ビジネスもカジュアルも。メールで使う挨拶文をマスター

メールの書き出しは挨拶(あいさつ)から入る形が定番です。これはビジネスメールでもカジュアルなメールでも同じです。メールの冒頭の挨拶には、本題に進む導入の役割があります。あいさつ表現の種類と選び方を知って最高のメール術を身につけましょう。
続きを読む

英語で日付を表現する方法

海外旅行をしたときや、友達からお土産でもらった外国産のお菓子の賞味期限を見たとき、いつの日付なのかすぐに判断できなかったことがあるかもしれません。

実は、同じ日にちを扱うとしても言語によってその表記の仕方は異なります。

ビジネスシーンでも必要になる英語での日付の表しかたについて、様々なパターンを参照してみましょう。

続きを読む

スマホ向け無料の英語学習アプリで英会話スキルを身につける

スマートフォンが生活に欠かせないツールとなって久しい今日この頃。スマホ向けアプリにも教育・学習に活用できる多数の便利アプリが登場しています。無料で利用できるアプリも多数。積極的に活用して効率的に英語を学びましょう。

続きを読む

英文メール・ビジネスメールの「件名」の正しい書き方

電子メールの件名=タイトルは、最初に目にする要素でもあり、メールの内容や重要度を判断する手がかりとなる、とても重要な部分です。特にビジネスメールでは、タイトルの書き方の定番パターンを踏まえたメールを作成することが大切です。

件名を読んで重要度が高いと思われれば、メールは《すぐに読む》べきと判断されます。趣旨の不明瞭な件名だと《あとで読む》程度の優先度で捉えられてしまいます。さらに要領を得ない件名の場合、迷惑メールの類と判断され《読まない》対象と判断されかねません。

英文ビジネスメールの件名は、そのメールの命運を左右するといっても過言ではないのです。

ビジネスメールの書き方のコツを把握して、作法に則した、「読まれるメール」作りをマスターしましょう。

続きを読む

TOEIC(R)テスト試験対策の概要と効率的な英語学習法

ビジネスの場面で英語能力を示し、就活や配属に有利となるTOEIC(R)テスト。グローバル化が叫ばれている中、受験生としても企業としてもTOEICテストを利用するメリット・デメリットや、高得点を取る効率の良い方法は是非とも知っておきたいものです。

続きを読む

英語で会社の役職名はなんて言う?CEOは何の略称?

ビジネスで英語を使う機会は増えつつあります。海外企業とのやり取りでは、肩書き・役職名もきちんと英語で踏まえておきたいものです。英語の役職名は連絡を取る際には必須の情報です。

会社組織の構造や役職の種類・呼び名は、英語圏と日本では必ずしも一致しません。日本の役職区分と比べてかかり大まかで包括的な役職もあれば、逆に日本の区分よりもかなり具体的で限定的な職務の役職もあります。

役職名を正しく知ることで組織のあり方も見えてきます。日本語訳と対応づけて覚えてしまおうとせず、それぞれの呼び名を英語として理解してしまいましょう。
続きを読む

語学留学で英会話スキルを伸ばし絶対に後悔しないためにするべきこと

留学は英語力を思い切り伸ばせる学習方法です。しかし、ただ海外に留学したとうだけで勝手に英語がレベルアップしてくれるわけではありません。留学で期待した結果が出せず後悔したりしないように、必要な準備を整え、万全の体制で留学を成功させましょう。

海外留学・語学留学は、おそらく実践的な英会話スキルを習得するための最高の方法のひとつです。国内で取り組む英語学習とは濃密さの度合いが格段に違います。これは「英語で直接考える」という思考プロセス(いわゆる英語脳)の獲得において決定的に有利な環境です。

続きを読む

英語の自己紹介に使えるフレーズ集で英会話力を上げる

挨拶(あいさつ)と自己紹介は、出会った相手と最初に交わすコミュニケーションの出発点です。これは英会話でも同じです。英語の自己紹介フレーズも、内容は日本語の自己紹介と同様ではありますが、定番といえる英会話フレーズが多くあります。

自己紹介によく使われる英語表現を知っておくと、話題も広がりやすく、その後の会話も弾みます。場面に応じて表現を使えるよう備えておきましょう。

続きを読む

英語の「道案内」ができるコツと英会話フレーズ

日本を訪れる外国人観光客の数は年々増加しています。都市部では英語での会話フレーズを耳にすることももはや珍しくありません。これは街中で英語で道を聞かれる可能性も高まっているということでもあります。

道を教える英語表現は、基本フレーズを押さえておけば大丈夫というわけにもいかず、多少のコツのようなものが必要です。でも難しく考える必要はありません。「道を教えてあげたい」という気持ちがあれば、英語の道案内もきっと成功します。

続きを読む

英語に関する本を駆使して話せる英会話を身に付けよう!

英語学習のための本、どう使ってる?

英会話や英語を学ぶ際には書籍を使った学習が度々行われます。

しかし、英語の本の種類は洋書・参考書・単語帳・辞書など実に多様であり、実際にどの本を使って、どのように学習するのが良いのかの判断が難しい傾向にあります。

本屋に行けば、数列にもわたり「英語特集」の棚が組まれているのは周知のとおりです。

どうやったら英語の本を有効活用して英語力を上げ、英会話を上達させることができるのでしょうか。
続きを読む

ディズニーの人気曲「Part of Your World」の英語歌詞から学ぶ口語表現

英語の口語表現を楽しく身につける学習法として、ディズニー作品の主題歌・挿入歌を聞く方法があります。ディズニー作品に使われる楽曲の英語歌詞の多くが、英会話でよく使う表現を含んでいます。

例えば、1989年公開のディズニー映画「The Little Mermaid」(リトル・マーメイド)の挿入歌「Part Of Your World」。あらためて聞いてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

和製英語?じゃない「オールラウンド」(all-round)はネイティブも使う英語表現

和製英語に要注意! それはネイティブが使わない英語・ネイティブに通じない英語です。

和製英語を意識し始めると、ある程度「和製英語っぽい言い方」が嗅ぎ分けられるようになってきます。そうなると、一部の適切な英語表現も和製英語かな?と早合点して避けてしまう状況が起こり得ます。

オールラウンド」(all-round)も、何だか和製英語っぽい響きがあり、でも実際に英語として正しく用いられている表現のひとつです。

続きを読む

高校の英語教師の英語の実力、政府が報告

文部科学省が「英語教育改善実施状況調査」と題する報告書を毎年公表しています。2003年度から行われている取り組みです。

この「英語教育改善実施状況調査」は、公立の小・中・高校を対象とし、生徒、教師、ALT(外国語指導助手)や学習補助機材の活用状況なども含めた、英語教育の実情が取りまとめられています。

2016年4月、昨年度(平成27年度)調査の結果が公表されました。

続きを読む

もっと先のページを見る:10203040506070



WebRTCで無料英会話