【英語】今ハマっていることについて話そう。「~に夢中」を表す英語表現

cold-999972_640

日常会話では、趣味やハマっていることについて話す機会がよくあります。好きなことについて話すのはそれ自体が楽しく、伝達への意欲も表現を選ぶ努力も捗るものです。

英会話でよく使われる「~に夢中」という表現を覚えておくと、会話もきっと盛り上がります。
続きを読む

【英語スラング】「YOLO」は「今を生きる」ためのキーワード

guy-830864_640

アメリカ英語のスラングに「YOLO」という言葉があります。1980年代に登場した言葉のようですが、2010年代に米国で流行し、2014年までには辞書にも掲載されるほど社会に定着した言葉となりました。

たった4文字ですが、ここには現代人の心にしみるメッセージが込められています。
続きを読む

【英語】相手の心に急接近する「相づち」の極意

girls-984154_640

理想的なコミュニケーションは、ただ意思の疎通をはかるだけでなく、会話を通じて共感や相互理解をはぐくむことも重要です。会話中では特に「あいづち」が重要な役割を果たします。あいづちは共感や理解を示し、また話を流れやすくする潤滑油の役割を果たします。

あいづちにもさまざまなパターンがあり、言い方次第で会話がチグハグな感じになったり、あるいは一気にネイティブっぽさが演出できたりします。話に合わせて最適なあいづちを打つことができれば、相手も話しやすくなり、互いの心理的距離感は一気に接近するでしょう。
続きを読む

【場面別】「調子に乗るな」と言いたいときの英語フレーズ・3場面

frog-881655_640 (1)

相手が「調子に乗っている」状態で不安やいらだちを感じる場合、それを指摘してあげるのも優しさです。日本語ではたいていの場面で「調子に乗るなよ」の一言が使えます。英語でも、簡素に伝える言い方がありますが、具体的なシチュエーションによって表現を選ぶ必要があります。

気が大きくなっている人、はめを外している人、自惚れ気味の人。あまり度が過ぎると感じたら軽くいさめてあげましょう。

 

続きを読む

【英語】もっとカッコイイ「Yes!」「OK!」の言い方

person-802095_640

同意や了解を示す意味で Yes や OK といった表現がよく使われますが、よりこなれた通っぽい言い方に「fa sho」「fo sho」といった言い回しがあります。

「fa sho」「fo sho」はアメリカのスラング・若者言葉で、「for sure」を崩した言い方です。for sure の原義である「もちろん」「当たり前だ」といった意味に加え、「yes」「OK」のような肯定的な返事をする場合の言い方としてもよく用いられます。

続きを読む

【英語】緑(green)のイメージは英語では割とネガティブ

girl-922621_640

色にはそれぞれイメージがあり、英語イディオムでも色を表す単語はよく使われます。「green」(緑色)は日本語の感覚では穏やか、平和的、健康的といった明るいイメージが主ですが、英語では必ずしもポジティブなイメージばかりとは限りません。むしろ暗いニュアンスが多めです。

妬み嫉み、顔色の悪さ、あるいは青野菜=青二才。いずれも、あまり芳しくないニュアンスです。色で物事を例える際には要注意です。
続きを読む

英単語「gotcha」はオシャレでカッコいいネイティブっぽい

model-395574_640

gotcha」は日常英会話で用いられる口語的表現で、「I got you」を略した言い方です。意味は I got you と同様、つまり「わかった」「捕まえた」といっ意味で使われます。

gotcha は言いやすく、カジュアルで、こなれた言い回し。英語上級者を目指すなら、ぜひ使いこなせるようになりたい表現の一つといえます。 続きを読む

もっと先のページを見る:102030405060
WebRTCで無料英会話