の記事一覧

英会話に関連してる記事をまとめたよ!

英語と日本語の挨拶の違いとは?海外では通用しない日本の挨拶と習慣

海外には、日本の習慣とは違う挨拶事情があります。日本で一般的な挨拶方法が、英語で挨拶をするときには通用しないということがよくあります。

英語で挨拶をするときには、欧米など英語圏の習慣に合わせると無難です。しかし、日本語での挨拶に慣れていると、英語で挨拶をする時にどうふるまえばいいか分からず、混乱してしまいがちです。

続きを読む

日本語を使わない英語勉強法【3】「暗記よりも英会話の実践に力を入れる」

347750375

英語を話せるようになることを目的とするならば、暗記をすることよりも英会話を実践し、日本語を介さずにとにかく英語を使うことが大切です。英語の知識は、実際に使うことで記憶に残ります。

英会話では、主語がなかったり、語順が間違っていたりと、文法が正しくなくても通じることがよくあります。会話に使われないような文法を覚えるよりも実際の会話の練習をしたほうが、聞き取れることや言えることは多くなります。そのため、文法よりも英会話の「感覚」を身につけることが大切です。また、難しい単語を覚えなくても、多くのことは基本単語で表現することができます。

続きを読む

もう戸惑わない!入国審査で聞かれる質問と英語での答え方

入国審査(Passport Control)は、海外旅行や留学のときに、どうしても英会話が必要になる場面の1つです。日本から飛行機で移動した後は、各国の入国審査を通過しなければいけません。

何も質問されず、パスポートにスタンプを押してもらうだけで審査を通過できることもありますが、英語で質問されることもあります。海外の入国審査官には日本語が通じないことが多く、英語に慣れていないと戸惑ってしまいがちです。しかし、入国審査が怖くなくなれば、自信をもって英語を話せるようになります。

続きを読む

「go home」「go to home」「go to house」はどれが正しい?

「家に帰る」と英語で言いたいときは、「go home」といいます。よくある間違いとして、「go to home」と言ってしまいがちですが、「to」をつけない方が正しい英語表現です。

また、「home」似たような単語に「house」がありますが、「家に帰る」という意味では「go to house」とは言わず、「go home」といいます。

続きを読む

「How do you find ~?」の2つの意味とは?「find」を使ったややこしい英語表現

「find」は「見つける」「探し出す」などの意味を持つ英単語です。「find」の使い方はさまざまで、「I found you in the library.」(図書館であなたを見つけた)というように「~を見つける」という意味でも使えますし、「I found the book interesting.」(その本を面白いと思った)というように「○○を△△だと見なす」という意味でも使えます。

続きを読む

「What do you think?」と「How do you think?」の違いとは?「what」と「how」の使い分け方

英会話の中で「どう思いますか?」と相手に聞きたいときは、「What do you think?」と問いかければ伝わります。直訳すれば「あなたは何を考えますか?」のようになるでしょうか。

「What do you think?」と混同しがちなフレーズに「How do you think?」があります。「what」と「how」が違うだけですが、1語違いは大違いです。

「What do you think?」と「How do you think?」の違いを理解するためには、まず「what」と「how」の性質を理解しなくてはなりません。両者の違いを理解すればおのずと両表現を使いこなせます。

続きを読む

英語を話すことを恐れなければ、1日で英会話は上達する!

英会話の上達のためには、何よりもまず、英語を恐れずに話すことが大切です。初心者のうちは「相手に何を言われたのか」「どう返せばいいのか」などを考えながら英語を話さなければいけないこともあるでしょう。しかし、実際に英語を繰り返し使うことで、頭でよく考えなくても反射的に英語が口から出てくるようになります。

続きを読む

意外と効果があるかも!? ちょっと変わった英語学習法

英語の勉強方法には、授業で使われるような定番の学習法から、誰も思いつかないような学習法まで、様々なものがあります。英会話のレッスンや参考書に頼らずに、英語力を効果的にアップさせている人もいます。

普段とは違う勉強法を試してみることで、英語学習に飽きることなく、英語に触れる習慣が続くのではないでしょうか。「ちょっと変わった英語学習法」には、以下のような例があります。

続きを読む

英語の聞き取り力を効率的に身につける定番学習法

英語のリスニング力をアップさせるためには、聞き取った英語が実際に何を意味しているのかを理解する訓練が必要です。英語を聞き流し、英語に慣れるだけでなく、聞き取った内容を正確に把握する練習を重ねることで、「聞いて理解する」力を身につけることができます。

英語を聞き、理解する能力を効率的に身につけるための定番学習法としては、【1】シャドーイング、【2】ディクテーション、の2つがあります。

続きを読む

英語の「ん」の発音は「m」「n」「ng」と3種類ある

英語の「ん」の発音は、日本語にも英語にも数多く存在します。「ん」の発音を意識して使い分けられれば、英会話のスキルは発話も聞き取りもぐんと伸びます。

例えば日本語において、「おんぷ」と言う時と、「あんず」と言う時では、「ん」の響き方が異なります。「おんぷ」の「ん」は、舌が歯茎に接触せず、両唇が閉じた状態で発音されるのに対し、「あんず」の「ん」は、舌が歯茎の裏に接触した状態で発音されます。

続きを読む

日々の英語学習に役立つ「IPAチャート」で発音をマスターする方法

「IPA」(International Phonetic Alphabet)は、「国際音声記号」(あるいは国際発音記号)と呼ばれる世界共通の記号です。音声記号を使うと、様々な言語の発音を文字で表すことができます。英単語の発音も、IPAを用いて表すことができます。IPAを学習することで、辞書に発音記号が載っている英単語を正確に発音することができるようになり、英会話力が格段に上達します。

続きを読む

英語を話す力をつけるための無料オンライン教材5選

英語のスピーキング力は、独学でも向上させることが可能です。インターネットを活用し、無料の英語学習者向けウェブサイトを利用することで、レッスンの手間や料金を気にすることなく英語を話す練習ができます。

スピーキング力の向上に役立つ無料教材を提供しているウェブサイトは多く存在します。英語学習初心者向けから上級者向けまで、話す練習に効果的なサイトを厳選すると、以下のようなウェブサイトが挙げられます。

続きを読む




WebRTCで無料英会話