Tag Archives: 英会話

英語を楽しく気兼ねなく学べる「YouTube英語アニメ公式チャンネル」

海外の映画やドラマは、英語学習にうってつけの媒体です。特に子供向けのアニメーション作品(cartoon)は、英語表現も発音もストーリーも平易で分かりやすいので、英語の事始めには最適です。

動画サイト YouTube には、アニメ作品を公式に配信しているチャネル(公式チャネル)が複数あります。誰もが知っている有名アニメも、公式チャネルで堂々と無料で視聴できます。

続きを読む

英語で「お休み」(休暇・休日・休憩・休息)を表現する場面別英語表現

148560308

休むことは日々の暮らしの中で重要な要素です。英会話でも話題に上りやすい要素でしょう。ただし英語で表現する際には、「お休み」の種類・性質によって対応する英語表現が違ってくるので注意が必要です。

お休みはお休みでも「仕事がない日」や「定休日」といった意味合いか、「余暇」「長期休暇」といった意味合いか、あるいは「休憩」「息抜き」といった意味合いなのかで、ニュアンスも英語表現も違います。

本当は「体調不良でお休みします」と伝えたかったはずなのに、相手には「お暇を頂きます」とか「旅に出ます」のように聞こえてしまって、あらぬ誤解を招いて……なんて場面はそうそうないでしょうけど、そんな戸惑いを招かぬように、正しい表現を使えるようになっておきましょう。
続きを読む

「英語が分からない」初心者が最初に覚えるべき対応法と英語フレーズ

371754976

英会話の学習は実践こそが最大最強の学習法です。積極的に会話の機会を設けて、実践練習を重ね、そこで得られた知見や反省点を積み上げて行きましょう。

英語の学び始めの段階は、実践練習に手を伸ばすだけでも相当な勇気が要ります。しかし、そんな物怖じは不要です。英語が上手か下手か、なんて全然気にせず果敢に挑んでいきましょう。

しかしながら、「相手の英語が聴き取れなかったら」「相手の言っていることが理解できなかったら」という不安はなかなか払拭できるものではありません。そこで、「ごめん、よく分からない」と相手に伝える表現を、まずは覚えてしまいましょう。

続きを読む

英語で「その他」「~など」「以下略」を表現するニュアンス別の英語表現集

あれ、これ、それ、と並んで「それ以外」「その他」と表現したり、「他にもある」という意味をこめて「~とか」「~など」「以下略」と言う機会は英会話でも多々あります。英語で「その他」「~など」と表現するなら、どんな表現を思い浮かべるでしょうか。

英語と対比しながら日本語の「その他」という表現を顧みると、そこにはさまざまな場面やニュアンスが含まれていることに気付かされます。各ニュアンスに対応する英語の「その他」表現を把握することで、日本語能力にも磨きがかかりそうです。 続きを読む

英語で海外レストランを利用する必須英語フレーズ集(予約・入店・注文・退店まで)

restaurant

海外でレストランを満喫するためには、お店側と十分にコミュニケーションを取れるだけの英語力が必要です。英語力といっても、必要なフレーズさえ押さえておけば無難に攻略可能です。

旅行先でおいしい食事を心行くまで楽しむために、レストラン利用時に使うことになる基本的なフレーズを覚えておきましょう。

一連の手配・注文のフレーズに、英語のメニュー(お品書き)を読むための英単表現を覚えてしまえば、海外のレストランであるという要素など気にせずお食事を満喫できるはずです。

続きを読む

英語で表現する「最近」「近ごろ」「この頃」の意味の違いと使い分け方

watch2

英会話の話題の多くは「最近身近に起きた出来事」でしょう。英語で「最近」「近頃」を意味する言い方には、「lately」「recently」「these days」といった表現があります。

「lately」も「recently」も「these days」も、それぞれ微妙に意味合いや使いドコロが違います。比較しつつ違いをしっかり把握しましょう。

続きを読む

英語で「よろしくお願いします」「よろしくね」のニュアンスを正しく伝えるシーン別フレーズ集

日本語の「よろしくお願いします」は、さまざまな場面で色んなニュアンスで使われる万能フレーズです。英語で「よろしく」のニュアンスを表現するには、場面や状況に合った英語フレーズを上手に使い分ける必要があります。

何気なく使いこなしてしまっている日本語の「よろしく」には、具体的にはどんな意味合いが込められて使っているのでしょうか。その辺りを振り返ってみると、同じニュアンスを表現できる英会話フレーズが見つかります。

続きを読む

英語で「多い」を表現する many、much、a lot of、lots of の違いと使い分け方

fotolia_117888789

英語で「たくさんの」「多くの」と言う際、多く使われるのがmanya lot ofです。どちらも数や量が多い様を意味する形容詞と形容詞句であり、基本的にはどちらも同じように使うことができますが、実はいくつか違いがあり、文の形や修飾するものに応じてどちらを使うかが決まってきます。

一番よく知られている違いとしては、manyが可算名詞=数えられる名詞(形のはっきりしたもの)のみに使えるのに対してa lot ofは可算名詞と不可算名詞=数えられない名詞(形のはっきりしないもの、無形物など)両方に使えることでしょう。またmanyは不可算名詞の場合muchと、a lot of は状況に応じてlots of と言い換えられます。その他にも、フォーマルさの度合いや、肯定文と否定文/疑問文との相性などの点で使い分けされます。それぞれいつ使うのか、またどのように使うのか、整理しておきましょう。
続きを読む

英語で「お任せします」「あなたが決めて」と伝える英語表現フレーズ9選

274688060

自分では判断しかねる場合や、自分としてはどの選択肢でも構わない場合には、同伴者に判断をお任せしてしまうのも手です。

「任せるよ」「あなた次第で動くよ」のように伝える英語表現は、いくつか言い方の種類があり、場面・状況や相手との関係などによって表現を選べます。

不慣れな旅先で現地の友人にリードしてもらったり、案内役として相手の好みを訊ねたり。行動を共にする場面では何かと役立つフレーズです。

続きを読む

もっと先のページを見る:10
スカイプで無料英会話