Tag Archives: 動作の表現

英語で「どうぞお座りください」と表現する上手な言い方

450293494

英語で「どうぞ座ってください」「お掛けください」という風に着席を促す場合の表現としては、Please have a seat. がいちばん使いやすいと言えそうです。

Sit down please. のような言い方は失礼な表現になりがちなので避けた方が無難です。

着席を促す際に使える英語表現は複数あり、ニュアンスに応じて使い分けられます。いくつか把握して使い分けられるようになっておきましょう。

続きを読む

英語で「忘れる」「忘れた」と表現する状況別うまい言い方

英語で「忘れる」「忘れた」と表現する場合、たいていは動詞 forget を使って無難に表現できます。ただし「~に置き忘れて来た」という場合は leave の方が適切です。

forget は、いざ文章中で使うとなると細かい疑問がいくつも生じるタイプの言葉です。「し忘れた」という場合に forget to do と言うべきか forget doing と言うべきか、あるいは、時制は現在形でよいのか過去形にするべきか等々。改めておさらいしましょう。

続きを読む

英語の「意外にも動詞の用法がある名詞」book (予約する)など

334186655

英語の中には「基本的には名詞として扱われるが動詞として用いられることもある」表現が沢山あります。たとえば e-mail(メールを送る)、 book (予約する)、あるいは text(テキストメッセージを送信する)。

意外というのは動詞の用法に接する機会が少ないだけで、根本的には kiss や smell や test といった名詞・動詞の両方で用いられる語と変わりません。

英語の品詞は意外と自由奔放な部分があります。「book =本」というような対応関係に縛られすぎない、柔軟な考え方を保っておきましょう。要領が分かると英語の語彙の見え方が違ってきます。

続きを読む

英語で「確認」を意味する表現の意味の違いと使い分け方

確認は英語では checkconfirm などの語で表現できます。ただし表現によって「軽く目を通す」「入念に読み込む」といったニュアンスの違いが生じます。場面に応じた適切な語を使えるようになりましょう。

確認は日常生活でもビジネスシーンでも多々行われる作業です。何を確認するのか(確認してほしいのか)まで念頭において言葉を選べば、言葉の選択はそう難しくはありません。

続きを読む

英語の基礎表現「tell」の意外と幅広い意味・用法・イディオム

429306649

英語の動詞 tell は「話す」「伝える」という意味合いを中心とする基礎的な表現です。でも実際には、 tell はもっとずっと幅広い意味合いで用いられます。素朴に「話す」の訳語と対応づけて覚えるだけでは、うまく理解できない場面もあるでしょう。

tell の少し特殊な意味・用法は、イディオムとして把握できる場合が少なくありません。イディオム単位で覚えてしまう方法もアリでしょう。芋づる式に表現の幅が増えます。

続きを読む

英語の「come」と「go」の違いと使い分け方のコツ

英語の動詞 come および go は、たいてい素朴に「come=来る」「go=行く」という対応関係で把握されますが、文脈によってはこの覚え方が混乱のもとになります。

英語の come と go のニュアンス差は、日本語の「来る」と「行く」の違いとは観点が異なります。英語的思考のを身につける手始めとして、まずは come と go の感覚を正しく把握しましょう。
続きを読む

英語で表現する「助けて!」「危ない!」緊急時のとっさの一言

緊急事態はだしぬけに訪れます。英語で「助けて!」や「誰か警察を!」のような一言をとっさに言えるように、言い方を身につけておきましょう。どのフレーズもシンプルで簡単です。

不意に事件や事故に巻き込まれそうになった瞬間、注意を促したり助けを求めたりできるチャンスは一瞬です。言い方を考え巡らす余裕はありません。頭が真っ白になってうまく考えられなくなる場合もありがちです。意味解釈より先にフレーズだけ憶えておいても損はないでしょう。

続きを読む

英語でどう言う?「書道」

322337873

書道は文字の美的表現を追求する、一種の芸術活動です。精神修養の意義を見い出す場合もあるでしょう。英語で言うなら calligraphy が妥当です。日本の書を特に念頭に置くなら Japanese calligraphy と表現するとより適切でしょう。

「書道」と「習字」が区別されずに扱われることもありますが、習字は字を手本にならって正しく書くという意味合いが中心です。exercises in penmanship のような表現が習字のニュアンスに添うでしょう。

続きを読む

英語で「居眠り」を表現するユニークな言い方6パターン

英語学習において最初に遭遇する敵は睡魔かもしれません。勉強の果てのなさを感じると、体の疲れが意識されてしまい、いつの間にか静かに目を瞑っているという。 (#勉強挫折あるある)

いわゆる「居眠り」を指す英語表現も複数の種類があり、ニュアンスに応じて使い分けられます。うとうと、うつらうつら、船を漕ぐような半睡など、自分の今の眠さを英語で表現してみましょう。

続きを読む

英語で「見る」を表現する look と watch と see の違いと使い分け方

英語で「見る」と表現する際に使える単語は複数あります。初歩的な基礎的な単語だけでも lookwatchsee などが挙げられます。しかしながら意味やニュアンスの違いや、使用場面の違い(使い分け方)は、日本語で「見る」と訳している限りは曖昧になりがちです。

look も watch も see も、日本語ではひとまず「見る」と訳されます。日本語を手がかりとした学習法では違いを意識する機会が中々ないのです。

look、watch、see。いずれも幅広い文脈でさまざまな意味で用いられる基礎単語です。場面に応じた使い分け方という切り口もアリですが、ここは各単語の根本的なニュアンスの把握を目指しましょう。

続きを読む

WebRTCで無料英会話