英語で天気・天候を表現する英単語の種類【総集編】

英語にも、天気を表す単語はとても沢山あります。たとえば「晴れ」を意味する英単語なら、その晴れっぷりまで単語で言い分けることができます。

天気を表現する英語を幅広く身に着けると、その天気に対する感情のニュアンスのような部分も表現できるようになってきたりします。

続きを読む

英文メールを恩師・先生に宛てて書く場合の要点と便利フレーズ集

英語の手紙や電子メールを書く際、宛先が外国人の先生であるなら、敬称の「先生」にあたる英語表現を適切に選びましょう。

日本語の「先生」は意外と幅広く使える敬称です。英語で表現するなら場面に応じた表現の使い分けが必要です。

英語のメールの書き方には一定のマナーがあります。無難に使えるフレーズを駆使して、好感の持てる手紙・メールを効率的に作成しましょう。

続きを読む

「英語が苦手」を克服するための苦手意識の分析と解消法

英会話にチャレンジする際に英語に対する苦手意識が学習や実践の障壁となることがしばしばあります。英語の苦手意識を克服するには、まず英語の対する苦手意識の根本を探り、詳しく分析して理由を突き止める取り組みが効果的です。

英語に苦手意識を抱いてしまう理由は人それぞれでしょう。いろいろな要因があり、それら複数の要因が絡みあって強固な苦手意識に結びついていることも珍しくありません。

苦手意識の原因が分かれば、克服方法も自ずと見えてきます。あるいは、原因が何かをはっきり見据えるだけでも、意外と冷めた気持ちになって苦手意識を払拭できたりもします。

ついでに「英語が苦手でして」と伝える場面の英会話フレーズもいくつか知っておきましょう。そうすれば英語が苦手であることをネタに使って英語コミュニケーションに挑めます。
続きを読む

「計算」を英語で意味する単語の種類と使い分け方

英語で「計算する」と表現する場合、いくつかの英単語を意味合いに応じて使い分ける必要があります。単語の種類と、各英単語を使う場面を把握しましょう。

算数・数学の「値」や「計算式」の読み方も把握しておけば、数字や計算式を見聞きしてもひるむことはそうそうなくなるでしょう。

続きを読む

英語の論文・レポートの書き方(表現・構成)の基本ルール

学術的な(アカデミックな)文章には書き方のルールがあります。このルールを英語ではアカデミックライティング(academic writing)と呼びます。学府に提出する文章は、論文であれレポートであれ、所定のルールを踏まえて記述しなくてはなりません。

作成する文書の種類によって体裁は違ってきますが、基礎的な考え方やルールは共通です。アカデミックライティングの基本を踏まえた上で、適格な文章を提出できるようになりましょう。

アカデミックライティングの根本は日本の(日本語の)論文・レポートの書き方にも通底します。特に海外の大学へ正規留学するわけではない方も知っておいて損はありません。

続きを読む

「予定」について話す時に使える英語表現

「予定」そのまま英語に訳すと plan です。「プラン」は日本語としてももはや定着していると言えるでしょう。

しかし、予定を表したい時 plan 以外にも schedule など違った表現方法もいろいろあります。話の内容によっては plan を使うと不自然に感じることもあるので、いろいろな表現方法を駆使してネイティブの英語に少しでも近づきましょう。

続きを読む

英語で表現する「難しい」の場面別ニュアンス別英語表現集

「それはちょっと難しいね」と、英語で表現する場合、まず思い浮かぶ単語は difficult でしょうけれど、それは少し安直かもしれません。場面によってさまざまな意味合いの「難しさ」があり、英語ではそのニュアンスを表現し分けることができます。

「難しい」と訳しうる英語表現は複数あり、必ずしも各単語の意味や用法はがっちり限定されているというわけでもありません(置き換え可能な場合が多々あります)が、単語の種類とそれぞれの単語がもつイメージをひとまず把握しておきましょう。

日本語の「難しい」という表現は、「物事が複雑でわかりにくい」とか「理解・習得・解決が容易でない」とか、「物事が扱いにくく厄介」とか、はたまた「煩わしい」といった幅広い意味合いを含みます。こうしたニュアンスを正しく把握できると、対応する適切な英語が選べるようになります。
続きを読む

英語圏の長さや重さの単位(ヤード・ポンド)の意味と換算法

長さや重さを示す単位は「メートル法」が今日の国際的な標準です。しかしながら、アメリカやイギリスでは西欧の伝統的な表記体系である「ヤード・ポンド法」も根強く用いられています。

温度も摂氏(℃)ではなく華氏(℉)で表記される場合が多々あります。

互いに異なる単位を使ってのコミュニケーションは、ものすごく疲れます。はじめから換算して表現できるようになっておくと、会話のストレスもずっと少なくなるでしょう。 続きを読む

「念のため」を英語で表す言い方と、そのカジュアル、フォーマルの使い分け方

英語で「念のため」と言うにはいろいろな表現があります。どのようなシーンでも対応できるようなものから、シーンごとに自分で考えて使い分けなければいけないものまであります。

また、それら表現の中でもカジュアルなものからフォーマルなものまであり、すべて「念のため」と訳すことができるとは言え、なかなか複雑です。戸惑わないように体系立ててこれらの違いを捉えましょう。

続きを読む

英語で読む一流アスリートの「勇気をもらえる名言」集

一流のスポーツ選手・アスリートたちは勇気の出る力強い言葉をたくさん残してくれています。英語学習も兼ねてその言葉を味わってみましょう。

スポーツ史に名を残す一流のアスリートは皆、並ならぬ努力と苦労を重ね、苦境を乗り越えて、栄光を勝ち得ています。

その苦難はきっと凡人には想像の及ばない境地でしょう。力強く瑞々しい言葉から、その片鱗が感じられます。 続きを読む

「おすすめ」を英語で尋ねる言い方・表現・フレーズ集

海外の不慣れな場所では、「あなたのオススメは?」のように尋ねる英語のフレーズが重宝します。ぜひ使えるようになっておきましょう。

海外の現地の事情は、現地に暮らしている人にはかないません。お食事、お買い物、観光の見ドコロ、交通手段の選び方からチケットの買い方まで、何にしても、機会があればという前提つきではありますがオススメを尋ねてみたいものです。

続きを読む

英語初心者でも好印象を!定番でハズさない英語自己紹介のコツ

ビジネス英語での自己紹介の基本を覚えたい、という英会話初心者の人は多いです。ハズさない定番の話題と言い回しと合わせて、ちょっとだけ気の利いたプラスアルファの表現をストックしておきましょう。特に目立たなくてもいいから最低限きちんとした印象を与えたい、という人向けの基本的な考え方も紹介しています。

続きを読む

英語で挨拶しよう!国際ビジネスで好印象を与える話題作りのコツ

英会話の学習には「英語で何をどう話せばよいのか分からない」という戸惑いが付きまといます。初対面の外国の人と何を話せばよいのか、たとえばビジネスシーンで初めて会った相手と会話する場合にはどんな話題が無難なのか。こうした部分は、語学力とはまた違った知識や素養が求められます。

ビジネスシーンにも定番の話題やお決まりの文脈・話の流れがあります。不慣れでも、お決まりのパターンをいくつか把握しておけば、相手に話を合わせて無難に円滑に会話を進められます。

英語圏を中心とする海外の一般的な「無難な話題」や「好まれる話題」は、日本国内の一般的な感覚とは違うところがあるかもしれません。でも、そんなに大きな違いがあるわけでもありません。多少のマナーとタブーを心得ておけば、あとは自然な人間的な魅力だけでも十分に勝負できます。英語初心者でも好印象を与えられます。

続きを読む

英語圏でも意味が通じる英語・日本語で共通のことわざ

ことわざ(諺)を英語では proverb といいます。英語のことわざには日本語とはまた違った独特の良さがあります。短い端的なフレーズの中に込められた含蓄や洞察は、英語だけでなく人生観そのものを鍛えてくれそうです。

英語のことわざの中には、表現も意味も日本語のことわざと共通していて、ほぼ英和直訳の関係といえるようなことわざもあります。

英和共通のことわざの多くは西洋から日本へ伝わったことわざ・格言(つまり英→和の方向)といえます。英語のことわざも必ずしも英語オリジナルとは限らず、有史以来の西欧の歴史に負うところが大きいのですが、その辺はいったんおいておきましょう。

ことわざを覚えると要約力が身につきます。日常会話の中で披露する機会はそう多くはないでしょうけれど、日常の場面を想定しながらことわざを考えると、機転の効き方が違ってきます。

続きを読む

「まとめる」の英語表現を意味ごとに使い分ける

ひとつの言葉が含む意味の範囲・幅広さが、英語と日本語とでは大きく異なる、という表現は結構たくさんあります。たとえば「まとめる」などもその例に挙げられます。

物理的な「結束」、抽象的な「要約」、精神的な「団結」、等々、日本語の表現は複数の次元において「まとめる」の語が使えますが、英語ではそれぞれ対応する別個の表現で言い直してやる必要があります。
続きを読む

英会話で使う日本語の「なるほど」のニュアンスが示せる表現フレーズ集

日本語の日常会話ではしばしば「なるほど」という相づち表現が使われます。なかなか便利な表現です。英語でも同じような相づちを打てるようになりましょう。ただ、ニュアンスに応じていくつか表現を使い分ける必要がありそうです。

日本語の「なるほど」は、基本的には、相手の話に対して理解・納得したことを示します。賛成しかねる場合にも「君の言いたいことは分かった」と前置きする意味合いで「なるほど」と言ったりします。その辺のニュアンスを踏まえれば、英語の置き換えもできそうな気がしますよ。

続きを読む

英語で表現する日本語表現「また」のニュアンス

日本語の「また」は、英語に訳せそうで訳しにくい表現です。英語で「また」のニュアンスを正しく表現するには、まず日本語の「また」のニュアンスを正しく知る必要があります。

しかし英語で「また」に相当する表現を使い分け、使いこなすことは、難しいことではありません。使い慣れた日本語表現に改めて意識を向け直せば、自ずと対応する英語表現が見えてきます。

続きを読む

もっと先のページを見る:10203040506070



WebRTCで無料英会話