海外紙の英語のニュースを読んで英語力+α の学習のススメ

英語のニュースを読む取り組みは、リーディング(英文読解)を中心とするインプット方面の英語学習方法としてかなりオススメできる方法です。学習方法としても手軽で、得られる知識や知見も多く、いくつものメリットが挙げられます。

まずはウェブ上で手軽にお試し。慣れてきたら英字新聞・洋雑誌の購読を検討してみてもよいでしょう。

今のご時世、教科書・ドリルに頼るだけが勉強ではありません。英語圏のネイティブスピーカーと同じやり方で英語を駆使して、実践的に英語を学んでみてはいかがでしょうか。

【イチから見直す英語学習法シリーズ】
【学習法】英語の「独学」の基本的な考え方と取り組み方
【英文読解】「和訳せずに読む」方法を身につけるための和訳のコツ
【聞き取り】「耳の英語化」革命で英語リスニングをマスターしよう
【英文法】英語の「助動詞」を本当に理解する学習のコツ
【英作文】英作文能力を日常生活で身に着ける「英語日記」のススメ
【英会話】「英語が分からない」初心者が覚えるべき対応法とフレーズ
【語彙力】英単語の効果的な暗記にオススメ「イメージ記憶法」と「発音記憶法」
【心構え】翻訳者が教える!短期留学でも劇的に英語力を伸ばす方法

325454240

英語ニュースを読む学習法のメリット

英語のニュースを読むという取り組みのイイ点は、ざっと挙げられるだけでも5~6要素は軽く挙がります。

  • インターネットを使えば超お手軽に始められる方法です。
  • 基本的にひとりで行える、独学に適した方法です。
  • 文字・音声・動画とマルチメディア化された方法です。
  • 古びていない「当世の英語」に接しやすい方法です。
  • 口汚い英語表現を避けて適切な表現を学べる方法です。
  • 語学知識に加えて文化的教養も得やすい方法です。

実践的な英語の表現を実践的に学べる

英語のニュースは、基本的には、海外の(主に英語圏の)報道機関が英語話者を主な対象として発信している報道です。扱われる情報は、今まさに世界で起こっている、そして多くの人に注目されている出来事・事件・情勢です。

それは即ち、世界の人々が日常で話題にするトピックであることも意味します。英語ニュースの中でどんな単語が使われているのか、どんな表現のされ方をしているのか、意識して触れることで頻出する単語や表現のパターンのようなものが見えてきます。

一見敬遠されがちな政治や経済などの話題でも、一度頻出する単語を覚えてしまうと案外敷居が低くなります。ニュースの中で繰り返し出てくる単語に注目して学び、習得することで、外国人とも世界で話題になっている旬なトピックスについてコミュニケーションをとることができるようになります。

日本では扱われないような世界の情報を仕入れることができる

英語に触れながら常に世界の新しい情報を得ることができるのは、英語ニュースに接するメリットのひとつです。特に、日本では扱われないような世界の話題にもキャッチアップできるので、自身の知見も広げることができます。

また英語ニュースに長期間触れ続けることで、世界ではどんなことに注目が集まるのか、日本で話題になるニュースとどんなギャップがあるのかなどの「視点の違い」も少しずつ発見することができ、楽しみのひとつと言えます。

扱われている情報には正確性がある

ニュースとして各報道機関が扱っている情報には、正確性があることもメリットのひとつです。きちんとした取材や調査データなどを元にニュースが展開されることが多いので、正しい知識をインプットすることができます。情報ソースをさらに深堀りしたくなるようなトピックスに出会えたり、自分が好きなジャンルのニュースが見つかるかもしれません。

そうなるとさらに英語ニュースに触れることが楽しみなり、英語力の向上と自身の知見を深めることの両方を同時に進めていくことができます。

国際人としての教養を得られる

例え全ての英語ニュースを理解できなかったとしても、映像を見たり、サイトを眺めたり、新聞の一面を開いて見るだけでも、今世界でどんな事件が起きているのか、どんな話題が注目されているのかを把握することができます。また、報道されているニュースを理解していく上でグローバルな視点を身につけることができる点もメリットの一つと言えるでしょう。

例えば日本で話題になっているニュースが海外のニュースサイトでも紹介されていた場合、日本の報道のされ方と海外での報道のされ方が異なるという場合もあります。それは日本が世界からどのように見られているのかを知る良い機会となるのと同時に、世界の視点でモノゴトを見つめる国際人的な感覚も身につけていくことができます。


英語ニュースを使った学習方法

無料または有料のオンラインニュースを活用

サイトにアクセスすればすぐに英語ニュースに触れることができるオンラインニュースは、多くの人にとって挑戦しやすい学習方法と言えます。オンラインニュースでの英語学習では、特に「リーディング力」を鍛えることができます。

サイトによって長文ニュースが多い、コラム的なニュースが得意、日本語訳が付いているなどそれぞれ特徴があるので、自分のレベルに応じて、とっつきやすく興味を持って読み進めていけるサイトから開始するのがおすすめです。

またオンライン上では毎日大量のニュースが更新されていくので、いつアクセスしても新鮮な情報を目にすることができる点も魅力です。

ポッドキャスティングを活用

英語学習にポッドキャスティングを利用している方も多いと思いますが、ニュース番組で耳を英語化するというのもひとつの手です。耳からの情報だけを頼りにニュース理解をする必要があるので少し難易度は上がりますが、「リスニング力」の向上を期待できることはもちろん、経済や政治などの普段の生活ではあまり聞くことのない難しい単語に耳を慣らすことにも有効です。

またそれらの難しい単語の発音を耳にきちんと覚えさせることができるのも、ポッドキャスティングを活用しての英語学習のメリットといえるでしょう。

さらには、多くの英語のラジオ番組と異なり、ポッドキャスティングは何度も繰り返しニュースを聞くことができるという点でもおすすめです。一度では聞き取れなかった単語や表現は何度も聞き直し、しっかり自分の言葉として使えるようになるまで続けることができます。
※デバイスの設定によっては聞き終えた後に番組が自動で削除されてしまう場合もあるので、何度も聞き返したい番組は保存しておきましょう。

英字新聞の購読

オンラインニュースと同様、リーディング力を鍛えることができる英字新聞ですが、オンラインニュースとの違いは一気に色んな記事を多読でき、「速読力」が鍛えられる点が魅力です。例えば新聞には天気予報欄やテレビ番組欄、読者の声を紹介するコーナーがあったり、記者独自の視点で書かれたコラム的な記事、求人広告や企業広告など、多様な情報が一面に掲載されています。

オンラインニュースの場合1度に読める記事は1記事と決まっていますが、新聞であれば同時に複数の記事をナナメ読みすることも可能です。見出しから瞬時に記事の中身を想像する力がついてくるので、読むスピード・読解力に関しては他の学習法と比較して格段にアップすると言えるでしょう。

ニュース動画の視聴

ニュース動画の視聴はまだ自身の英語力に自身がない方におすすめです。映像とともに展開されていくので、どんな話題なのかを理解するのに時間はかからないでしょう。

また番組によっては字幕付きで視聴できる場合もあるので、日本語字幕→英語字幕→字幕なしなど段階に分けて視聴することで、英語学習を深めることができます。

他の学習法に比べて比較的内容を理解するのが容易な分、視聴した内容を要約して書き起こし、「ライティング力」の向上に挑戦してみても良いかもしれません。キャスターがどんなことを言っていたのか、聞いた内容を3行の英文でまとめてみましょう。まだそのニュースを聴いていない人に向けての要約文を作成することで、ライティング力に加えて英語での情報整理の練習にもなります。3行という長さなら継続もしやすく、語彙やライティングの強化にもうってつけです。

洋雑誌の購買

新聞よりももう少し専門的な内容や深堀りされた情報を手にしたい場合には、洋雑誌の購買がおすすめです。また英語力に関しても、英語を理解するためのサポート情報がほとんどない洋雑誌を読めるようになれば十分なレベルにまで達していると言えるでしょう。最近では日本で購入することができる洋雑誌も増えているので、まずは手にとって中身を確認してみることから始めてもいいかもしれません。

より専門的なニュースを多く取り扱っている雑誌を選べば、情報量、文章のどちらにおいても満足のいく内容の記事を読むことができます。また自分が好きなテーマやジャンルの記事を得意とする雑誌に出会うことができれば、その分野においての英語力は格段にアップするでしょう。そうなれば、自分の好きなテーマに関して他者と英語でコミュニケーションを楽しむことができるようになれます。


ニュースで英語学習の注意点

続いては、英語ニュースに触れる際に頭に入れておいていただきたいポイントを紹介します。

レベルに合わせて媒体を選び、合わない場合は乗り換えてもOK

いきなり自分のレベルより高い媒体を選ぶと、学習を継続する意欲がどんどん低下していき、最終的には英語学習から遠ざかってしまうという事態を引き起こしかねません。そんな残念な結果を防ぐためにも、まずは読んでいて楽しめる、あるいは大体の理解ができる媒体から取り掛かりましょう。

最初のうちはいくつかの媒体を同時に試してみて、自分に合う媒体を探してみてもいいかもしれません。興味を抱けない媒体での学習を無理に継続するのではなく、数回試してみて違和感を感じた場合にはすぐ他の媒体に乗り換えってしまった方が、最終的には効果が見込めると言えるでしょう。

必ずしも精読する必要はなし、継続することが重要

英語ニュースに触れていると、始めのうちは意味がわからない単語も多くでてくるかもしれません。その場合、必ずしも全ての単語の意味を理解する必要はありません。英語ニュースを使った学習法においては、読んでいるあるいは見ているニュースで展開されている内容をある程度理解できるレベルで大丈夫です。

その中で何度も目にする単語や耳にする単語の意味が分からない場合に、その意味を調べてみてもいいかもしれません。

英語学習において重要なのは、継続することです。続けていくことで、少しずつ理解できる量や記事の種類が増えていきます。継続することでリーディング力や語彙力、リスニング力などの英語力もアップしていくので、まずは読むこと・見ることを楽しめる媒体を選びましょう。

辞書を片手に読むメリットと不明部分は読み飛ばすメリット

一方で、辞書を片手に単語をひとつひとつ読むという方法にもメリットはあります。始めのうちはかなりの時間を要することになると思いますが、コツコツと続けることで、あるタイミングから飛躍的に英語力が伸び、あらゆるニュースを理解できるようになります。ただし、そこまで到達するには地道な努力が必要。自身の英語力への忍耐が必要とされますが、語彙力を着実に増やしていけるという点では、続ける価値がある学習法と言えます。

不明な部分は飛ばしながら読む方法のメリットとして、先述したようにリーディング力やリスニング力アップの強化があげられますが、その他に様々なニュースに触れる機会が多いこともあげられます。毎日膨大に流れてくる国際的なニュースを広く浅く知ることは自身の知見も広がりますし、今まで自分でも知らなかった興味のあるテーマについて発見することができるかもしれません。

英語学習に活用できる主なニュースソース

それでは最後に、英語ニュースを活用した学習におすすめのニュースソースを紹介します。

【オンラインニュース】

■News in Level(http://www.newsinlevels.com/)初級〜中級レベル

英語学習者向けに簡単な英語ニュースを配信しているウェブサイトです。英語の難しさは3段階もレベル分けされており、同じ内容の記事を難度別に読むことができます。各レベルの記事を読み比べることで、自分の英語レベルも分かります。易しいニュースで内容を把握すれば難しい英文ニュースも内容が理解しやすくなります。

各記事の各難度それぞれに音声教材がついており、リーディングとリスニングの両要素の強化に利用できます。

■Breaking News English(http://www.breakingnewsenglish.com/)初級〜中級レベル

「レベル0」から「レベル7」まで細かい難易度設定が用意されており、柔軟に英語の難しさを調整できます。レベルによって文字数や単語の難易度が大分違ってきます。

Breaking News English も英語学習を旨とするウェブサイトであり、各記事に関連するライティング、正誤判定、穴埋め、並べ替えといった復習問題が用意されています。ロールプレイやディスカッションのような複数人で取り組める教材もついており、さまざまな使い方ができます。

【英字新聞】

■Japan Times ST 初級レベル

初めて英字新聞を読み始めるという方におすすめなのが「Japan Times ST」。記事には日本語の対訳や注釈がついているので、辞書で単語の意味を調べる手間が要らずどんどん読み進めていくことができます。始めのうちは、この新聞を読むことで語彙力を増やしていく方法もおすすめです。

全体のおよそ半分が英語学習向けに構成されているので、日常英語からTOEIC対策など、より実践的な英語力の向上を見込めるという点でも重宝する新聞です。

■The Japan Times On Sunday 中級レベル

英字新聞でニュースを読むことに慣れてきたという人や、自身の英語力に多少の自身があるという方におすすめなのが「The Japan Times On Sunday
です。日本語の補助がほとんどついていないので、先に紹介した「Japan Times ST」と比較すると読解の難易度があがります。また、ひとつひとつの記事のボリュームも大きくなります。

最初は辞書を引きながらでないと理解できない記事も多いかもしれませんが、週刊新聞なので「1週間かけてじっくり読む」ことをまずは目標にとりかかれば読み込むのにそう負担はかからないかもしれません。

■The Japan Times 上級レベル

日本在住、あるいは日本のことを知りたい外国人向けの日刊英字新聞で、扱われている内容は私たちが普段見ている日本のニュースと同様に時事ネタやビジネスニュースが中心となります。外国人向けの新聞だけに日本語訳は一切なく、使用されている語彙の難易度も高くなっているので、上級者が学習するツールとしてはおすすめです。

日刊で発行されているので、毎日大量の記事を読むこともできます。まるまる一つの新聞を毎日速読できるレベルになれば、リーディングにおいてはネイティブレベルの英語力に到達したとも言えるかもしれません。

また、日本が世界にどのように報道されているかを知ることができるので、「世界から見た日本」という新たな視点も得ることができるという点でも楽しむことができます。

【洋雑誌】

■ENGLISH JOURNAL 初級レベル

英語雑誌初心者におすすめなのが「ENGLISH JOURNAL」。各界で著名な有名人や専門家のインタビューや日常に役立つトピックスなどが多く扱われており、楽しく英語学習を進めていくことができます。

すべての英文には対訳と語注がついているので、分からない単語がでてきても訳を見ながら理解を深めることが可能。またインタビュー音声やニュースの音源が収録されたCDが付属でついており、リスニング力を高める学習としても活用できます。

■Newsweek 中級レベル

ニューヨーク発の週刊雑誌で、全体のページ数もそこまで多くなく、読むことを楽しめるのが「Newsweek」です。英語訳はついていませんが、取り扱われている記事のジャンルが幅広く、政治、経済ネタ以外にもアート、ファッション、スポーツや芸能関係などバラエティに富んでいます。また写真が多いのも特徴で、視覚的にも楽しみながら英語学習を進めていくことができます。

■The Economist 上級レベル

イギリス発の週刊政治経済誌で、イギリスやアメリカの知識層にも愛読される媒体が「The Economist」です。ひとつひとつの記事が長く、使用されている単語も専門的で難易度が高くなっています。世界に通じるビジネス英語を学びたいという方にとっては、その英語力を鍛える良いツールとなるでしょう。

また、世界のトップで活躍している層からも支持されているというだけあって、扱われているニュースの質も高く、グローバルな視点を学ぶ教材としても最適です。その分高度な英語力が必要となりますが、上級者にとってはおすすめの媒体といえます。

【ポッドキャスト】

■Voice of America Learning English 初級レベル

アメリカの国営ニュースサイトVOAが配信している番組で、英語学習者向けに番組が構成されています。使用されている表現は易しく、英語はゆっくり読み上げられるので、初心者にとって聞き取りやすい内容となっています。

扱われているトピックスも豊富で、世界のニュース、科学ドキュメンタリー、アメリカの歴史、文化や生活、アメリカ英語のイディオムシリーズなど、毎日でも飽きることなく聞き続けることができます。1番組あたり30分となっているので、通勤通学中に聞くには丁度良いボリュームとなっています。

■NHK WORLD RADIO JAPAN 中級レベル

日本のNHKが配信している番組で、日本のニュースを英語で聞くことができます。英語のスピードは少し早くなりますが、英語を聞き慣れている方なら無理なくついていけるレベルと言えます。
1番組あたりの時間も15分程度と短く設定されているので、集中して聞くのに向いています。

また、分からない単語が出てきたとしても、日本のニュースをチェックしていれば大体の内容が把握できる点でもおすすめです。話者は日本人なので、難しいニュースでも聞き取りやすい点もおすすめです。

■BBC GLOBAL NEWS 上級レベル

イギリスの公共放送局が配信している番組で、文字通り生の英語でニュースに触れることができます。世界中の旬なニュースを取り上げており、その話題の豊富さも魅力です。アメリカ発の類似ニュースサイトとしてCNNも有名ですが、BCCは CNNと比較してより世界的な話題を取り上げていることが多く、より幅広いジャンルのニュースを知りたいという方におすすめです。

CNNは比較的アメリカに関する話題が多いので、アメリカのニュースを詳しく知りたいという方はCNNの視聴でも楽しめるかと思います。

BCCは平日は1日2回、週末は1日に1回更新されており、1回あたりの長さは30分程度となっています。また、イギリスのニュース番組なので、ブリティッシュ・アクセントの勉強にもなります。

今回紹介したポッドキャスト番組は映像ニュースでの視聴も可

上記で紹介したポッドキャスト「Voice of America Learning English (VOA)」、「NHK WORLD RADIO JAPAN」、「BBC GLOBAL NEWS」、「CNN
はそれぞれのサイトで映像ニュースの視聴も可能です。音声だけの情報よりも理解しやすいので、映像ニュースの視聴も並行して行うと英語ニュースへも馴染みやすくなっておすすめです。

VOA: http://www.voanews.com/
NHK: http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/
BBC: http://www.bbc.com/news/video_and_audio/international
CNN: http://edition.cnn.com/videos

英語ニュースに触れて、英語力とグローバルな視点を手に入れよう

一旦英語ニュースに触れる習慣が定着すれば、その習慣が様々な方面から英語脳を開発していってくれます。どのレベルの英語学習者も、まずは習慣付けからスタートし、英語ニュースで最大限自分の実力を伸ばしましょう。





WebRTCで無料英会話