TOEICテスト受験に使用する筆記用具を正しく選ぶ

TOEICテストは選択問題をマークシートに記入する回答方式が取られています。マークシートに記入する際に用いる筆記具としてはHBの鉛筆もしくはシャープペンシルが公式に推奨されています。

最近の「消せるボールペン」ではなぜいけないのか?という疑問も起きそうなところですが、HB鉛筆やシャープペンシルが推奨される理由はちゃんとあります。正しく背景を理解し、最適な筆記具で試験に挑みましょう。

続きを読む

英語が苦手な大人も子供も、英会話DSソフトで意識改革

英語を何とかしたいけど、どうしても苦手意識があっていつまでも始められない。参考書やテキストを目の前にしてもやる気がおきない。そんな状況を打開する手段として、ニンテンドーDS(通称DS)の英会話ソフトを使ってみるのも一案です。

続きを読む

英語と日本語で発音のギャップが激しい都市名20【ヨーロッパ編】

日本語における外来語・カタカナ表記の固有名と、同じ対象を指す英語とは、必ずしも発音が一致するとは限りません。それも、微妙に発音が違うというレベルでなく、発音を聞く限り関連づけが困難なほど違っている語も沢山見られます。

外来語は英語に由来する言葉とは限りません。特に地名や国名は、ご当地の言語で言い表されたご当地の呼び名が多く採用されています。意外と日本語は原語に忠実なのかしら?という印象も出てくるかもしれません。
続きを読む

とっさの場面で使える喜怒哀楽などの感情を表す表現

感動詞感嘆文と呼ばれる表現は、思考を巡らさず反射的に「口をついて出る」種類の表現であり、その意味で語彙力・表現力が試されます。

感動を思わず口にする表現は多分に口語的であり、学校で学ぶ機会はなかなかありませんが、日常生活ではひんぱんに用いられます。感情に即した表現がとっさの場面で使えるようになっておくと、コミュニケーションも円滑になり、また「思考の英語化」も促進されます。

続きを読む

格安インターネット英会話レッスンがフィリピン人講師ばかりのワケ

いわゆる「格安オンライン英会話教室」を売りとするサービスの多くは、Skypeでフィリピンと接続してフィリピン人講師にレッスンを受けます。

なぜアメリカやイギリスではなく、フィリピン周辺のアジア諸国でもなく、フィリピンが選ばれているのか。その理由はいくつか挙げられます。

続きを読む

アニメ作品「聖地巡礼」で感極まった時に役立つ紹介フレーズ集

スタジオジブリのアニメ映画の作品には、空想的で、どこか懐かしい、印象深い風景がたくさん登場します。そうした風景の中には、具体的な都市の街並みや建物がモデルとなっている(と言われている)ものも多く見られます。

たとえば、オーストラリア南部の都市アデレード(Adelaide)のビクトリア広場(Victoria Square)に聳える時計塔。これは「魔女の宅急便」のクライマックスシーンに登場する時計塔のモデルの一つとされています。

続きを読む

表現を間違えやすい英語の基本動詞3選

英語の動詞の中には、初歩的で基礎的な単語なのに使い方が紛らわしく、いつまで経っても使い間違えてしまうタイプの単語があります。その誤りが致命的な誤解を生むことはないかもしれませんが、やはり英語を学ぶ以上、正しく使いこなせるようになって起きたいところです。

特に「前置詞を取るか否か」という部分で特殊さのある動詞は、もともと前置詞が日本語にはない要素だけに、かなり厄介な代物です。

続きを読む

iPhone向け英会話アプリの人気ランキングを見るには

iPhoneアプリには英語学習ツールが沢山あります。英語学習アプリは出先でも布団の中でも使えて便利です。ただ、種類が豊富すぎてどのアプリを選んだらよいか迷ってしまう点は悩みどころ。山ほどある英語学習ツールの中でどれを選べばよいのか。アプリの人気ランキングはひとつの手がかりとして使えます。

続きを読む

紛らわしい英単語「statute」「statue」「stature」の意味と違いとは

There is a statute for the statue which stature is high.

この文には statue のような綴りの単語が3回ほど登場しますが、これは同じ語ではなく、綴りの紛らわしい別個の単語です。「statute」「statue」「stature」。

紛らわしい単語は対比してまとめて覚えてしまいましょう。
続きを読む

英会話を上手につなげる「つなぎ言葉」を使いこなそう

会話の中では、文の前後に少し間が空きます。少し長めに間が空いてしまう場面で、これから発言すると考えている場合、日本語なら「えー」とか「まあ、なんというか」のような言葉を使って間を持たせたりします。このような「間をつなぐ表現」を、英語では filler (「埋めもの」)といいます。

英語にも「つなぎ」に用いるお決まりの表現がいくつかあります。いくつか「つなぎ言葉」を覚えておくと、英会話で言い淀みそうな場面などで《気まずい沈黙》を避けやすくなります。

間をつなぐ表現といっても「uh…」のような声ばかりでは、知性的でない印象を抱かれてしまいます。つなぎ言葉の語彙力を鍛えてスマートに表現できるようになりましょう。

続きを読む

YouTubeの字幕機能を活用して英語学習

YouTubeには「字幕機能」がついています。すべての動画で利用できるわけではありませんが、対応する動画は決して少なくはありません。英語学習に活用できる優れものです。

YouTube字幕つき動画は、無料で視聴でき、何度でも繰り返し見放題、コンテンツも中々にバラエティ豊か。その意味で非常に有益な学習教材になり得ます。試してみる価値アリです。

続きを読む

鎖骨、耳たぶ、脇の下、土踏まず。身体の部分を英語で何という?

英語を学んでいても、いわゆるマジメな勉強の中では、身近で生活くさい英単語や英語表現ほど疎かになってしまう傾向があります。たとえば体の各パーツを英語で何というか。

もちろん「頭」なら head 「顔」なら face 。hand に foot に leg …… といった基本的な部分は、良く知られたところです。では、さらに一歩踏み込んで「耳たぶ」や「脇腹」といった部分になると、どうでしょう。なかなか把握できていないものです。

続きを読む

もっと先のページを見る:10203040506070



WebRTCで無料英会話