Tag Archives: 英語の基礎単語

英語で「見る」を表現する look と watch と see の違いと使い分け方

英語では「見る」という視覚的動作を表現する動詞が複数あります。基礎的な単語だけでも lookwatchsee  などが挙げられます。日本語に訳すと全部「見る」になってしまって違いが不分明になりがちです。

look も watch も、see も、幅広い文脈で多用される重要な語彙です。まずは、それぞれの語の根底にあるニュアンスのイメージを把握しましょう。そうすれば、動詞の使い方・使い分け方、関連イディオムの意味合いなんかもよく理解できるようになります。

続きを読む

英語で「忘れる」「忘れた」と表現する状況別うまい言い方

英語で「忘れる」「忘れた」と表現する場合、たいていは動詞 forget を使って無難に表現できます。ただし「~に置き忘れて来た」という場合は leave の方が適切です。

forget は、いざ文章中で使うとなると細かい疑問がいくつも生じるタイプの言葉です。「し忘れた」という場合に forget to do と言うべきか forget doing と言うべきか、あるいは、時制は現在形でよいのか過去形にするべきか等々。改めておさらいしましょう。

続きを読む

英語の形容詞「bad」の意味・用法・意外な用法おさらい

331882451

英語の bad は「悪い」「好ましくない」というネガティブな見方を示す基礎的な語彙です。非常に汎用的に使えて便利な表現ですが、汎用的すぎて逆に使いこなしにくい側面もあります。あらためて使い所をおさらいしましょう。

スラング的な用法では、bad は「良い」「すっごくイイ」といったポジティブな表現として用いられることもあります。言葉の意味でネガポジ反転する用法まで把握できると、日本語で「ヤバい」と言うような上級者の感が演出できそうです。

続きを読む

英語の「コアイメージ」の考え方をつかむコツ【CIFLE動画講義】

568193524

英語の動詞や前置詞は、単に和訳して覚えるだけでは十分とはいえません。英単語の根本の部分にある抽象的なイメージ(コアイメージ)を理解しましょう。

英語のコアイメージ理論を携えて日本の英語教育に一石を投じる英語学習ウェブサイト「PEN英語教師塾」(pen-edu.jp)にご協力いただき、動画レッスン「基本語力とコア理論」をご覧に入れます。概要をざっくりテキスト化したので、併せてどうぞ。

続きを読む

英語の助動詞「shall」の意味・用法・用例おさらい

英語の助動詞 shall は、《意志》、《命令》、あるいは《予言》のような意味で用いられます。あらためて用法と用例をおさらいしましょう。

shall は比較的、古風な語です。英文学の古典ではよく遭遇します。現在の英語表現としては(特にアメリカ英語では)使用頻度はそう多くありませんが、shall の意味をちゃんと理解しておくと頻出語彙である助動詞 should の理解に役立ちます。

続きを読む

英語で「多い」を表現する many、much、a lot of、lots of の違いと使い分け方

英語で「たくさんの」「多くの」と言う際、多く使われるのがmanya lot ofです。どちらも数や量が多い様を意味する形容詞と形容詞句であり、基本的にはどちらも同じように使うことができますが、実はいくつか違いがあり、文の形や修飾するものに応じてどちらを使うかが決まってきます。

一番よく知られている違いとしては、manyが可算名詞=数えられる名詞(形のはっきりしたもの)のみに使えるのに対してa lot ofは可算名詞と不可算名詞=数えられない名詞(形のはっきりしないもの、無形物など)両方に使えることでしょう。またmanyは不可算名詞の場合muchと、a lot of は状況に応じてlots of と言い換えられます。その他にも、フォーマルさの度合いや、肯定文と否定文/疑問文との相性などの点で使い分けされます。それぞれいつ使うのか、またどのように使うのか、整理しておきましょう。
続きを読む




WebRTCで無料英会話