Tag Archives: 思考を英語化する方法

英語の発音の種類・特徴・正しい発音の方法【総まとめ】

英会話は英語の会話、すなわちスピーキングの実践です。英会話における「正しく伝わる英語」には、正しく伝わる発音が不可欠です。

英語の発音は音の種類も断然豊富、曖昧で繊細な言い分け・聞き分けが求められる音も多く、さらに《綴り》と《発音》の対応関係が単純でない等々、まったく一筋縄では行きません。

まずは発音の種類を知識として把握しましょう。次に正しい発音の方法(口や舌の形と動かしかた)を学びましょう。それから、単語と発音の関係、文章と発音の関係を把握しましょう。

発音が上達すれば、聞き取り(リスニング)力も向上します。学習もはかどるでしょう。正しく発話できると会話も弾みます。英語の語感が分かれば英語的な言語センスも養われます。まさに善循環。

続きを読む

英語の「使い方を間違えやすい動詞」基本パターンと具体例

387989749

英語の動詞には、意識的にしっかり把握しないと文法的な誤りを犯しやすい語がいくつかあります。正しい用法をしっかり意識しましょう。

英語の動詞と、それに対応する日本語の動詞は、必ずしも文法的機能が一致しません。「日本語の文章を英訳する」ような考え方は特に誤用の要因になるので、早々に克服しましょう。

続きを読む

英語の「意外にも動詞の用法がある名詞」book (予約する)など

334186655

英語の中には「基本的には名詞として扱われるが動詞として用いられることもある」表現が沢山あります。たとえば e-mail(メールを送る)、 book (予約する)、あるいは text(テキストメッセージを送信する)。

意外というのは動詞の用法に接する機会が少ないだけで、根本的には kiss や smell や test といった名詞・動詞の両方で用いられる語と変わりません。

英語の品詞は意外と自由奔放な部分があります。「book =本」というような対応関係に縛られすぎない、柔軟な考え方を保っておきましょう。要領が分かると英語の語彙の見え方が違ってきます。

続きを読む

英語の助動詞表現「have to」の基礎イメージと覚え方・使い方

208705777

英語には色々な助動詞があります。「have to」も助動詞として機能する表現です。他の助動詞よりも扱いがややこしい部分があります。意味と用法を改めておさらいしましょう。

have to は主に「義務」や「確信度の高い推量」などの意味で用いられます。似た意味は must をはじめとする他の助動詞でも表現できます。さらに have to は、時制に合わせて語形を変えるという厄介な要素があります。

「have to は助動詞」という捉え方を少しだけ緩めて、「have+to の組み合わせで助動詞的に用いられる(言うなれば準助動詞的な)表現」という風に捉えてみる方法はアリでしょう。そうすると have to の意味・用法の異質さが少し和らぐはずです。
続きを読む

英語の助動詞「must」の基礎イメージと覚え方・使い方

英語の助動詞 must は、主に「義務」や「確度の高い推量」などの意味合いを表現します。勧誘や希望といった用法もあります。読解は比較的容易、自分で使うとなるとかなり難しい言葉です。

義務や推量の意味を示す助動詞は、must の他にも複数あります。「義務の強さの度合い」を図式化して把握する方法も有益ではありますが、それよりも「そもそもどういう種類の(ニュアンスの)義務・推量なのか」という観点で把握した方が、言葉の含みを適切に理解できます。

助動詞の意味の広がりに惑わされず、自分でも使いこなせるようになるには、言葉の根本の部分に秘められた「コアイメージ」を把握すること。英語の言語感覚を養うという点でもお勧めできる取り組み方です。

続きを読む

英語の助動詞「shall」の基礎イメージと覚え方・使い方

英語の助動詞は総じて多義的です。shall もまたしかり。意味ニュアンスを正しく理解して使いこなすには、言葉の根本にあるイメージ(コアイメージ)を捉える姿勢が重要です。

学びはじめの段階では、辞書や教科書によって体系的に整理された意味・用法を学ぶ方法が効果的でしょう。やや慣れてきたら言葉の根源的なニュアンスを模索してみましょう。

英語の「助動詞」を本当に理解する学習のコツ(急がば回れ)

続きを読む

英語の助動詞「would」の基礎イメージと覚え方・使い方

英語の助動詞 would は丁寧表現などで多く用いられる重要な単語です。そして、何故そういう意味で用いられるのか理解に苦しむ語でもあります。

辞書や教科書は、体系的に整理された意味や使い方を教えてくれます。しかしながら辞書で訳語を知るだけでは本質的な理解にはなかなかたどり着けません。

言葉の内奥には抽象的なイメージ(コアイメージ)があります。このイメージが実際の文脈に応じて具体的な意味をまといます。言葉を本質的に理解して、自由自在に使いこなせるようになるには、コアイメージを自分なりに習得しなくてはなりません。

続きを読む

英語の助動詞「should」の基礎イメージと覚え方・使い方

465199910

英語の助動詞 should は幅広い意味合いで用いられます。義務・推量・万一・用心・意外性という、互いに関係なさそうに見える意味の広がり。ちゃんと納得して使いこなせるようになるには、should の語の根本にある抽象的なイメージを自分なりに理解する必要があります。

素朴に訳語と対応づけて「should = べき」と理解する方法では、英語の独特の言語感覚がつかめません。やはり、語彙の根幹・中核にある抽象的なイメージを感覚でとらえていく試みが欠かせません。

英語の「助動詞」を本当に理解する学習のコツ(急がば回れ)

英語の助動詞の理解は「コアイメージ」をつかむことが重要です。助動詞に限らず、言葉のイメージを意識しながら学習を進めると、言語感覚が洗練されていく実感が得られます。

続きを読む

英語の「正しい発音」を身につける極意【3】発音練習の意外な注意点

400985374

英語の発音の練習は、はじめは少し大げさに口や舌を動かすよう意識した方が効果的です。ただし、過ぎたるは及ばざるがごとしと言いますか、英語的な発音の特徴を際立たせて練習するうちに、やや極端な発音方法がクセづいてしまう場合があります。

見直してみましょう、あなたの発音練習。

続きを読む

英語の「come」と「go」の違いと使い分け方のコツ

英語の動詞 come および go は、たいてい素朴に「come=来る」「go=行く」という対応関係で把握されますが、文脈によってはこの覚え方が混乱のもとになります。

英語の come と go のニュアンス差は、日本語の「来る」と「行く」の違いとは観点が異なります。英語的思考のを身につける手始めとして、まずは come と go の感覚を正しく把握しましょう。
続きを読む

英語の助動詞「may」の意味・用法ごとの具体例

186131684

英語の助動詞may」は意味がつかみにくい単語です。辞書や参考書は「許可」や「推量」の意味と解説しますが、これが直接に訳文のイメージとなかなか結びつかないから困りものです。

英語の助動詞は非常に抽象的な語彙であり、表面的な意味を(訳語と共に)把握するだけでは、なかなか使いこなせるようになりません。もちろん、そうした学習も有益であり不可欠です。その上で「言葉の核心的ニュアンス」あるいは「コアイメージ」とでも言うべき意味合いを見出すように意識して学びましょう。

続きを読む

英語の助動詞「will」の基礎イメージと覚え方・使い方

英語の助動詞will」はさまざまな場面で用いられる重要な単語です。その意味・用法はかなり幅広く、意味合いも文脈によってガラッと変わります。

言葉には、表面的な意味の内奥に、「コアイメージ」とでも呼ぶべき抽象的で多分に曖昧な意味合いがあります。英語の助動詞は、この抽象的なコアイメージの把握が欠かせません。

will =「~だろう」「~つもりだ」のように訳語を覚えるだけでは到底、will が示す本当の意味にはたどり着けません。ホンモノの英語の言語感覚を得るために、もう一歩踏み込んでみましょう。

英語の「助動詞」を本当に理解する学習のコツ

続きを読む

英語で表現する「褒められたときの返し方」ありがとう、お上手ね

英会話の中で相手に褒めてもらった場合に、どのように返答するかは、あらかじめ考え巡らしておくだけの価値がある事柄です。

日本人の感覚だと、謙遜のつもりで「いえいえ」「そんなことはありません」のように返してしまいがちですが、謙遜には細心の注意が必要です。ともすると相手の言葉や判断をディスることになってしまいます。

英会話の中で褒めてもらった際の返し方は、素直に受け止めて「ありがとう」と感謝を示す言い方が基本と考えておきましょう。

続きを読む

英語学習の「スピーキング」の重要さと日々の練習方法

318060599

日々の英会話学習では、書く(ライティング)・話す(スピーキング)といったアウトプット方面の学習がおろそかになりがちです。意識的に学習時間を確保しましょう。

スピーキングは特に、知識だけでなく身体的な感覚を獲得する(体の動かしかたを身につける)必要のある部分です。習得にはそれなりの練習量が必要であることを覚悟しましょう。

スピーキングの練習はいつでもどこでも体ひとつでできます。日常生活の習慣や趣味などとうまく絡めて、暮らしの中に練習の機会を盛り込んでいきましょう。

続きを読む

海外紙の英語のニュースを読んで英語力+α の学習のススメ

325454240

英語のニュースを読む取り組みは、リーディング(英文読解)を中心とするインプット方面の英語学習方法としてかなりオススメできる方法です。学習方法としても手軽で、得られる知識や知見も多く、いくつものメリットが挙げられます。

まずはウェブ上で手軽にお試し。慣れてきたら英字新聞・洋雑誌の購読を検討してみてもよいでしょう。

今のご時世、教科書・ドリルに頼るだけが勉強ではありません。英語圏のネイティブスピーカーと同じやり方で英語を駆使して、実践的に英語を学んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

英文読解の秘訣「和訳せずに読む」方法を身につけるための和訳のコツ

229824835

英語スキル向上の秘訣は、英語を英語のまま理解できるようになること。英文読解(リーディング)の学習では、文章を語順どおりに理解する読み方の訓練が大切です。

英語の文章を語順どおりに文章を把握するできるようになれば、英文を読む速度も理解力も格段に向上します。英語の言葉の感覚も身につくようになってきます。

前から読む読み方を身につけるには、練習と慣れが必要。具体的な練習法としては「スラッシュリーディング」がオススメできます。

続きを読む

英語の「助動詞」を本当に理解する学習のコツ(急がば回れ)

227902531

英語の助動詞(can、will、may などの法助動詞)は、英語の文章表現に頻出する重要な要素です。他方、助動詞は扱いが複雑で意味も理解しにくい、英文読解の鬼門ともいえる部分でもあります。しっかり理解して使いこなせるようになりましょう。

助動詞の厄介な部分は、文法的な複雑さもさることながら、文脈によって意味が大きく変わるという点でしょう。《can=できる》では全然理解が足りません。こうした語彙は訳語を覚える方法ではなく、英語そのものの中核的イメージ感覚的な把握が必要です。

中核的イメージの把握には、それなりの学習時間が必要です。明日の試験には活かせない遠回りの学習。しかし長い目で見れば、それは英語をスラスラ読み書きできるようになるための最短の道です。

続きを読む

英語圏の長さや重さの単位(ヤード・ポンド)の意味と換算法

長さや重さを示す単位は「メートル法」が今日の国際的な標準です。しかしながら、アメリカやイギリスでは西欧の伝統的な表記体系である「ヤード・ポンド法」も根強く用いられています。

温度も摂氏(℃)ではなく華氏(℉)で表記される場合が多々あります。

互いに異なる単位を使ってのコミュニケーションは、ものすごく疲れます。はじめから換算して表現できるようになっておくと、会話のストレスもずっと少なくなるでしょう。 続きを読む

伝説的通訳者ロンブ・カトーに学ぶ英語の勉強法の極意

boys-286245_640

ロンブ・カトー(Kató Lomb)はハンガリー生まれの翻訳者・通訳者。十数もの言語を流暢に話し、西欧の言語だけでなく中国語、日本語、ヘブライ語なども習得していました。

ロンブ・カトーの言語習得の方法は、基本的に「独学」でした。独学ながら「世界初の同時通訳者のひとり」と称えられるに至っています。「世界初の同時通訳者」ということは、教師を持たないどころか同分野の先人もまともにいなかったわけです。

もっぱら独学で多くの言語を獲得したロンブ・カトーの学習法は現在も色あせることなく、取り組み方のヒントや、くじけずに取り組む勇気を多く与えてくれます。

続きを読む

WebRTCで無料英会話