【まとめ】英会話の記事一覧

英会話に関連してる記事をまとめたよ!

オンライン英会話の予習復習とは?初心者でも出来る方法をご紹介!

オンライン英会話で活用できる予習復習の勉強方法をご紹介します。
是非日頃の勉強に活用してください。

所要時間15分~20分で出来る予習方法

レッスンを受ける前の予習。実はそんなに多くの時間をかけなくても大丈夫!

予習のポイント

    1)教材に目を通し、レッスンの流れを確認。
    2)分からない語彙を調べておく。Weblio辞書をご利用ください。
    Weblio辞書
    3)教材の質問への回答を準備しておく。
    慣れるまでは英作文しておくと良いでしょう。慣れている方は頭の中で回答をざっくり考えるだけでもOK!

 1)~3)を実施すると、講師への質問がでてくることもあるでしょう。
 質問事項をメモしておき、受講中に講師に質問してみましょう。

上記の1)~3)を15分~20分でご実施頂くのがカギ。予習をしておくことでレッスンのトピックや習う語彙・文法を頭に入れておくことができ、25分間の習得度が上がりますよ。

全体の流れを把握することでリラックスして受講できる、という効果もあります。

短時間で完了するけど、効果抜群なのが予習です。皆さんもぜひ軽く予習をしてレッスンを受けてくださいね。

毎日コツコツ続けることで定着する復習方法

使用した教材や履歴をチェックする癖を定着させる!

復習のポイント

    1)使用した教材を見なおしましょう。
    2)講師からとのチャット履歴を見なおしましょう。
    3)レッスン内のロールプレイや質疑応答等のアクティビティを再度、声に出して練習しましょう。
    ※実際に発声するのがポイント!
    4)新たに習得した語彙や表現を復習しましょう。
    ※書き出すと効果あり。
    5)新たに習得した語彙や表現を使って英作文をしましょう。
    ※普段レッスン中に使える文章を作り、アウトプットする頻度を上げることで定着に繋がります。

    ■ここが大事
    同じ教材を2度以上使うことで復習となり、語彙や表現の定着に繋がります。
    ぜひお試しください。

人間は忘れる生きもの。復習をすることが定着に繋がります。
レッスン受講直後に1回、そして数日空けて再度予習をできると理想的です。

Weblio英会話で出来る勉強方法をご紹介

レッスン時にWeblio辞書を活用しましょう!

Weblio英会話のレッスンルームではWeblio辞書の利用が可能です。
授業で調べた単語を、授業中に登録することも可能なので、授業前後の予習復習に活用することが可能です。
1.Weblio辞書を開き、ログイン
IDとパスワードはWeblio英会話と同じものを使用することが可能です。
ログイン

2.単語帳を作成
Weblio英会話用の単語帳を作成し、使いやすいようにカスタマイズしましょう。
①フォルダの管理で新規フォルダを作成
②名前・用途を記載し、英会話用のフォルダを設定
無料会員の場合、単語帳フォルダは最大2個まで作成可能です。
プレミアム会員の場合、単語帳フォルダは最大200個まで作成可能です。
単語帳の作成

3.レッスンで単語を追加する
調べた単語をその場で登録できるので、後から復習することが可能です。
①調べた単語ページで、「単語帳に追加」をクリック
②フォルダに単語を追加
単語を追加

勉強方法について関するアンケートをご協力ください(所要時間:5分)

英会話学習・英語学習に関する予習復習方法についてアンケートを実施しております

今後のサービス向上に利用させていただきますので、是非ご回答の程よろしくお願いいたします。
予習復習に関するアンケート

大半の日本人が知らない「good luck」の本当のニュアンス

Good luck.(グッドラック)という英語表現は、「頑張ってね」「成功するといいね」という意味合いで使われるフレーズです。

Good luck. は基本的にはポジティブなメッセージです。ただし、状況によっては、「せいぜい頑張れよ」「運が味方してくれることを祈るばかりだな」という皮肉に聞こえる場合もあります。いちおう心に留めておきましょう。

→ 英語の意味に裏がある「嫌味や皮肉で使われやすい」基礎表現

ここがポイント

  • Good luck は相手の成功や幸せを祈念するメッセージ
  • 「応援」や「祝福」を伝えるフレーズとして使える
  • 多分に「運頼み」や「神頼み」のニュアンスを含むので
    文脈によっては意地悪な発言にも聞こえる点に注意

続きを読む

英語で「~など」「とか」「などなど」「その他」「(以下略)」はどう言う?

ここがポイント

  • and so on」「etc.」:まだまだあるよというニュアンス
  • the rest」「others」:残りの部分というニュアンス
  • another」「other」:今ここにはないニュアンス
  • else」:「何か他の」「他の何か」を問うニュアンス

英語で「それ以外」「その他」「~とか」「~など」「以下略」のように表現する場合、ニュアンスに応じて適切な英語表現を部必要があります。

まずは英語にどんな表現があるか確認し、その使い方を覚えてしまいましょう。

みんなの回答:などは英語でどう言うの?

続きを読む

伝聞や推量の「~のようだ」「~だそうだ」を使った英会話フレーズ集

英会話で自分の見解でない情報や不確かな情報を表現する場合には「伝聞」や「推量」の表現が役立ちます。伝聞・推量が使いこなせると、表現の幅がぐっと広がります。

伝聞とは、当人ではなく第三者からくこと。文章表現としては、話者自身の判断ではなく第三者の見解として叙述することを指します。一般的には「~だそうだ」のような言い方で表現されます。

推量とは、状況・背景・心中といった確定的でない事柄をること。文章表現としては、不明確あるいは未確定の状態であることを念頭に置きつつ予想や推察を述べることを指します。一般的には「~のようだ」というような言い方で表現されます。

続きを読む

英語で表現する「最近」「近ごろ」「この頃」の意味の違いと使い分け方

英会話の話題の多くは「最近身近に起きた出来事」でしょう。英語で「最近」「近頃」を意味する言い方には、「lately」「recently」「these days」といった表現があります。

「lately」も「recently」も「these days」も、それぞれ微妙に意味合いや使いドコロが違います。比較しつつ違いをしっかり把握しましょう。

続きを読む

英会話での「Why don’t we~?」と「Why don’t you~?」の使い分け

Why don’t we~?」と「Why don’t you~?」はパッと見た感じではよく似ています。直後に動詞の原型が続くという点も共通しています。ただし、この2つのフレーズの意味は大きく異なります。

しっかり違いを踏まえて使いこなせるようになっておきましょう。

続きを読む

Suica、ICOCA、PASMOなどの「交通系ICカード」は英語でどう言う?

JR東日本の Suica あるいは PASMO や JR西日本の ICOCA に代表される「ICカード型乗車券」は、英語では prepaid transportation cards のように表現できます。「プリペイド式交通カード」と述べるわけです。

場面によっては単に IC card(ICカード)というだけでも十分に何のことか伝わるでしょう。 train cards のような言い方で通じる可能性も十分にあります。文脈次第では electronic tickets のような言い方がバッチリ趣旨を汲んだ表現にもなり得ます。

続きを読む

英語を楽しく気兼ねなく学べる「YouTube英語アニメ公式チャンネル」

海外の映画やドラマは、英語学習にうってつけの媒体です。特に子供向けのアニメーション作品(cartoon)は、英語表現も発音もストーリーも平易で分かりやすいので、英語の事始めには最適です。

動画サイト YouTube には、アニメ作品を公式に配信しているチャネル(公式チャネル)が複数あります。誰もが知っている有名アニメも、公式チャネルで堂々と無料で視聴できます。

続きを読む

「英語が分からない」初心者が最初に覚えるべき対応法と英語フレーズ

英会話の学習は実践こそが最大最強の学習法です。積極的に会話の機会を設けて、実践練習を重ね、そこで得られた知見や反省点を積み上げて行きましょう。

英語の学び始めの段階は、実践練習に手を伸ばすだけでも相当な勇気が要ります。しかし、そんな物怖じは不要です。英語が上手か下手か、なんて全然気にせず果敢に挑んでいきましょう。

しかしながら、「相手の英語が聴き取れなかったら」「相手の言っていることが理解できなかったら」という不安はなかなか払拭できるものではありません。そこで、「ごめん、よく分からない」と相手に伝える表現を、まずは覚えてしまいましょう。

続きを読む

英語で海外レストランを利用する必須英語フレーズ集(予約・入店・注文・退店まで)

海外でレストランを満喫するためには、お店側と十分にコミュニケーションを取れるだけの英語力が必要です。英語力といっても、必要なフレーズさえ押さえておけば無難に攻略可能です。

旅行先でおいしい食事を心行くまで楽しむために、レストラン利用時に使うことになる基本的なフレーズを覚えておきましょう。

一連の手配・注文のフレーズに、英語のメニュー(お品書き)を読むための英単表現を覚えてしまえば、海外のレストランであるという要素など気にせずお食事を満喫できるはずです。

続きを読む

英会話レッスンの種類と効果、継続期間の目安

英語(を含む言語)を身に着けるには、記憶や理解だけではなく、十分な会話の練習が不可欠です。例えば英語なら、つまり英会話の習得を目指すなら、英語話者とのレッスンはとても有効です。

英語を学んで、学んだ英語を実際に駆使することで、自分の言葉として定着させるわけです。

言語の習得は決して一朝一夕に成果が上がるものではありません。膨大な知識をコツコツと積み上げて、記憶に定着させ、かつ、多量のインプット・アウトプットを通じて使い慣れるというプロセスが必要です。

英会話のレッスンにもいろいろな形式があります。街中で先生と対面して取り組める英会話教室。自室でできるオンライン英会話。複数名で取り組めるグループレッスンの方式や、1対1でじっくり教わるマンツーマンレッスンなど。それぞれに長所があります。自分に合った方法を選びましょう。

続きを読む

英語で「お任せします」「あなたが決めて」と伝える英語表現フレーズ9選

自分では判断しかねる場合や、自分としてはどの選択肢でも構わない場合には、同伴者に判断をお任せしてしまうのも手です。

「任せるよ」「あなた次第で動くよ」のように伝える英語表現は、いくつか言い方の種類があり、場面・状況や相手との関係などによって表現を選べます。

不慣れな旅先で現地の友人にリードしてもらったり、案内役として相手の好みを訊ねたり。行動を共にする場面では何かと役立つフレーズです。

続きを読む

海外旅行で使える英語表現27選

海外旅行ではほぼ必ず使うことになる英語フレーズがいくつかあります。場面に応じた表現を一通り知ってしまえば、海外旅行の英語の不安はぐっと減り、余裕をもって旅を楽しめます。

英語を使う必要に迫られる場面といえば、まずは入国手続き、それに交通機関の利用、宿泊施設の手配、あるいは買い物といった場面でしょう。必須フレーズの種類は決して多くはありません。

続きを読む

語学留学で英会話スキルを伸ばし絶対に後悔しないためにするべきこと

留学は英語力を思い切り伸ばせる学習方法です。しかし、ただ海外に留学したとうだけで勝手に英語がレベルアップしてくれるわけではありません。留学で期待した結果が出せず後悔したりしないように、必要な準備を整え、万全の体制で留学を成功させましょう。

海外留学・語学留学は、おそらく実践的な英会話スキルを習得するための最高の方法のひとつです。国内で取り組む英語学習とは濃密さの度合いが格段に違います。これは「英語で直接考える」という思考プロセス(いわゆる英語脳)の獲得において決定的に有利な環境です。

続きを読む

英語の自己紹介に使えるフレーズ集で英会話力を上げる

挨拶(あいさつ)と自己紹介は、出会った相手と最初に交わすコミュニケーションの出発点です。これは英会話でも同じです。英語の自己紹介フレーズも、内容は日本語の自己紹介と同様ではありますが、定番といえる英会話フレーズが多くあります。

自己紹介によく使われる英語表現を知っておくと、話題も広がりやすく、その後の会話も弾みます。場面に応じて表現を使えるよう備えておきましょう。

続きを読む

英語に関する本を駆使して話せる英会話を身に付けよう!

英語学習のための本、どう使ってる?

英会話や英語を学ぶ際には書籍を使った学習が度々行われます。

しかし、英語の本の種類は洋書・参考書・単語帳・辞書など実に多様であり、実際にどの本を使って、どのように学習するのが良いのかの判断が難しい傾向にあります。

本屋に行けば、数列にもわたり「英語特集」の棚が組まれているのは周知のとおりです。

どうやったら英語の本を有効活用して英語力を上げ、英会話を上達させることができるのでしょうか。
続きを読む





WebRTCで無料英会話