【まとめ】英語の類義語・英語の類似表現の記事一覧

英語の類義語・英語の類似表現に関連してる記事をまとめたよ!

「そして」「それでね」と英会話で話を続けるつなぎ表現

日本語の「そして」はある事柄に続いてもう一つの事柄が追加される時に用いる接続詞です。「ミカンとそしてリンゴ」のような付加・追加の意味で使う「そして」を英語になおすならば接続詞のandが訳語として対応します。ただし、andばかり繰り返していては稚拙なイメージになってしまいます。付加の意味を表す他の表現も知ってバランスよく使えるようにしましょう。 続きを読む

英語で「相談する」「相談に乗る」ために必要な英語表現

自分が相談するとき、また相手の相談に乗るとき、それぞれの英語表現について学びましょう。

お医者さんなどの専門家に相談するのか、それとも友人に気軽に相談するのか、相談の種類によって使われる英語表現は異なります。

続きを読む

「計算」を英語で意味する単語の種類と使い分け方

英語で「計算する」と表現する場合、いくつかの英単語を意味合いに応じて使い分ける必要があります。単語の種類と、各英単語を使う場面を把握しましょう。

算数・数学の「値」や「計算式」の読み方も把握しておけば、数字や計算式を見聞きしてもひるむことはそうそうなくなるでしょう。

続きを読む

「予定」について話す時に使える英語表現

「予定」そのまま英語に訳すと plan です。「プラン」は日本語としてももはや定着していると言えるでしょう。

しかし、予定を表したい時 plan 以外にも schedule など違った表現方法もいろいろあります。話の内容によっては plan を使うと不自然に感じることもあるので、いろいろな表現方法を駆使してネイティブの英語に少しでも近づきましょう。

続きを読む

「念のため」を英語で表す言い方と、そのカジュアル、フォーマルの使い分け方

英語で「念のため」と言うにはいろいろな表現があります。どのようなシーンでも対応できるようなものから、シーンごとに自分で考えて使い分けなければいけないものまであります。

また、それら表現の中でもカジュアルなものからフォーマルなものまであり、すべて「念のため」と訳すことができるとは言え、なかなか複雑です。戸惑わないように体系立ててこれらの違いを捉えましょう。

みんなの回答:念のために。は英語でどう言うの?
続きを読む

「おすすめ」を英語で尋ねる言い方・表現・フレーズ集

海外の不慣れな場所では、「あなたのオススメは?」のように尋ねる英語のフレーズが重宝します。ぜひ使えるようになっておきましょう。

海外の現地の事情は、現地に暮らしている人にはかないません。お食事、お買い物、観光の見ドコロ、交通手段の選び方からチケットの買い方まで、何にしても、機会があればという前提つきではありますがオススメを尋ねてみたいものです。

続きを読む

英語で「示す」「見せる」を意味する動詞のニュアンスの違いと使い分け方

「示す」「見せる」といった意味で用いられる英単語は、基礎的な動詞だけでも複数あります。最も基本的な表現としては show が挙げられます。その他にも複数の、より具体的なニュアンスを含んだ単語があります。

意味の似た表現を正しく理解して使い分けることは難しいものです。しかし他方、類義語や意味の似通う表現は、並べて比べながら学んだ方が記憶に残りやすく、違いも把握しやすかったりして、お得です。

表現のバリエーションと意味合いの違いを見比べつつ、効率的に単語力を上げて参りましょう。

続きを読む

英語で伝えるニュアンス別の「良い人」という表現

「良い人」と言いたいとき、どのような英単語を使いますか?「親しみやすい」のか「慈悲深い」のか、それとも「単に良い人に見えるだけ」なのか…。「良い人」を的確に表現するために、様々な英単語を学びましょう。
続きを読む

英文メールに使える英語の「お礼」の伝え方表現集

メール(Email)で伝えるお礼の言葉は、じっくり読まれる媒体だけに、表現にも少し工夫を加えたいところ。Thank you. や Thanks. といった基礎的な表現をマスターしたら、さらに幅広い英語のお礼の表現にも挑戦してみましょう。

メールでのコミュニケーションは、互いに居合わせる状況ではない以上、具体的に明示的に記述することを意識するとよいでしょう。 続きを読む

紛らわしい英単語「statute」「statue」「stature」の意味と違いとは

There is a statute for the statue which stature is high.

この文には statue のような綴りの単語が3回ほど登場しますが、これは同じ語ではなく、綴りの紛らわしい別個の単語です。「statute」「statue」「stature」。

紛らわしい単語は対比してまとめて覚えてしまいましょう。
続きを読む

「I think that ~」の think にニュアンスを加味する代替動詞4つ

think は「考える」と訳される動詞です。自分の意見を述べる場合には「I think that~」のように表現できます。

I think  (that) it’s okay.
いいと思うよ

しかしながら、考えにも自信の度合いの違いがあります。意見に強い自信(確信)があったり、逆に自信がなかったり、といったニュアンスを加えたい場合には、believefeelsupposeguess などの語で think を代替してみてみるとよいでしょう。
続きを読む

英語で言い分けるカバン(鞄)の種類、ビニ袋、手提げ、ハンドバッグ

英語で「カバン」(鞄)を何といいますか、と問われたなら、まずは bag が思い浮かぶでしょう。日本語の「カバン」に該当する道具の大半が英語で bag と表現できます。ちなみに、 bag は印欧祖語で「荷を積む(load)」という意味の単語を語源としています。

しかしながらカバンにも色々種類があり、用途や形や素材などによってその名称も変わってきます。カバンはカバンでも、「スーツケース」や「リュックサック」といった細かい区分を指す場合には、表現を使い分けてやる必要があります。

続きを読む

英語の前置き表現「どちらかと言うと」ニュアンス別4フレーズ

何かを選ばなければいけないとき、または相手から意見を求められたとき、自分の意見を控えめに伝える「どちらかと言うと」という前置きは便利な表現です。英語では、「どちらかと言うと」に対応する表現が複数あり、その時の話題や文脈によって使い分けることができます。
続きを読む

英語で「デブ」「ほっそり」「ちび」を表現する言い方

体型を表現する語にもポジティブな語、ネガティブな語、特に肯定否定のニュアンスを伴わない語があります。こうした言葉に関する知識は、意図しない失礼な発言を避けるためには必要な知識と言えるでしょう。

相手の体型を評するような話題は基本的には失礼な話になりやすいので、基本的には避けた方が無難ではあります。

続きを読む

「それは残念」と表現する場面別の英語フレーズ

会話の中で「残念」と述べる場合、日本語では一様に「残念」の語を使っていても、そこに込められる意味合いは文脈によって違ってきます。

たとえば、自分は落胆しましたと伝える場合。あるいは、落胆している相手への共感を表明する場合。誘いや提案を断る場合の前置きとしても「残念ですが」のように言います。

日本語の「残念」を英語で表現する場合、シチュエーションに応じて語彙を選び、使いわける必要があります。

みんなの回答:「それは残念」は英語でどう言うの?
続きを読む

英語「different」に続く語は from、than、to、どれも正しい

different は「違う」「異なる」「別の」などのような意味をもつ基礎的な形容詞です。よく例示される構文には「A is different from B」(AはBとは異なる)のような文があります。「different +from + (代)名詞」と記憶している方も多いのでは。

でも「AとBとは異なる」と述べる場合に different に続けて配置する前置詞は、from ばかりとは限らないのです。英語としては《than》および《to》も、まったく同じように使えて、いずれも正しい英語表現と見なされています。

  • different from
  • different than
  • different to

細かく使われ方を分析すると、 国によって、from、than、to、のどれが好んで使われるかのおおよその傾向があるようです。

続きを読む

英語「many men」と「many a man」の意味の違いと使い分け方

形容詞「many」には、many men のようにシンプルに名詞に係る言い方の他に、many a manmany a time のように冠詞を伴って「many a + 名詞(単数形)」という形を取る言い方があります。

日本語に訳して理解を試みるような思考プロセスでは、「many ~」と「many a ~」のニュアンスの違いはどうしても 見落としがちになってしまいます。

many a ~ という表現に出会ったら、少しニュアンスに注意して読み進めてみましょう。

続きを読む

お店を利用した際の「Thanks.」「Thank you.」の場面別使い分け方

「ありがとう」に対応する英語フレーズとしては Thanks. および Thank you. が基本です。意味は同じ(ありがとう)ですが、ニュアンス上はフランクさの度合いに少し差があります。

一言でいうと、Thanks. はややフランク、 Thank you. はやや丁寧、というニュアンス差があります。

お店を利用した際の「ありがとう」は、お店の格式や雰囲気によって使い分けられると最高です。

続きを読む




WebRTCで無料英会話