Tag Archives: 英単語

英語で表現する「特徴」のニュアンス別表現と意味の違いと使い分け方

similar

「特徴」は他と比べて特に目立つ点のこと。英語では「特徴」の意味を持つ単語が豊富にあります。数が多いので混乱してしまいそうですが、それぞれ元々の意味や、何の特徴として使われるかは異なるので、使いどころを覚えておけば上手く使い分けが可能です。

ただし、意味が重なりあうものもあります。実はそれぞれの使い分けに厳密なルールがあるわけでもありません。気を楽にして、英会話で自然に使えるように各単語のイメージをおさえておきましょう。

続きを読む

英語で「多い」を表現する many、much、a lot of、lots of の違いと使い分け方

fotolia_117888789

英語で「たくさんの」「多くの」と言う際、多く使われるのがmanya lot ofです。どちらも数や量が多い様を意味する形容詞と形容詞句であり、基本的にはどちらも同じように使うことができますが、実はいくつか違いがあり、文の形や修飾するものに応じてどちらを使うかが決まってきます。

一番よく知られている違いとしては、manyが可算名詞=数えられる名詞(形のはっきりしたもの)のみに使えるのに対してa lot ofは可算名詞と不可算名詞=数えられない名詞(形のはっきりしないもの、無形物など)両方に使えることでしょう。またmanyは不可算名詞の場合muchと、a lot of は状況に応じてlots of と言い換えられます。その他にも、フォーマルさの度合いや、肯定文と否定文/疑問文との相性などの点で使い分けされます。それぞれいつ使うのか、またどのように使うのか、整理しておきましょう。
続きを読む

英語で「示す」「見せる」を意味する動詞のニュアンスの違いと使い分け方

show

「示す」とか「見せる」といった意味で用いられる英単語は、基礎的な動詞だけでも複数あります。最も基本的な表現としては show が挙げられます。その他にも複数の、より具体的なニュアンスを含んだ単語があります。

意味の似た表現を正しく理解して使い分けることは難しいものです。しかし他方、類義語や意味の似通う表現は、並べて比べながら学んだ方が記憶に残りやすく、違いも把握しやすかったりして、お得です。

表現のバリエーションと意味合いの違いを見比べつつ、効率的に単語力を上げて参りましょう。

続きを読む

オリンピックの競技・種目の英語名称一覧

running-1245640_640

スポーツの祭典・オリンピックは、大半のスポーツ競技において世界で最も注目される国際大会と言って過言でありません。開催期間中は全世界がオリンピックの話題で持ちきりになります。

近代オリンピックには数十を超える競技があり、夏季冬期を合わせると競技区分は30以上、競技内の種別を含めると50以上の区分があります。さらに種目別に分けて挙げると数百に区分されます。

スポーツ競技の英語名称の中には、思わずへぇ~そう言うのかーと思わせられる表現もたくさん見られます。たとえば「砲丸投げ」を英語で言えますか?

続きを読む

アメリカ英語とイギリス英語のスペル(綴り)の違いまとめ

278498699

アメリカ英語(米国式英語)とイギリス英語(英国式英語)では、同じ単語だけれどスペル(綴り)が微妙に異なる場合があります。たとえば center と centre 。あるいは、color と colour

米国英語と英国英語におけるスペルの違いには、ある程度の法則性が見いだせます。Oxford Dictionaries ウェブサイトの「 American and British spelling 」などが上手くまとめてくれていますので、ぜひ参照してみてください。

この手の表記揺れは、べつに曖昧な把握でも英会話に支障を来すことはそうそうありません。でも英語を学んでいく過程では遅かれ早かれ遭遇することになる知識でもあります。早めに接して意識しておくと、後々役立つでしょう。

続きを読む

英単語の効果的な暗記にオススメ「イメージ記憶法」と「発音記憶法」

英語を使いこなすには、ある程度の語彙力が必要です。語彙力の増強はなかなか難しいもの。単語の暗記は単調でつまらない作業になりやすく、ウンザリしやすい部分です。せっかく覚えたはずの単語がうまく思い出せない(記憶に定着せず半ば忘れる)経験も苦いものです。

筆者も英単語の暗記が苦痛で英語嫌いになりかけたクチですが、あるとき暗記の方法を変えて、効果や効率がかなり向上しました。筆者が導入した覚え方は、単語を「例文をイメージ化して覚える」方法と、「発音(記号)を手がかりに覚える」方法です。

続きを読む

海外を当てもなく、ぶらぶらとするのが好きです。一番好きな「地方」はフランスのブルターニュ。
自分の海外ふらつき経験がお役に立てれば幸いです!

海外旅行で使える英語表現27選

person-holiday-vacation-woman

海外旅行ではほぼ必ず使うことになる英語フレーズがいくつかあります。場面に応じた表現を一通り知ってしまえば、海外旅行の英語の不安はぐっと減り、余裕をもって旅を楽しめます。

英語を使う必要に迫られる場面といえば、まずは入国手続き、それに交通機関の利用、宿泊施設の手配、あるいは買い物といった場面でしょう。必須フレーズの種類は決して多くはありません。

続きを読む

「おでこ」に「まぶた」、顔のパーツの英語の呼び方

woman-girl-beauty-mask

英語学習では、お決まりのフレーズやカッコイイ表現には食指が伸びても、素朴な語彙というか卑近な語彙というか「より身近で日常的な事柄を表現する英語」の知識がおろそかになりがちです。

額、上唇、耳たぶ、アゴなど、生活ではまま意識する顔のパーツ。英語でどう言うか?少し意識してボキャブラリーに追加していみましょう。

続きを読む

スカイプで無料英会話