英語の「あいさつ表現」人と会ってまず交わす場面別うまい言い方

人と会って最初に交わす挨拶(あいさつ)は、第一印象を左右する重要な部分です。状況に応じてニュアンスの合う表現を使い分けられるようになりましょう。

フォーマルな場面で使える表現、打ち解けた関係の友人へ使える表現、さらに「久しぶりだね!」という意味を込めて使える表現。一通りのフレーズが把握できれば、あいさつ表現の悩みは解消できます。

英語の正しい「はじめまして」のあいさつの仕方
英語「初対面のあいさつ」で使えるベタだけど鉄板のフレーズ
英語あいさつ表現「How are you?」への返事・返答のしかた
英語の「別れ際のあいさつ」場面別・ニュアンス別フレーズ集
英語の別れ際のあいさつ「goodbye」と「see you」の違い
英語あいさつ「Nice to meet you.」と「Nice meeting you.」の違いと使い分け方

普段のフォーマルな場面で使える挨拶表現

英語のあいさつ表現としては How are you? がよく知られているところでしょう。How is it going? というフレーズもよく用いられます。どちらも普段の会話もしくはフォーマルな場面での会話で使えます。

How ~ からの疑問表現は、字面上は相手の調子や具合を尋ねることになりますが、これは会話のきっかけです。

How are you?

お元気ですか

How are you? は英語圏でもよく使われる基本的なあいさつ表現です。フォーマルな場面でも無難に使えます。また、友人どうしの多少気さくな会話でも使えます。

カジュアルな会話では「調子はどうだい」というようなニュアンスのあいさつ表現として

How are you? はフォーマルな場面にも適するということで、カジュアルな場面で使うには少し硬めの印象を受ける人もいます。気のおけない間柄なら、もっとカジュアルなあいさつ表現を選んでみてもよいでしょう。

377904610

How are you doing?

元気ですか

How are you doing? も、よく使われるフレーズのひとつです。フォーマルな場面では「元気ですか」というイメージで使えます。

How are you doing?  は How are you? より少しだけカジュアルな印象で、「どんな感じ?」というニュアンスで使われることもあります。

Hello.

やあ

Hello. は間投詞であり、その意味で日本語の「やあ」「どうも」といった呼びかけに対応するフレーズです。文意としては「こんにちは」の意味合いも含みます。

Hello. の一言だけでも十分にあいさつ表現として成り立ちますが、Hello に続けて How are you? とか You look happy. (元気そうだね)といったあいさつ表現を言い添えることも多々あります。そしてそのまま会話に

レストランなどに入店する場合はたいてい従業員と Hello. と声を交わします。お店側が How are you? とあいさつして来る場合もありますが、返答としては Hello. の一言でも十分でしょう。


普段のカジュアルな場面で使える挨拶表現

How is it going?

最近どう?

How is it going? は親しい間柄で交わされるくだけたあいさつ表現の代表的な言い方です。

会話中にスラングや若者言葉が出てくるような間柄の相手に、「よう、最近どんな感じ?」とあいさつするようなニュアンスだと捉えておくとよいでしょう。

How is everything?

元気でやってる?

How is everything? も多分にカジュアルな調子を含んだフレーズです。

文字通りに捉えると「諸々(の調子は)どうですか」というように訳せますが、実質「元気ですか」程度の意味合いを込めて用いられます。

よく使われる度合いという点で How is everything? と How is it going? と比べると、How is it going? の方が多用されているフレーズといえます。

What’s up?

よ、何してんの?

What’s up? はスラング的あいさつ表現で、日本語で言うなら「よう!最近どうよ?」程度の軽いノリで用いられるフレーズです。

What’s up? はいわば真性の口語表現で、フォーマルな場面には適しません。それだけに、インフォーマルな場面にはうってつけです。

クエスチョンマークをエクスクラメーションマークに置き換えて What’s up! と表現する言い方もあります。What’s up! は「何だ何だ、いったいどうしたよ」くらいのニュアンスで「何が起きたのか」を訊ねる問いかけ表現として(あいさつを交わす場面以外で)使えます。インフォーマルな口語表現である点は変わりません。

What’s happening!

よう、どうした

What’s happening! も What’s up? と同じ意味・ニュアンスで、(インフォーマルな)挨拶表現として使われています。

通常の会話で「何が起きたのか」「どうしたの」と訊ねる問いかけ表現は、What happened? が普通です。区別して把握しましょう。

Hi.

やあ

Hi. は Hello. のカジュアル版と捉えてよいでしょう。Hello. と同じようにあとに一言ふたこと続けたほうが自然に聞こえます。

Hi. は洋画・洋ドラマなどで多く用いられているイメージもありますが、基本的には What’ up! などと同様のカジュアルさで「よっ!」とか「やあ!」と言っている、くらいのイメージを持っておくと、ウッカリ不適切な使い方が避けられます。


久しぶりに再会した場面で使えるフォーマルな挨拶表現

It’s been a long time.

お久しぶりです

It’s been a long time. は長らく会っていなかった相手と再会した際に使える、ビジネスシーンにも適したフォーマルなあいさつ表現です。

It’s been a long time. に続けて It’s a pleasure to see you again. (またお会いできて光栄です)のような言葉を添えると、より自然で洗練された(そして心のこもった)表現になります。

It’s been too long.

本当にお久しぶりです

It’s been too long. の使い所は It’s been a long time. とほぼ同じ、ニュアンスは too long (あまりにも長い間)という言葉のおかげで「もっと早くにお会いしたかった」という印象を与えやすくなっています。

How long has it been?

お会いするのはいつ以来でしょうね

How long has it been? は久しぶりに会った知人やお仕事関係の相手へのあいさつとして使えるフレーズです。どのくらい会っていなかっただろうか、という問いかけを通じて、久しぶりの再会に対する感慨が表現されます。

How long has it been? は、単独でもあいさつ表現として使えますが、It’s been a long time. や It’s been too long. といった表現と併用して「お久しぶりです、もういつ以来でしょうか」と続けると、いっそう自然でこなれた感が出ます。

久しぶりに再会した場面で使える普通~カジュアルな挨拶表現

再会した場面で使えるフレーズにもカジュアル寄りの表現はありますが、カジュアルシーン限定という表現は多くなく、基本的には多少フォーマルな場面でもさほど不適切な印象を与えません。

How have you been?

最近どうでしたか

How have you been? は、表現そのものは基本的に How are you? (お元気ですか)と同じ形の問いかけですが、現在完了形を使って表現することで「現在までの時間」に焦点を当てる、それによって会っていなかった時間を意識させる表現といえます。

How have you been? は久しぶりに会った友達に対してよく使われる、カジュアルめの表現ではありますが、フォーマルな場面で使ってもそれほど違和感はありません。

It’s been a while.

しばらくぶりですね

It’s been a while. は、日本語でいえば「久しぶり」もしくは「久々」のようなニュアンスで用いられるあいさつ表現です。

It’s been a while. How have you been? (久しぶり、元気だった?)という感じであいさつ表現を続けて述べる場合がよくあります。

It’s been ages.

It’s been ages. も It’s been a while. と同様のニュアンスで使えます。age の語が「本当に久しぶり」というニュアンスを強調します。

age は基本的には「年齢」「年代」といった意味で用いられますが、ここでは「長い間」という程度の意味で用いられています。

Long time no see.

長いこと会ってませんでしたね

Long time no see. は「長いことあっていなかったね」という意味合いで用いられます。こちらも Long time no see. How is everything? のようにほかの挨拶表現と組み合わせると自然です。

「おはよう」「こんにちは」的ひとことでも十分ではある

Good morning. や Good afternoon. 、 Good evening. も場面によっては十分挨拶として使えます。

特に会話を続ける必要がないとき、家族の誰かと会ったときなど、何か一言いいたいときには Good morning. や Good evening. を使うとよいでしょう。

また、 Good morning.  と Good afternoon. Good evening. はフォーマルなフレーズとして認識されているので、レストランやショッピング中のお店などで「いらっしゃいませ」といわれたときに、少し丁寧な返事をしたいときには Good morning. などと返答しましょう。

Hello.
いらっしゃいませ
Good evening.
こんばんは




WebRTCで無料英会話