Tag Archives: 英会話・雑談力

【加筆版】英語で表現する「前にも言ったように」 2度目の発言に使える前置き表現

すでに述べた事柄に再び言及する場合、「前にも言ったけれど」「先ほども申し上げたように」というような前置き表現を用いると効果的な場合があります。英語では場面に応じていくつかフレーズが使い分けられます。

比較的カジュアルな表現から、丁寧な印象の出る表現まで、言い方によって印象が少し変わります。あえて「前にも言った通り」なんて言わないという選択肢もあります。いずれにしても、まずは表現を一通り把握してしまいましょう。

続きを読む

英語でどう言う?「桜」「お花見」「三分咲き」

421283851

日本の春の風物詩といえば桜、お花見。「花見」は英語では cherry-blossom viewing のように表現できます。

パッと咲いてサッと散りゆく桜の情趣・風情は、ある意味で日本的な美意識の端的な表れです。英語で花見を話題にできると、文化紹介・文化比較にもきっと役立ちます。

続きを読む

英語で「性格」や「人となり」を意味する単語の違いと使い分け方

英語で性格人柄人となりといった意味の単語は、 personalitycharacter、および characteristic などが挙げられます。類義語ではありますが、それぞれ微妙な意味・ニュアンスの違いがあります。

類義語は対比しつつ把握する覚え方が効率的です。まとめて覚えてしまいましょう。

続きを読む

英語の「お化粧」関連表現、メイク・すっぴん・化粧品の種類

「お化粧」は英語で makeup といいます。「化粧品」は cosmetics  。厚化粧・薄化粧は heavy と light で形容する言い方が一般的です。

化粧品の日本語名には、英語をそのまま借用しているカタカナ語も多く見られます。しかし英語名っぽいのに実際の英語では他の言い方が主だったりする場合もあるので油断は禁物です。

続きを読む

英語で「あらすじ」「あらまし」を表現する言い方

483966319

議論や物語の大まかな内容・話の流れ、すなわち「あらまし」や「あらすじ」は、英語では summary や outline などの語で表現できます。いわゆる「概要」のニュアンスです。

summary や outline の他に、 sketch(素描)や rundown (ザックリした話)のような言い方もできます。各表現のニュアンスを理解して、状況に応じて使い分けられるようになりましょう。

続きを読む

英語表現 any more と anymore の違いと使い分け方

128979782

英語の any moreanymore は、一見同じように見えて微妙に異なる表現です。any more は2語からなる表現、anymore は1語の扱い。その意味も微妙に異なります。

英会話で耳づてに聞く限りでは、ほぼ区別が付きません。あらかじめ意味を把握しておくことが聞き分けのコツとなるでしょう。

続きを読む

英語表現 sometime、some time、sometimes の違いと使い分け方

294791336

some timesometimesometimes は、どれも時間に関する表現です。ただし、それぞれが見据えている時間が違います。

  • Can I talk with you sometime?
  • Can I talk with you for some time?
  • Can I talk with you sometimes?

会話中では、それぞれの表現を区別することが難しいかもしれません。しかしながら、どの語として聞き取り認識するかによって意味合いが違ってきます。この際しっかり区別できるようになりましょう。

続きを読む

英語でどう言う?「お土産」(おみやげ)

560103340

お土産(おみやげ)は英語では souvenir 、keepsake 、memento などの語で表現できます。これらの語は「記念品」や「思い出の品」といったニュアンスが色濃いので、相手へ贈るという意味合いなら単に present (プレゼント)と表現してしまってよいでしょう。

お土産は、ちょっとした小物でも、旅先あるいは来し方の文化が垣間見えて興味深く映るものです。旅の話の格好の手がかりになってくれます。

続きを読む

スカイプで無料英会話