Tag Archives: とっさの一言

英語で「気をつけて」と表現するニュアンス別の言い方

日本語の「気を付けて(ください)ね」という表現は、文脈に応じて意味合いやニュアンスが違ってきます。英語では意味・ニュアンスごとに表現を選べます。

注意を促す意味合い、あるいは、配慮の気持ちを伝える意味合い、等々、場面に応じて表現を選びましょう。悩んだらとりあえず take care か  be careful と表現しておけば無難に通じます。
続きを読む

英語で「それは違う」と伝える、批判・非難の英語表現

英語圏では、意見の不一致や対立が生じた場合、ただ堪え忍ぶ(異見を抑え込む)よりも自分の見解をしっかり表示する方が好まれる傾向にあります。言うべきことは言いにくくても言う勇気を持ちましょう。そして、そのための表現を知っておきましょう。

相手に非があると指摘したり咎めたりする発言は、それ自体、ネガティブな発言として響きます。感情をまき散らす憂さ晴らしには陥らないよう注意して、対話を通じた前向きな状況改善を目指して伝えるようにしましょう。

続きを読む

英語で「忘れる」「忘れた」と表現する状況別うまい言い方

英語で「忘れる」「忘れた」と表現する場合、たいていは動詞 forget を使って無難に表現できます。ただし「~に置き忘れて来た」という場合は leave の方が適切です。

forget は、いざ文章中で使うとなると細かい疑問がいくつも生じるタイプの言葉です。「し忘れた」という場合に forget to do と言うべきか forget doing と言うべきか、あるいは、時制は現在形でよいのか過去形にするべきか等々。改めておさらいしましょう。

続きを読む

英語で「I’m sorry」と謝られた場合の「返答」に使えるフレーズ集

英語で I’m sorry. と言われる機会があったら、言われたまま無返答にするよりも、状況に応じて適切な言葉を返してあげましょう。

英語の I’m sorry. は、日本語の「すみません」以上に謝罪のニュアンスが色濃い、とはよく言われます。つまり、I’m sorry. の一言が出てくる場面は、相手がはっきりとお詫びの気持ちを伝えているということです。

でも難しく考える必要はありません。「ごめん」と言われた場合に返す一言を英語で表現できさえすればよいのです。

続きを読む

英語で「食感」を表現する言い方・網羅版

料理の食感は味や香りと並ぶ重要な要素です。食感は食べる行為の快感そのもの。英語では食感を texture あるいは mouthfeel といいます。

英語にも食感を表現する表現は豊富にあります。食が進む食感、ちょっとクセのある食感、日本人にはなじみの薄い食感もあります。

食べ物の感想を上手く表現して共有できると、食事がいっそう楽しくなります。

続きを読む

英語で表現する「助けて!」「危ない!」緊急時のとっさの一言

緊急事態はだしぬけに訪れます。英語で「助けて!」や「誰か警察を!」のような一言をとっさに言えるように、言い方を身につけておきましょう。どのフレーズもシンプルで簡単です。

不意に事件や事故に巻き込まれそうになった瞬間、注意を促したり助けを求めたりできるチャンスは一瞬です。言い方を考え巡らす余裕はありません。頭が真っ白になってうまく考えられなくなる場合もありがちです。意味解釈より先にフレーズだけ憶えておいても損はないでしょう。

続きを読む

英語で「教えてくれてありがとう」と感謝を伝えるフレーズ集

英会話の実践練習の中で、分からないことが出てきたら、すかさず相手に質問しましょう。質問を会話ネタにして話を続けるのです。

「英語が分からない」初心者が最初に覚えるべき対応法と英語フレーズ

そして、教えてもらったら心から感謝を込めて「教えてくれてありがとう!」と伝えましょう。余裕があれば、どの点に感謝しているか言い分けられるようになりましょう。

続きを読む

海外で電話を使う用意、携帯レンタルその他の手段

157948682

海外に出かける際にはケータイやスマホといった通信手段の用意が欠かせません。緊急時の連絡手段として、ウェブを通じた情報収集ツールとして、現地で知り合った人と交流を保つ手段として。モバイル端末を用意して大いに活用しましょう。

海外で携帯通信サービスを利用する方法は複数種類あります。かなりの長期滞在、を念頭に置くのでなければ、いわゆる「レンタル携帯電話」「携帯電話レンタル」サービスがお手頃です。

続きを読む

英語で「もちろん」「もちろんですとも」と表現するニュアンス別英語フレーズ集

日本語の「もちろん」に対応する英語表現としては、of coursesure が思いつきます。certainly などもあります。これらの表現にはそれぞれ微妙に異なるニュアンスがあります。

この「もちろんだよ」「もちろんですとも」は相手の気持ちに応える表現です。微妙なニュアンスまで踏まえて使いこなせると、コミュニケーションも充実した気持ちのよいものになるでしょう。

続きを読む

英語で伝える「休みます」欠勤・休暇の英語フレーズ

英語にも「休み」を表現する言い方は色々あります。状況や使用場面によって適した表現が違いますが、具体的に知っておきたいのは会社を休む(欠勤する)という場面でしょう。

会社をお休みするという点に焦点を絞って「休む」表現をおさらいしてみましょう。
続きを読む

英語で相手を「頑張ってね」と元気づける力強いフレーズ9選

381284086

「頑張って!」と言ってくれる友人の言葉は誰の心にもしみるもの。友人が気落ちしていたり不安を抱えていたりといった様子を見せているなら、ポジティブな励ましの言葉を贈って元気を分けてあげましょう。英語なら場面に応じていくつかのフレーズが使えます。どれも短くて力強さのある言葉です。

友人の様子がいつもと違っていて、とりあえず「どうしたの?」と尋ねてみる場合なら、What happened?  の一言で「どうしたの?」「何かあった?」と問いかけられます。あとは相づちを交えて聞き役に回りましょう。悩みや不安は誰かに打ち明けるだけでも心が楽になるものです。そして最後に景気の良い一言を贈ってあげましょう。

続きを読む

英会話上級者っぽく「間を埋める」英語の相づち表現

shutterstock_321543995
会話中に挟まれる「相づち」は、コミュニケーションを円滑にする意味で重要な要素です。特に何気ない日常会話は、話し手と聞き手の双方で話題を進めていくものですから、相づちによって反応を示すことは欠かせない要素といえます。

適切なタイミングで適切な相づちが打てると、会話も弾みますし、英語をよく心得ている人だねという印象を持ってもらえます。多少は学習優先度を上げてみてもよいかもしれません。

続きを読む




WebRTCで無料英会話