Tag Archives: 時間表現

英語表現 sometime、some time、sometimes の違いと使い分け方

294791336

some timesometimesometimes は、どれも時間に関する表現です。ただし、それぞれが見据えている時間が違います。

  • Can I talk with you sometime?
  • Can I talk with you for some time?
  • Can I talk with you sometimes?

会話中では、それぞれの表現を区別することが難しいかもしれません。しかしながら、どの語として聞き取り認識するかによって意味合いが違ってきます。この際しっかり区別できるようになりましょう。

続きを読む

英語の未来表現「will」と「going to」の違いと使い分け方

英語で「今後・これから・未来のこと」について言及する場合、主に will あるいは be going to などの語を使って、未来のことであると表現します。一般的には「未来形」「未来表現」と呼ばれます。

will も be going to も、意味的に大差なく、文法上の使いどころもほぼ同じ、相互に置き換え可能な場合のも多い表現です。とはいえニュアンスの違いもあります。正しいニュアンスの違いを把握できるようになっておきましょう。
続きを読む

英語で表現する「ちょっと待ってね」「お待ちください」のニュアンス別表現

369704525

日常生活の中では少しだけ待ってと表現する機会が多々あります。適切な英語表現を考える少しの間、あるいは、準備・用意のための少しの間、ほんの数秒~数分の間が貴重になるものです。

英語で「ちょっと待ってて」と伝える言い方は、「ちょっと」の度合いを言い分ける複数の表現があります。2~3語で簡素に表現できる言い方ばかりなので、とっさの場面で使えるようにフレーズを習得してしまいましょう。

続きを読む

英語の前置詞「within」と「in」の違いと使い分け方の注意点

英語の前置詞 within は、意味も使いどころも in に似ており、区別や使い分けの難しい単語です。特に時間について述べる場合は、 within と in の違いはちょっと注意して読み分ける必要があります。

要点を一言でまとめるなら、日本語の感覚における「時間的《以内》」を指す表現は within の方であって、in は「以内」よりもむしろ「後」と訳した方が適切な場合が多々ある、という点がポイントでしょう。

続きを読む

英語のあいさつに季節感を込める「時候のあいさつ」表現・フレーズ集

季節の移ろいや気温の変化といった時候の話題は、共感を得やすく相手を選ばない定番の話題です。英会話のあいさつネタとしても活用しましょう。

世界のどこでもその土地なりの季節があります。季節が感じられると土地への愛着もわき方も違います。遠隔地の人へ連絡する際にも、こちらの状況を報告したり、あちらの状況を尋ねたりするとよいでしょう。相手への気遣いがきっと伝わります。

まずは日本の四季の季節感を伝える言い方を手がかりに表現の要領を見ていきましょう。

続きを読む

英語で表現する年間の「月」(1月~12月)の読み方、書き方、使い方

年間の「」を英語では month (複数形は months)といいます。1月2月~12月といった各月の呼び名は、日本語ではもっぱら数詞を使って「1月」「2月」のように表しますが、英語では January のような固有名で表現されます。

英語の月名は日本語圏でもカレンダーなどでよく用いられており、普通に目にします。でも一見してパッと何月のことか把握したり、自分で正しく綴ったりすることは、意外とままならないものです。

月名を含む日付は正確に伝達しなければならないことが多々あります。正しく理解して使いこなせるようになりましょう。

続きを読む

スカイプで無料英会話