「未来」「将来」を英語で表す単語

英語の学習では時制がある種の難所です。特に「未来」「将来」といった、現在よりも先に待ち受ける事柄に関する表現は、扱いが特殊です。

文法的な要素も重要ですが、「未来」や「将来」を指して英語で何と表現すればよいものかという点も踏まえて置きましょう。思ったより奥深い世界が広がっているかもしれません。

続きを読む

英語で疲労の度合いを伝える「疲れた」英語表現集

英語で「疲れた」を意味する語といえば tired がまずは思い浮かびます。tired は基本的で一般的な表現ではありますが、英語で「疲労こんぱい」を表現する言い方は他にもたくさんあります。

あ~疲れた、と言いたいとき、I’m tired. と表現しても良いのですが、より具体的なニュアンスを含んだ表現が使えると、疲れ度合いや体調やウンザリした心境などもニュアンス豊かに伝えられるようになります。

続きを読む

英会話の中で話をまとめる「つまり」「要するに」の英語表現・フレーズ集

会話の中でうまく伝達する秘訣に、「つまり」や「要するに」といったまとめ表現(話の趣旨をかいつまんで表現し直す言い方)を駆使する方法があります。これは英語でも便利な言い方です。ぜひ使いこなせるようになりましょう。

話の趣旨・要点を適宜まとめ直すと、相手の理解も促されるし誤解も防げます。話が脱線しかけたり、とりとめのない話になってしまいかけたりしても、ぐっと本題に引き戻せます。
続きを読む

英語の作文能力を日常生活で身に着ける「英語日記」のススメ

英語の勉強は、おおむね《読む・書く・聞く・話す》の4要素を基本として区分されますが、さらに根底・根本の部分には《言表する》という要素があることを見過してはなりません。言表とは「自分の考えを言葉で言い表す」「言語化」のこと。すなわち英作文です。

英作文スキルは語彙力や読解力の向上だけでは身につきません。地道な実践的練習を通じて英語の文章感覚を養っていく必要があります。これは決して一朝一夕に実現できるものではありませんが、諦めずに取り組んでいけば誰でも達成は可能です。

日常生活の中で少しづつ、そして確実に英作文に取り組むための方法として、「英語で日記をつける」取り組みがおすすめです。

続きを読む

英語の形容詞の見分け方と扱い方

英語の形容詞は、語形も用法も幅広くてややこしい、その意味で英文読解のポイントになる要素です。形容詞の係り方や品詞そのものを読み誤ると、文章全体を誤読してしまいかねません。正しく読めるようになっておきましょう。

「英語は習うより慣れろ」がモットーの方でも、品詞の扱いについては文法的解釈を手がかりに把握・理解しておいて損はありません。形容詞の語形や用法のパターンをマスターすれば、語形や用法なんていちいち気にしなくてもスッと英語が分かるようになってきます。

続きを読む

英語で考える「ブラック企業」と英語の「black company」

昨今の新聞やテレビでは「ブラック企業」というキーワードをよく目にします。ブラック企業は今や日本における大きな社会問題として認識されています。ところで「ブラック企業」を英語で表現する場合、どう言えばよいのでしょうか。安直に black company でいけるのかな、と思いきや、そうはいかない模様です。少し状況を探ってみましょう。

続きを読む

「会社」「企業」「株式会社」を英語で表現する英語の種類と使い分け方

英語で「会社」を意味する単語は複数あります。たとえば company、corporation、enterprise など。ぱっといくつか思い浮かぶ人も多いはず。これら各語は、日本語に訳すと特に区別なく「会社」あるいは「 企業 」と訳されてしまいますが、英語そのものにはそれぞれ違った意味が含まれています。

わりと汎用的に使える表現もあれば、会社の規模や法的扱いによって使い分けるべき表現もあります。特にビジネスシーンで用いる機会の多い表現ですから、適切な語彙を選べるように知識を身につけておきましょう。
続きを読む

英語で依頼・お願い・頼み事をうまく伝える英語表現

相手に何事か依頼・お願いする場面では、できるだけ相手に気持ちよく引き受けてもらえるよう、工夫したいところです。英語にも「丁寧さの度合い」や「依頼の難度」に応じて使い分けられる依頼表現・フレーズがあります。

気軽に「これお願い」と頼む場面か、丁寧に「もしよければ…」と頼む場面か、状況に応じて表現を使い分けて「お願い上手」を目指しましょう。
続きを読む

「野菜」の英語での表現の仕方や種類、数え方

野菜(vegetable)は日本語でもカタカナ表記の名称が多く、英語でもそのまま通じそうな気配ではありますが、英語の野菜の呼び名とは意外とかけ離れている場合が少なくありません。ネギやカブのようにカタカナ表記される日本語の野菜も紛らわしいものです。野菜を扱う「束」や「玉」のような単位にも要注意です。

自炊生活、レストラン、故郷のソウルフード紹介、等々、やさいを英語で表現する機会は結構あり得ます。健康的食生活と共に英語学習にも野菜を取り入れてみてはいかがでしょうか。
続きを読む

「以上、」と英語で述べる場面別英語表現と使い分け方

日本語の「以上」という表現は、数量の程度を示したり、前述した内容を指し示したり、あるいは単に叙述を終えますという合図として用いられたりします。これを英語で表現するには、場面に応じて対応する英語表現を使い分ける必要がありそうです。

続きを読む

「英語が分からない」初心者が最初に覚えるべき対応法と英語フレーズ

英会話の学習は実践こそが最大最強の学習法です。積極的に会話の機会を設けて、実践練習を重ね、そこで得られた知見や反省点を積み上げて行きましょう。

英語の学び始めの段階は、実践練習に手を伸ばすだけでも相当な勇気が要ります。しかし、そんな物怖じは不要です。英語が上手か下手か、なんて全然気にせず果敢に挑んでいきましょう。

しかしながら、「相手の英語が聴き取れなかったら」「相手の言っていることが理解できなかったら」という不安はなかなか払拭できるものではありません。そこで、「ごめん、よく分からない」と相手に伝える表現を、まずは覚えてしまいましょう。

続きを読む

英語で読む時事ニュース:「トランプ大統領候補の女性に対する不適切発言」

2016年11月8日(火曜日)にアメリカ大統領選挙が行われます。いよいよ残り1ヵ月を切った10月半ば現在、報道にも熱が入っています。いま最もアツい時事的話題のひとつといっても過言ではないでしょう。

大統領選2016はドナルド・トランプ(Donald Trump)とヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)の一騎打ち。トランプ氏はピーナツ発言などの過激発言で耳目を集めています。英国大手紙は「トランプの嘘」という連載記事を設けたほど。対するクリントン氏もウワサには事欠きません。そして勝負はさながら「醜聞合戦」というか足の引っ張り合いの様相を呈しています。

そして10月初旬に大きめのスキャンダルが報じられました。いわゆる女性蔑視発言。

続きを読む

「数字」の英語での読み方・書き方・考え方

英語の数字といえば、one、two、three、のような数詞がお馴染みです。学校の英語の授業でも、数字の英語の読み方はアルファベットの次くらいに教わる、基礎中の基礎知識です。

数字は生活のあらゆる場面で接する情報です。しかも、現実で用いられる数の表現は、5桁の数(万単位)だったり、分数だったり、小数だったり負の数だったりします。数字そのものだけでなく、数字の周辺の英語表現に関する知識も必要です。

ということで、改めて数字の表現の仕方について振り返ってみましょう。

続きを読む

英語のブラック(black)のイメージと祭「ブラックフライデー」

色はマイナスイメージをもって連想されやすい色です。日本語の「黒」も英語の「black」も、基本的にネガティブなイメージが想起されます。

ところで、アメリカでは毎年11月の第4金曜日をブラックフライデー(Black Friday)と呼びます。陰惨な黒ミサ、ではありません。ブラックフライデーの「黒」が会計黒字の意味でありポジティブなイメージです。

じゃあ「ブラックマンデー」や「ブラックウェンズデー」はどうなのかというと、これは残念ながら暗黒面の意味合いです。

今年もブラックフライデーが間近。「ブラック」が示す意味をひもとき、アメリカ文化の一端を覗いてみましょう。

続きを読む

「耳の英語化」革命で英語リスニングをマスターしよう

英語学習において、大多数の日本人は「耳を英語化する」――つまり耳を英語に慣らすという要素が不足しています。これは逆にいえば、耳が英語と密接に結びつきさえすれば英会話スキルも飛躍的に向上し得る、ということでもあります。多くの日本人がその可能性を大いに秘めています。

英語学習の中に意識的に「耳の特訓」メニューを盛り込んでみましょう。聴覚は感覚的に順化しやすい部分です。耳が英語に慣れたなと思う頃には、英語力全体がブレイクスルーを遂げていると実感できるはずです。

続きを読む

「期間・間隔・頻度」を英語でうまく表現する言い方

予定や習慣などについて語る場面では、「2日おき」や「隔週」というような期間・間隔の表現をよく使います。これが意外と、対応する英語が思い浮かびにくいものです。

雑誌やイベントなどでは「隔週」「隔月」あるいは「3年ぶり」のような言い方も使います。どれもパッとは英訳しづらい曲者です。改めて期間や感覚を英語で表現する言い方を振り返ってみましょう。

続きを読む

「おしゃれ」「ダサい」の英語でのニュアンス別表現

相手の服装や持ち物をホメて「それオシャレだね!」と言う切り出し方は、英会話の定番の話題です。どこで買ったの?とか、着こなしのコツを教えて!とか、会話を広げやすく会話が続きます。

着こなしや身のこなしなどについてよく言う「おしゃれ」「ダサい」のような表現は、意外と幅広い意味合いを含みます。英語で表現する場合には、どんな風にオサレなのか、またはどういう風にダサいのか、ニュアンスに応じて表現を使い分ける必要があります。

続きを読む

「そして」「それでね」と英会話で話を続けるつなぎ表現

日本語の「そして」はある事柄に続いてもう一つの事柄が追加される時に用いる接続詞です。「ミカンとそしてリンゴ」のような付加・追加の意味で使う「そして」を英語になおすならば接続詞のandが訳語として対応します。ただし、andばかり繰り返していては稚拙なイメージになってしまいます。付加の意味を表す他の表現も知ってバランスよく使えるようにしましょう。 続きを読む

englishcompany



WebRTCで無料英会話