英語の助動詞表現「used to」の意味・用法・用例おさらい

519514507

英語の助動詞表現 used to は、主に「過去の習慣的動作」や「過去の継続的状態」といった意味で用いられます。あらためて用法・用例をおさらいしましょう。

used to が取り得る意味の幅はさほど広くはなく、他の助動詞と比べれば把握しやすい部類です。「過去の習慣的動作」という点では助動詞 would との使い分け方に戸惑いがちです。比較しつつ区別をつけてしまいましょう。

続きを読む

英語で「~を担当しています」と表現する言い方

563270845

日本語の「担当」に対応する英語表現は、「職責の有無」という要素を加味して表現を選ぶのがコツです。

部署やプロジェクトを監督する立場という意味で「担当しています」と述べるのか、それとも、部署の一員・イチ担当者という程度の意味で「担当です」と述べるのか。この辺のニュアンスで適切な表現が違ってきます。

続きを読む

英語で「うらやましい」(羨ましい)と表現する上手な言い方

440596051

英語で「うらやましい」気持ちを表明する言い方は、形容詞 jealous がいちばん一般的で無難に使える、と言ってよいでしょう。

場面によっては直接に「うらやましい」と述べるよりも、幸運や実力を評価する(褒める)言い方や、「僕が君なら良かったのに」と言ってみるような言い方もアリでしょう。

続きを読む

英語の助動詞表現「have to」の基礎イメージと覚え方・使い方

208705777

英語には色々な助動詞があります。「have to」も助動詞として機能する表現です。他の助動詞よりも扱いがややこしい部分があります。意味と用法を改めておさらいしましょう。

have to は主に「義務」や「確信度の高い推量」などの意味で用いられます。似た意味は must をはじめとする他の助動詞でも表現できます。さらに have to は、時制に合わせて語形を変えるという厄介な要素があります。

「have to は助動詞」という捉え方を少しだけ緩めて、「have+to の組み合わせで助動詞的に用いられる(言うなれば準助動詞的な)表現」という風に捉えてみる方法はアリでしょう。そうすると have to の意味・用法の異質さが少し和らぐはずです。
続きを読む

WebRTCで無料英会話