Tag Archives: 使い分け

英語で「笑う」と表現するニュアンス(笑い方)別の英単語

英語で「笑う」動作や様子を表現する語としては、まずは動詞の smile laugh が挙げられますが、この他にも笑い方のニュアンスを具体的に表現できる動詞が複数あります。

日常の大抵の場面では smile か laugh かどちらかで無難に表現できそうではありますが、微笑・大笑・冷笑といったニュアンスの違いを言い分けることも可能です。語彙が増えて違いが分かれば、多分きっと、自分の表情もより豊かになります。

続きを読む

英語で「抱く」「抱きしめる」と表現する言い方

英語圏ではハグ(hug)と呼ばれる軽い抱擁があいさつ表現として気軽に行われます。英語圏に限らず、西欧をはじめとする多くの文化圏ではハグは親密さを表現する非言語行為として行われます。

相手を抱きかかえる・腕で包み込む動作を指す言い方は、ハグの他にも複数あり、相手への愛情の度合いや抱擁の強さの度合いなどに応じて表現が使い分けられます。

続きを読む

英語の助動詞「can」の意味・用法ごとの具体例

英語の助動詞can」の意味合いは多岐にわたり、文脈によって違ってきます。しかし言葉の中核にあるニュアンスは根本的に同じです。いっそ和訳をやめて英語のままニュアンスを把握しましょう。訳語に振り回されなければ感覚も把握しやすくなります。

英語の「助動詞」を本当に理解する学習のコツ

英語の助動詞 can の中核的イメージに最も近い表現は「できる」でしょう。日本語表現の「できる」と直接に対応づけないように注意しつつ、実際の can の使われ方の《幅》を確認しましょう。用法のおおまかな全体像を捉えることで、ニュアンスの広がり・広げ方が掴めます。

続きを読む

英語で表現する「提案」、ビジネスシーンから日常英会話まで

meeting

「提案」は、ビジネスには欠かせない要素です。しかしながら、「提案する」という意味の英単語がいくつもあるため、その使い分けに苦労する人もいるでしょう。

使う相手や場面に応じて、適切に提案できるよう、「提案する」を意味する英単語の使い分けについて学びましょう。

また、提案に対する返答についても一緒に覚えておくと便利です。

続きを読む

英語で表現する「特徴」のニュアンス別表現と意味の違いと使い分け方

similar

「特徴」は他と比べて特に目立つ点のこと。英語では「特徴」の意味を持つ単語が豊富にあります。数が多いので混乱してしまいそうですが、それぞれ元々の意味や、何の特徴として使われるかは異なるので、使いどころを覚えておけば上手く使い分けが可能です。

ただし、意味が重なりあうものもあります。実はそれぞれの使い分けに厳密なルールがあるわけでもありません。気を楽にして、英会話で自然に使えるように各単語のイメージをおさえておきましょう。

続きを読む

英語で「結果」を表す英単語のニュアンスの違いと使い分け方

英語と日本語で意味の幅・範囲が異なる表現。該当する表現は沢山ありますが、「結果」なども顕著な例のひとつでしょう。パッと思いつく表現としては result が挙げられますが、このほかにも状況に応じて使い分けられる複数の英語表現が見いだせます。

日本語で「結果」と表現してしまえる場面でも、英語で表現する際には場面やニュアンスに応じて複数の表現を使い分ける必要がありそうです。
続きを読む

英語で「目標」や「目的」を正しく言い分ける英単語表現集

ビジネスを効率的に推進するためには、目標目的を正しく表現して共有することが重要です。「目標」に当たる英語表現としては goal (ゴール)などがまず思い浮かびますが、目標の性質や目標達成に向けた取り組み姿勢などのニュアンスに応じて、いくつか表現を使い分けられます。

英語学習においても目標の設定は大切です。目標をあらためて明確にしつつ、その目標が英語ではどのように表現すべき性質のものなのか、振り返ってみてはいかがでしょうか。

続きを読む

英語で「お任せします」「あなたが決めて」と伝える英語表現フレーズ9選

274688060

自分では判断しかねる場合や、自分としてはどの選択肢でも構わない場合には、同伴者に判断をお任せしてしまうのも手です。

「任せるよ」「あなた次第で動くよ」のように伝える英語表現は、いくつか言い方の種類があり、場面・状況や相手との関係などによって表現を選べます。

不慣れな旅先で現地の友人にリードしてもらったり、案内役として相手の好みを訊ねたり。行動を共にする場面では何かと役立つフレーズです。

続きを読む

英語の「静かさ」をニュアンスで使い分ける【4単語】

person-976759_640 (2)

日本語で「静か」と表現される物事にも、場面や状況によって微妙に「静かさ」のニュアンスが違います。たとえば、「やけに静かな場所だね」と言う場合と、「ちょっと静かにしてね」と言う場合。物音が、「静かさ」のニュアンスがちょっと違います。

英語には、日本語の「静か」に対応する表現が複数あります。状況に応じて適切に使い分けられるようになっておきましょう。

「ちょっとだけ静かにしてね」のつもりで Be silent. と伝えたら、相手はビックリ&なんだかとてもションボリ、なんて事もあり得ますので……。

続きを読む

「便利」「役に立つ」を表現する英語の形容詞6選

diy-617763_640

「ああこれは便利だね」と表現する場合、英語では、「何が誰にとって便利なのか」という観点からいくつかの表現を使い分けます。

使い分けなくてもニュアンスが通じる場合も少なくありませんが、言葉選びを誤ると失礼な物言いになってしまう場合もあります。場面に合った適切な語彙を選べるようになっておきましょう。

続きを読む

【英語】「頭がよい」を表現する英単語が多すぎる

boy-183306_640

「賢い」「頭が良い」に当たる英語表現は種類が豊富です。単語だけでも、どんな種類の賢さなのかを端的に表現する言い方が一通り揃っています。

語彙が豊富なだけに、言葉のもつニュアンスをちゃんと踏まえて使う必要があります。言葉の選び方を誤ると誤解や失敗の原因にもなりかねません。どういう言葉にどういうニュアンスがあるのかはざっと踏まえておきましょう。

続きを読む

【英語】「other」と「another」の違いと使い分け方

ducks-452485_640

other anotherは、日本語ではどちらも「他の」や「別の」と訳される、違いを理解しにくい単語です。

たとえば買い物中、服を試着して、店員さんに「違う色も試したい」と伝えるとき。この「違う色」は other と another のどちらで伝えればよいでしょうか。あるいはどちらでもよい?

使い分けのコツはただひとつ、想定している対象の「」にかかっています。

続きを読む

【英語】study と learn の違いと使い分け方

studying-482328_640

「学ぶ」「勉強する」「学習する」といった意味の英語表現は? と聞かれれば、多くの人は studylearn の2語をまず思い浮かべるでしょう。どちらも基礎的な英語の動詞で、学習という意味ではほぼ同じ意味の語です。が、その指し示すところは異なり、場面に応じてしっかり使い分ける必要があります。

ポイント

  • study = 学ぶ「過程」に焦点がある
  • learn = 学んだ「結果」に焦点がある

 

続きを読む

英語の「I don’t know」と「I don’t understand」のニュアンスの差とは

shutterstock_406590835

質問されたけれど答えられない場合、回答を持ち合わせていない場合。日本語ならひとまず「わからない」と返答するでしょう。英語では I don’t know. あるいは I don’t understand. といった表現があります。特に意識せず(あるいは迷って) know と understand と適当に使ってはいけません。どちらの語を用いるかで返答の意味合いが全然違ってきてしまいます。

使い分けのポイント

  • know は静的な、知っている「状態」を指す
  • understand は動的な、理解する「動作」を指す

 

続きを読む

【英語】shouldは「忠告」に使う。had betterは「警告」に使う

man-885223_640

相手に行動を促す「すべきだよ」「したほうがいいよ」という意味の英語表現には「should」や「had better」などがあります。どちらも忠告やアドバイスに用いる言い方ですがニュアンスは少し異なります。

should と had better ではアドバイスの強さの度合いが違います。さらに、アドバイスの方向性にも違いがあります。やや極端に言い分けると、should は「したほうがいいよ」、had better は「しないよヤバイよ」といったニュアンスが含まれます。

続きを読む




WebRTCで無料英会話