英語の「正しい発音」を身につける極意【4】母音の種類と豆知識

母音の発音は、発音における最重要といえる要素のひとつです。母音がうまく発音できれば、英語もかなり「それらしく」聞こえます。

母音とは、特に英語の発音における母音とは。改めて認識を新たにしましょう。

英語の「正しい発音」を身につける矯正方法の極意【もくじ】

母音とは

母音とは何か? 普通の説明なら「日本語のアイウエオの仲間」と言って済ませてもよいのですが、ここでは次のように説明したいと思います。

【母音とは】
母音とは、口の中の形を縦長や横長に変えて、空気の流れの形を変えて音の周波数を無理なく変える発音です。

母音は空気の流れを妨げません。逆に子音は空気の流れを妨げることで特徴的な音を出します。

たとえば「うす」を読み上げる場合、はじめの「う」の語は母音であり、唇を狭めはしますが呼気を妨げてはいません。次の「す」を発音する際には、舌先は舌の歯の付け根につけ、舌の前の方を少し上の歯の歯茎に近づけて狭くし、そのまま上下の歯の間に空気を通して、摩擦音を出しています。これが結果として[s]という子音を生んでいるわけです。

英語の「ア」系の発音

英語には、日本語でいえば「ア」に相当する母音の仲間が 4~6種類あります。[æ] [a] [ɑ] [ʌ] [ǝ] [ɔ] です。

「ア」系統の発音は [æ] [a] [ɑ] [ʌ] の4種なのですが、[ǝ] はアイウエオのどの音にも直接対応しない中間的な音で、時に「ア」に近い音に聞こえることがあります。[ɔ] も発音がままならないうちは「ア」の音で代用されることがあります。

日本人はこれらの音を一律「ア」で代用してしまいがちです。英語の聞き取りの場面ではまだしも、自分が発音する場面では、少しくらいは使い分けられないと相手に聞き取ってもらえません。

402099025

英語の「イ」系の発音

日本語の「イ」に相当する英語の母音は2種類に分けられます。[i:] と [i] です。

[i:] は長母音、 [i] は短母音の発音です。

長母音の [i:] は日本語の「イ」に近く、ほぼ「イ」の音で代用できます。短母音の [i] は現実には「イ」とはだいぶ異なり、日本人には「エ」に近く聞こえることもよくあります。

英語の「ウ」系の発音

「ウ」に相当する発音も、長母音の [u:] と短母音の [u] の2種類に分けられます。

[u] は「ウ」と「オ」の中間的な音です。

カタカナ英語だと、book は「ブック」、cook は「クック」と読んでしまいます。しかし正しい book の発音は [buk] であり、促音(のどをいったん閉じて出す小さい「ッ」の音)が入らりません。そしてウとオの中間的な音になっています。

[u:] と [u] を区別して発音できるようになると、一気にカタカナ英語から脱却して本物の英語らしい発音に近づきます。

英語の「エ」系の発音

日本語の「エ」に対応する英語の母音も、[ɛ] と [e] の2種類あります。

[ɛ] と [e] の口の開け方は、 [ɛ] よりも [e] の方が小さめです。

[ɛ] と [e] は、最初の段階では厳密に分けなくても大丈夫でしょう。上級者を目指すなら意識して区別しましょう。[ɛ] を 「[æ] と [e] の中間」として発音すると区別しやすくなります。

[ɛ] は egg のように単体の母音として使われることが多く、[e] は eight の [ei] のような二重母音に多く使われています。

英語の「オ」系の発音

「オ」に対応する英語の発音は2~3種類の区分できます。[o] [ɔ] そして [ɑ] も当てはまります。

[o] の発音は old や cold などに使われています。これは日本語の「オ」に近い音です。 [ɔ] は英語をカタカナ表記すると「オ」になり、実際の発音は単語によっては「ア」に近くなる、要注意の発音です。[ɑ] も単語によって「オ」に近かったり「ア」に近かったりする発音です。

カタカナ英語として日本語に定着している単語ほど、正しい英語の発音に違和感を持ちやすく、身に付けにくい部分もあります。カタカナ英語と実際の英語は全く別の言葉と思って学習に取り組むくらいの心構えがあってもよいでしょう。


英語の「正しい発音」方法の身に付けかた・矯正方法・練習方法【もくじ】

  1. 発音とは何か?
  2. 日本語の音の数
  3. 発音練習の意外な注意点
  4. 通じる英語の効果的な学習法
  5. 母音の種類と豆知識

ICLP® 一般社団法人 国際発音検定協会
代表理事 奥村 真知





WebRTCで無料英会話