「腰が痛い」「背中が痛い」は英語でどう言う?

718786387

「腰の痛み」と「背中の痛み」は、英語ではどちらも backache と表現します。つまり腰も背中の一部、というより、背中から腰にかけての背後全体が back に含まれるわけです。

英語で「背中が-痛い」と叙述する言い方としては、I have a backache.  が定番です。つまり「私は痛みを抱えている」という切り口で表現します。

「腰が痛い」も「背中が痛い」も英語では I have a backache. になる

「(体の部分)が痛い」という叙述を英語で表現する場合、基本的には、I have a ~-ache. というような記述で表現されます。

もちろん他の言い方もできますが、定番の表現というと I have ~ が第一に挙げられます。

-ache は「-の痛み」という意味を加える接尾辞としてよく用いられます。たとえば headache は「頭痛」、stomachache は「胃痛」というか「腹痛」。

「背中」も「腰」も英語では back に含まれる

身体の部位の呼び名の区分の大部分は、英語も日本語も共通といえますが、背中と腰の扱いに関しては、日本語と英語では考え方の違いが見られます。

英語では背面全体、肩からヒップまで、背骨が通っている範囲をまとめて back と呼びます。

日本語の「腰」は back と hip に部分的に重なる

ヒップ(hip)はヒップで日本語の「腰」に該当しうる語といえますが、hip は脚の付け根に位置する、胴が(横に)張り出している部分を指す語です。「腰を振る」といって振る腰は hip に該当する部分ですが、「ぎっくり腰」で痛める部分は hip ではなく back です。

「お尻がいたい」は英語でどう言う?

ちなみに「ぎっくり腰」は英語では strained back と呼ばれます。

My back hurts. と表現する手もある

日本語の「腰が痛い」「背中が痛い」という表現の文章構成そのまま、あくまでも「腰」「背中」を主語に置いて「腰が痛えよ」と述べる言い方も当然あります。

「痛む」と表現する動詞の代表格は hurt でしょう。My back hurts. といえば「腰が痛む」「背中が痛む」という趣旨が表現できます。

hurt の他に pain なども「痛む」という意味の動詞として使えます。

hurt はどちらかといえば目下の(一時的な)痛みのニュアンス

My back hurts. のような形で「痛む」と述べる言い方は、どちらかといえば、《今まさに痛みを感じている》というニュアンスを伴って用いられます。

他方、I have a backache. のように have を使って述べる言い方は、《痛みを抱えている》というニュアンスで、どちらかといえば慢性的な痛みを指して用いられやすい表現といえます。

転んで膝を擦りむいたり、尻にタイキックを受けたり、そうした一時的な痛みは「体の部位」を主語に置いて hurt(s) で表現した方が適切でしょう。

慢性的な腰痛、虫歯、ストレス性の胃痛、といった「抱え込んでいる」タイプの痛みは、I have ~ の形で表現した方が適切です。

「痛む」動詞は痛み方に応じて使い分けられる

英語で「痛む」と表現できる動詞には、「どのように痛むか」という痛み方の状況に応じて使い分けられる種類があります。

英語には、日本語のように副詞的に修飾するオノマトペはそう多くありませんが、オノマトペ的な響きやニュアンスで使い分けられる動詞は非常に種類豊富です。

たとえば、心臓が脈打つたびにズキンズキンと激しい痛みを感じるような痛みは throb と表現できます。

英語は擬音表現を動詞に転じて用いる

痛みの表現としては「刺す」「握る」といった動作によって痛み方を喩える表現も使えます。

たとえば、何かで突かれた・刺されたような《鋭い痛み》は、prick や sting などの動詞が対応します。pick は針でチクッと刺されたような感覚、sting はぶっとい得物でズブリと刺されたような感覚を表現できます。

英単語力をつけるためのオススメツール「Weblioプレミアムサービス」

知らない英単語や言い回しが見つかったとき、そのままにしていては、いつまでたっても、英語力は伸びません。英語力を着実に伸ばしている人は、苦手を把握し、繰り返し復習しています。復習がなかなか習慣づかないなら、ツールに頼るのも一つの手です。「Weblioプレミアムサービス」は、苦手単語を整理できたり、英単語力を診断できたりなど、英単語学習をサポートする機能がついています。




WebRTCで無料英会話