英語で表現する主な「部署名・役職名」一覧

ビジネスシーンでは自分や相手の所属に関する情報として部署名あるいは役職名に言及する機会が多々あります。企業における部署名を英語でどう表現するのか、一般的な言い方をひととおり把握しておきましょう。
続きを読む

英語の文章に合う「欧文フォント」選びの基礎知識

活字はフォント(font)つまり書体によって文書のパッと見の印象が大きく変わります。フォントを変えてみると文章の雰囲気も変わり、「それらしさ」が出てきます。

英語の文書に使えるフォント(欧文フォント)の種類は膨大な数に上りますが、あまり凝り過ぎるのも考え物です。まずは代表的な種類を知っておくくらいが丁度よいでしょう。

続きを読む

英語の助動詞表現「used to」の意味・用法・用例おさらい

英語の助動詞表現 used to は、主に「過去の習慣的動作」や「過去の継続的状態」といった意味で用いられます。あらためて用法・用例をおさらいしましょう。

used to が取り得る意味の幅はさほど広くはなく、他の助動詞と比べれば把握しやすい部類です。「過去の習慣的動作」という点では助動詞 would との使い分け方に戸惑いがちです。比較しつつ区別をつけてしまいましょう。

続きを読む

「~を担当しています」と英語で表現する言い方

日本語の「担当」に対応する英語表現は、「職責の有無」という要素を加味して表現を選ぶのがコツです。

部署やプロジェクトを監督する立場という意味で「担当しています」と述べるのか、それとも、部署の一員・イチ担当者という程度の意味で「担当です」と述べるのか。この辺のニュアンスで適切な表現が違ってきます。

続きを読む

英語の助動詞表現「have to」の基礎イメージと覚え方・使い方

英語には色々な助動詞があります。「have to」も助動詞として機能する表現です。他の助動詞よりも扱いがややこしい部分があります。意味と用法を改めておさらいしましょう。

have to は主に「義務」や「確信度の高い推量」などの意味で用いられます。似た意味は must をはじめとする他の助動詞でも表現できます。さらに have to は、時制に合わせて語形を変えるという厄介な要素があります。

「have to は助動詞」という捉え方を少しだけ緩めて、「have+to の組み合わせで助動詞的に用いられる(言うなれば準助動詞的な)表現」という風に捉えてみる方法はアリでしょう。そうすると have to の意味・用法の異質さが少し和らぐはずです。
続きを読む

「客」「顧客」「買い物客」等を英語で場面別に表現する言い方

英語で「お客」を表現する言い方は複数あり、「どういう種類の客か」という観点で言い分けられます。乗客・観客・訪問客といった表現それぞれに対応させる使い分けが必要です。

日本語では「訪問」も「買い物」も、広い意味の「客」に包含されますが、英語ではどちらかというと行動の方に焦点を当てて「訪問客」「買い物客」と表現する感があります。

続きを読む

英語で「簡単・楽勝・朝飯前」を表現するユニーク慣用表現

英語で「簡単」は easy や simple と表現できます。It is easy. とでも言えばひとまず伝わります。でも、どうせなら「朝飯前」くらいの余裕のある感も伝えたいところ。

苦もなくできる、簡単にこなせる、お安いご用、失敗するはずがない。そんなニュアンスを込めて「簡単」「余裕」を表現できる英語独特の言い回しを身に付けてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

「引っ越し」「部屋探し」を英語で表現するキーワード

英語で「引っ越し」は moving の1語で表現できます。動詞 move は、基本的には「動く」「動かす」という意味で用いられますが、「転居する」「引っ越す」という意味でも用いられます。

自動詞としても他動詞としても使えるので、表現も融通が利きます

I’m moving next weekend.
来週引っ越すのよ

事務所の移転などは moving でも表現できますが relocating と表現してもよいでしょう。

続きを読む

もっと先のページを見る:1020304050607080



WebRTCで無料英会話