英会話上級者っぽく「間を埋める」英語の相づち表現

shutterstock_321543995
会話中に挟まれる「相づち」は、コミュニケーションを円滑にする意味で重要な要素です。特に何気ない日常会話は、話し手と聞き手の双方で話題を進めていくものですから、相づちによって反応を示すことは欠かせない要素といえます。

適切なタイミングで適切な相づちが打てると、会話も弾みますし、英語をよく心得ている人だねという印象を持ってもらえます。多少は学習優先度を上げてみてもよいかもしれません。

続きを読む

default(デフォルト)の本来の意味と使い方

wallstreet

デフォルトdefault)という言葉は、「標準」「基本」といった意味合いで、昨今では日本語の中でも普通に用いられつつある語といえます。たとえば「あいつは遅刻がデフォ」とか「朝食はトーストに目玉焼きがデフォルト」のように。

デフォルトは英語から日本語化した、いわゆるカタカナ語ですが、英語本来のニュアンスはちょっと違います。英語の default の第一義は「不履行」ないし「怠慢」。日本語の使われ方とは大分かけはなれた意味です。

第二の意味として「コンピュータの初期設定」という意味があり、これが「標準」という意味合いへと変化したようです。ネット界隈から一般化した用語をたどるようで興味深い語彙ですが、それは措いといて、まずは本来的な英語の用法をおさらいしましょう。 続きを読む

英語で言い分けるカバン(鞄)の種類、ビニ袋、手提げ、ハンドバッグ

英語で「カバン」(鞄)を何といいますか、と問われたなら、まずは bag が思い浮かぶでしょう。日本語の「カバン」に該当する道具の大半が英語で bag と表現できます。ちなみに、 bag は印欧祖語で「荷を積む(load)」という意味の単語を語源としています。

しかしながらカバンにも色々種類があり、用途や形や素材などによってその名称も変わってきます。カバンはカバンでも、「スーツケース」や「リュックサック」といった細かい区分を指す場合には、表現を使い分けてやる必要があります。

続きを読む

「many」や「much」は日常英語では疑問文・否定文で用いる

hands-565603_640

複数を表現する形容詞に manymuch がありますが、この2つは日常英語では疑問文否定文で用いられる傾向があります。

また、many は可算名詞を形容し、much は不可算名詞を形容する、という使い分け方があります。

例外的な扱いも多数あり、はじめはどうしても混乱してしまいますが、知識をモノにできると英作文の語彙選びがグッと楽になります。

続きを読む

お誘いを「受ける」場合と「断る」場合の英語フレーズ

man-438083_640

パーティーや食事に誘われた際は、誘いを受けるか、お断りするか、どちらにしても、相手に対して丁寧な対応が必要です。

諾否はただ Yes と No でも伝えることはできますが、それではどうしてもぶっきらぼうな言い方になってしまいます。「ありがとう」の感謝の一言、あるいは「ごめんね」のお詫びの一言を国地にするだけでも、相手の心証は格段に違います。

そして可能なら最大限に感謝やお詫びの気持ちを伝えましょう。

続きを読む

「手に入る」を意味する3つの英単語

bag-15841_640

「手に入る」「入手可能」といった意味をもつ英単語は主に3つ挙げられます。日本語訳ではなかなか区別がつけにくい(訳者にとっては楽な)ところですが、英語ではそれぞれ微妙に意味の違いがあります。そして英語で「入手できる」と表現したい場合には、文脈に応じて使い分ける必要があります。 続きを読む

スカイプで無料英会話