【まとめ】英語の類義語・英語の類似表現の記事一覧

英語の類義語・英語の類似表現に関連してる記事をまとめたよ!

英語でバカさの度合いを言い分ける7つの英単語

英語には頭の良し悪しを形容する表現が沢山あります。「頭のよさ」を表現する語もあれば、「頭のわるさ」を表現する語も豊富です。

【英語】「頭がよい」を表現する英単語が多すぎる

愚かさ・バカさにも色々なニュアンスがあります。腹立たしい愚かさ、許せるおバカさ、呆れてしまうような能なし加減など。英語の形容詞はこうしたニュアンスの違いを一語で言い分けられるものが少なくありません。

続きを読む

辛いもの好き必見、英語の「辛い」は種類が豊富【まず覚えたい6単語】

日本語では「辛い」と表現される味覚。一口に「からい」といっても、食材や料理によってさまざまなタイプの「辛さ」があります。

英語では、辛さの内容の応じて使い分けることのできる複数の表現があります。スパイスが効いている、塩っ辛い、ピリっと辛い、というような辛さを一語で言い表現できます。

続きを読む

英語で「ナゼ?」を「why」でなく「how come」で表現できるとカッコイイ

理由を尋ねる「なぜ?」「どうして?」を英語で表現するなら、まずは「Why ?」の一言が思い浮かびますが、ここで why の変わりに「How come (~) ?」と表現できると、こなれた雰囲気が出せます。

how come は大体 why と同じ要領で使えます。とはいえニュアンスや使用場面には少しだけ注意も必要です。

続きを読む

【英語】speak・say・talk・tell の違いと使い分け方

英語で「話す」「しゃべる」といった意味をもつ動詞は、基本的な語彙だけでも複数あります。たとえば「speak」「say」「talk」「tell」。それぞれ意味が似ていて、違いを明確に区別しにくい語です。

「speak」「say」「talk」「tell」はいずれも「伝達動詞」と呼ばれます。基本的には、【1】聞き手(話し相手)の存在を想定しているかどうか、【2】話す行為と内容のどちらに焦点が置かれているか、という2点で区別し使い分けることができます。

ポイント

  • speak:聞き手を必要とせず、話す「行為」に焦点が置かれる
  • say:聞き手を必要とせず、話す「内容」に焦点が置かれる
  • talk:聞き手を必要とし、話す「行為」に焦点が置かれる
  • tell:聞き手を必要とし、話す「内容」に焦点が置かれる

続きを読む

英語で「気をつけてね」と伝える表現「Be careful」と「Take care」の違いと使い分け方

日本語の「気をつけて」に相当する、注意を促す際の英語表現には、「Be careful.」や「Take care.」などがあります。どちらもよく用いられる一般的なフレーズです。

「Be careful」と「Take care」は、日本語にしてしまうと区別がつきませんが、それぞれニュアンスや使用場面が異なります。
続きを読む

英語フレーズ「Can you speak Japanese?」は相手を傷つける。そのワケとは

日本を訪れる外国人旅行者の中には、意外と流暢に日本語を使いこなす「きっての日本通」の方も多くいます。他方、声をかけるフレーズとして「すみません」くらいは知っているけれど、特に日本語が話せるわけではないという方だって多くいます。

外国人旅行客と話す機会があれば「日本語は話せますか?」のように尋ねる場面もあるでしょう。でも、その尋ね方には注意が必要です。
続きを読む

英語基礎4動詞マスター総集編【come / go / bring / take】

英語の基本的な動詞は、簡単なようでいて、実は最も理解の難しい言葉です。それは、英語という言語の根幹にあって英語独特の考え方が最も色濃く反映されている言葉だからです。

初歩的で基礎的な言葉ほど、単純な日本語への置き換えではなく言葉の持つ細かいニュアンスを理解する必要があります。逆にいえば、基礎的な言葉を正しく理解することがネイティブの思考に近づく大きな一歩なのです。

続きを読む

雨がどれほど降っているかを言い分ける英語表現

天候は、会話で話題にしやすい便利なネタです。特に雨が降っているときなどは「いや~降りますね」なんて声をかけやすいものです。

「雨が降る」を英語でいえば「raining」が基本ですが、他にも雨の降りっぷりを形容する英語表現があります。場合に応じて使い分けられると、話も弾むでしょう。

続きを読む

英語で 「カワイイ」と表現するニュアンス別うまい言い方

「かわいい」(可愛い)という言い方は、とても幅広く使える言葉です。女の子、幼い子ども、動物、アクセサリー類、あるいは男性についても「かわいい」と形容することがあります。

「かわいい」には日本独特の感じ方や考え方が見られ、そっくりそのまま対応する英語はなかなか見当たりません。英語で表現するなら表現をちょっと工夫する必要がありそうです。

続きを読む

英語表現「He seems nice.」と「He seems to be nice.」の違いと使い分け方

He seems nice. He seems to be nice. は、どちらも日本では「彼はいい人らしい」という風に訳されがちな文章です。また、前者「He seems nice.」は後者の「He seems to be nice.」を省略した表現とも解釈でき、その意味では2つの表現の間に大きな違いはないともいえます。

ただし、「to be」の有無によって、言葉の響き・リズムはもちろん微妙なニュアンスもやはり違ってくる部分はあります。

続きを読む

英語の「must」「have to」「should」の基本的な使い分け方

英語の助動詞「must」「have to」「should」は、どれも「~しなければならない」という《義務》の意味を示す助動詞です。意味や用法の違いは曖昧になりがちですが、たとえば「強制の強さの度合い」などに違いが見出せます。

ニュアンスの程度の違いを正しく把握できれば、文脈に応じて must、have to、should、あるいはその他の助動詞のうち、どの助動詞を用いるべきか、判断しやすくなります。
続きを読む

「between」と「among」の違いと使い方

「基礎的な英語だけど違いや使い分け方がよく分からない」という英語表現はたくさんありますが、「between」と「among」などはその代表例といえるでしょう。

「between」と「among」はどちらも「~の間に」「~の中の」といった語に訳せます。抽象的なイメージにはなりますが、単語のニュアンスをしっかり把握してしまえば、使い分けに戸惑うことはなくなるはずです。

続きを読む

否定疑問文で「many」と「a lot of」を使うときの話し手の意図の違い

521609056

「many」と「a lot of」はどちらも「たくさんの」という意味の形容詞です。日常生活で使う疑問文や否定文には「many」を用いるのが一般的ですが、否定疑問文では話し手が予想している答えに応じて、「many」と「a lot of」の使い分けができます。

続きを読む

「What do you think?」と「How do you think?」の違いとは?「what」と「how」の使い分け方

英会話の中で「どう思いますか?」と相手に聞きたいときは、「What do you think?」と問いかければ伝わります。直訳すれば「あなたは何を考えますか?」のようになるでしょうか。

「What do you think?」と混同しがちなフレーズに「How do you think?」があります。「what」と「how」が違うだけですが、1語違いは大違いです。

「What do you think?」と「How do you think?」の違いを理解するためには、まず「what」と「how」の性質を理解しなくてはなりません。両者の違いを理解すればおのずと両表現を使いこなせます。

続きを読む

「言及する」を意味する「mention」と「refer to」の違いと使い方

「mention」と「refer to」は、どちらも「言及する」「話の引き合いに出す」といった意味をもつ語です。日常の英会話でも、「~について言う」という表現をしたい場合によく使います。ただし、「mention」と「refer to」はニュアンスが少し違います。そのため、英会話で「~について言う」と言いたい時は、「mention」を使うべき時と「refer to」を使うべき時を区別しなくてはいけません。

続きを読む




WebRTCで無料英会話