「大丈夫です」と英語で表現する言い方

日本語の「大丈夫」という表現には複数のニュアンスがあります。文脈に応じて適切な英語表現を選べるようになりましょう。

たとえば fine や all right などは「大丈夫」の意味で使える便利な表現です。でも状況によって伝わるニュアンスが違ってくることもあるので、ある程度の心得は必要です。

続きを読む

英語の前置詞「of」のコアイメージと具体的な用法・用例

英語の前置詞 of は、たいてい「~の」と訳してしまえる表現ですが、《of = の》と1対1に対応づけてしまうと、「理解の漏れ」が生じます。前置詞 of を完璧に理解する境地には到達できません。

前置詞 of の根本には「全体と部分」の「切っても切れない関係」とでも言うべきイメージがあります。このイメージに基づいて捉えると、of の正しいニュアンスが理解できます。

この根本イメージを把握すると、friend of mine のような言い回しのニュアンスや、ひいては the University of Oxford (オックスフォード大学)と Harvard University (ハーバード大学)の表記の違いなんかも納得できるようになります。

続きを読む

英語の前置詞「by」のコアイメージと具体的な用法・用例

英語の前置詞 by は《近接》のイメージを根幹に持つ語です。まずは《近接》をコアイメージに位置づけ、空間的関係、時間的関係、そして抽象的関係を示す用法がどのように派生して展開していくのか、系統立てて整理して学びましょう。

前置詞 by のニュアンスは、表面的な用法・用例を並べるだけではなかなか捉えきれません。だからこそ、PEN英語教師塾の動画講義シリーズ「前置詞 by のコアイメージ」は非常にためになります。

続きを読む

「微妙」「微妙な」「微妙に」と英語で表現する言い方

日本語では「微妙な」「微妙に」といった表現がとかく便利に使えます。英語では subtle あたりが日本語の「微妙」に近い語彙といえそうですが、文脈によってうまく対応する語は違ってきます。

日本語の「微妙」も、「微妙に食い違う」「微妙な問題」「微妙なニュアンス」「微妙な出来映え」「出来るかどうかは微妙なところ」という風に、文脈によってニュアンスが微妙に違います。その辺を意識しつつ、上手な英語表現を探ってみましょう。

続きを読む

「一目惚れ」は英語でどう言う?

日本語の「一目惚れ」に対応する最も無難で基礎的な英語表現は love at first sight でしょう。日常会話のくだけた文脈で「ぞっこん惚れた」と述べるならスラングの crush がバッチリはまります。

英語では「一目で」「一目見てたちまち」という意味合いを at first sight と表現します。これに「惚れた」「恋した」といった動詞を組み合わせれば、一目惚れの趣旨は遺憾なく表現できます。
続きを読む

「ストレス発散」は英語でどう言う?

英語で「ストレス発散」は de-stress と表現できます。あるいは、「ストレスを発散する」というように他動詞を使って表現すると、もっと平易な語彙で表現できます。

他動詞を使って表現する場合は、「発散」を他の表現に言い換えて考えてみましょう。ストレスを緩和するのか、放出するのか、根絶するのか、という風に捉え直すことで、基礎的な動詞も無難に使えることに気づけます。
続きを読む

「参考までに」「ご参考まで」は英語でどう言う?

情報を一言つけ足して「参考までに」と述べる場合、英語では for your information 、略して FYI が基本的といえます。ビジネスシーンでも日常会話でも使えます。

for your information をはじめ、この手の表現は、みだりに使うと相手の不興を買いがちです。言い方次第では上から目線の忠告のような言い草にも聞こえます。使用場面をよく見極めて使いましょう。

続きを読む

「なまけもの」を英語で意味する表現の種類と使い分け方

やるべき仕事や勉強をやらない怠け者(なまけもの)を英語で表現するなら、形容詞 lazy が基本といえるでしょう。lazybones という言い方もあります。

日本語の「なまけ」という言い方を念頭に置くと、lazy person のように lazy で名詞を修飾する(形容詞の限定用法の)言い方に行き着きますが、He is lazy. と(形容詞の叙述用法で)述べるだけでも「ヤツは怠け者だ」という趣旨は表現できます。

続きを読む

「ホウレンソウ」(ほうれん草)は英語でどう言う?

葉物野菜の「ホウレンソウ」は、英語では spinach といいいます。欧米でも健康志向の食材として料理に用いられます。

ホウレンソウは西洋種と東洋種に大きく分けられます。spinach は基本的に西洋種を指す語であるため、東洋種を念頭に置いて spinach の現物を見ると「あれ何か違う」という違和感があるかもしれません。もっとも日本国内でも西洋種は流通していますが。

spinach と言ってもいまいち通じなければ、英語辞書(英英辞書)の定義などを参考にしつつ「ホウレンソウとは何か」を説明してみましょう。
続きを読む

「失恋」「失恋した」と英語で表現する言い方

いわゆる「失恋」は英語では基本的に heartbreak と表現できますが、文脈によっては他の表現を使ったり名詞でなく動詞として「失恋した」と述べたりする言い方も使えます。

失恋のような個人の心境に直結する事柄は、言葉のニュアンスによって印象が少なからず違ってきます。多少の表現の幅を知っておくと素直な気持ちを誤解なく表現できるようになります。

続きを読む

英語の前置詞「under」と「below」の使い方・使い分け方

英語の前置詞「under」と「below」は、どちらも「下に」という意味合いを示す語です。ニュアンスや使いどころの違いは曖昧になりがちです、比較対照しつつ改めてを把握しましょう。

PEN英語教師塾の動画レッスン「前置詞 under below」で、under と below の違いと使い方の勘所を押さえましょう。講師はお馴染み田中茂範先生です。

続きを読む

「グルメ」「美食家」は英語でどう言う?

いわゆる「グルメ」はフランス語に由来しますが、英語でも同様にフランス語を借用して gourmet といいます。発音や綴りに留意しさえすれば、「グルメ」は gourmet で無難に表現できそうです。

日本語で「グルメ」と表現する場面はいくつかに分けられます。食通・美食・食道楽という意味だったり、舌がわがまま・好き嫌いがあるという意味だったり、あるいは「グルメ本」という風に料理を指す意味合いだったり。そうした具体的な意味合いを掘り下げてみると、外来語の gourmet を用いなくても標準的な英語の語彙で表現できる言い方は見つかります。

続きを読む

「やりとり」は英語でどう言う?

日本語の「やりとり」は、わりと英語に訳しにくい感のある語彙ですが、exchange (of ~)の語が意外と幅広く対応します。

文脈に応じて無難な表現を選ぶなら、「やりとり」の意味するところを突き詰めて別の日本語に言い換えてから英語に対応づけるようにするとよいでしょう。

いわゆる「英訳しにくい種類の日本語」は、多くの場合、日本人も感覚的には使いこなせていても意味を説明してと言われると言いよどむ種類の語彙だったりします。あらためて日本語を意識してみるのも、英語学習の効率向上に一役買うはずです。
続きを読む

「遠距離恋愛」は英語でどう言う?

英語で「遠距離恋愛」と表現する言い方は long distance relationship が定番といえます。longdistance とハイフンつきで表記する場合もあります。LDR と頭文字だけで省略表記する場合もあります。

あるいは、「違う国に住んでいる」「めったに会えない」という風に、状況を説明的に叙述する方法もアリでしょう。
続きを読む

「インスタ映えする」は英語でどう言う?

昨今「インスタ映え」という語が世間に浸透してきています。英語には instagrammable という言い方があり、日本語の「インスタ映え」にほぼ対応する意味で用いられています。

instagrammable は万人に通じる語彙とは言いにくい側面もあります。より一般的で無難に趣旨が伝わる表現として photogenic(写真うつりがいい・映える)という言い方もあるので、併せて身につけてしまいましょう。

続きを読む

「また明日」と英語で表現する場面別うまい言い方

日本語の「また明日」という言い回しを、別れの挨拶として用いる場合、英語でいうなら See you tomorrow. が最も無難な表現でしょう。字面の意味も近く、英語でもよく用いられる表現です。

ビジネスシーンでは I’m looking forward to seeing you tomorrow.  のように述べると恭しさが演出できます。

「また明日にしましょう」という風に、今日は作業を切り上げましょうという意味「また明日」という場合、また違った言い方を考える必要があります。たとえば、「今日はここまでにしよう」と述べるなら、Let’s call it a day. というような気の利いた表現がハマるでしょう。

続きを読む

英語の「sとthとsh」の発音のコツ

英語の子音の発音は、その多くが日本人の苦手とするところです。特に s  /s/ と sh  /ʃ/ そして th  /θ/ の発音は難所です。

英語の発音はとにかくリスニングとスピーキングの練習を積むことで上達します。練習の前に正しい発音のしかたを身につけ、典型的な単語をしっかり把握しましょう。

続きを読む

「非日常的」は英語でどう言う?

日本語でいう「非日常的」を英語で表現する場合、「普通でない」(非-日常的)という意味で unusual や extraordinary といった語が直訳に近いかもしれません。でも文脈によっては「珍妙な」「夢を見ているような」という風に大胆に言い換えた方がニュアンスを上手に表現できたりもします。

非日常的であると形容される状況が、実際どのような方向にかけ離れているのか、どのような感想を抱く状況なのか。その辺りをつぶさに考えてみると、趣旨に沿ったうまい表現が見つかります。
続きを読む

「タヌキ」の「ぬいぐるみ」は英語でどう言う?

英語で「タヌキのぬいぐるみ」と表現する場合、語の係り方を変えて「ぬいぐるみのタヌキ」という形にすると妥当な英語表現が見つかります。つまり「ぬいぐるみ(の)」を形容詞的に扱うわけです。

「タヌキ」は英語では raccoon dogs 。「ぬいぐるみ(の)」は stuffed と表現できます。すなわち stuffed raccoon dogs が無難な表現といえるでしょう。

続きを読む

「もしもし、どちら様でしょうか」は英語でどう言う?

英語で電話(通話)する際、電話をかけてきた相手が不明で、相手も特に名乗らず、用件を切り出してくる場合もままあります。そんな時は、平常心を保ちつつ、まずは Hello! とあいさつ、そして相手が誰か確認しましょう。

ただし、日本語感覚で「どなた様ですか」に相当する英語表現ということで Who are you? などと言うと、ぶしつけな言い方に聞こえます。

英語は表現を遠回しにして丁寧さを演出する言語、という点を意識しつつ、上手な表現を身につけましょう。

続きを読む

もっと先のページを見る:10203040506070



WebRTCで無料英会話