Tag Archives: 相手を気づかう表現

英語で内面的・内省的な「よい性格」を表現する言い方

640051384

人の性格を形容する言い方はとても沢山あります。「よい性格」を取ってみても、外向きの積極的な性格だけでなく、思慮深さや気遣い、誠実さといった内面性の素晴らしさもあります。

思慮深さや心の温かさといった内面的な魅力は、外向的な魅力に比べると傍から気づきにくい部分です。内面性の評価はその分だけ価値ある言葉といえるでしょう。

続きを読む

英語で外向的・積極的な「よい性格」を表現する言い方

640050811

英語で「人柄」や「性格」について表現する場合、素朴に「いい人」と述べるだけなら good や nice と形容してしまってもよいのですが、具体的に表現するならいくらでも表現が見つかります。

お決まりの表現の他にも色々な言い方を覚えておくと、伝わり方はまた一段と違ってくるはずです。

続きを読む

英語でどう言う?「本日はご足労いただきありがとうございます」

381106489

訪問客へのねぎらいをこめたあいさつ表現「ご足労いただきありがとうございます」は、感謝表現の定番 Thank you for ~ を使って表現できます。

英語で伝える「ありがとう」の言葉、場面別に使えるお礼と感謝の表現集

少し丁寧なニュアンスを加えるなら appreciate のような語で表現してもよいでしょう。
続きを読む

英語で「そんなことないよ」と表現する場面別ニュアンス別表現集

517024477

日本語の「そんなことないよ」という表現は、相手の見解を否定する言い方ですが、反論とは限らず、相手を慰めたり、褒められて謙遜したりする場面でも多く用いられます。英語にも同様の場面で使える言い方がいくつかあります。

英語で「そんなことないよ」と表現できる言い方も、おおむね反論・慰め・謙遜の各趣旨で使えます。それぞれニュアンスは微妙に異なるため、より適切な表現を選べるようになりましょう。

続きを読む

英語で「おかげさまで」と伝える場面別うまい言い方

日本語の「おかげさまで」(御蔭様で)という表現は、英語に訳しにくい種類の微妙な表現です。英語で伝える場合には、感謝の表現であることを意識し、感謝の対象や内容を明確にするように意識すると、そこそこうまい言い方が見つかります。

続きを読む

英語で「ほっそりした身体つき」を褒める上手な言い方

均整のとれた身体は普遍的な美です。誰だって賞賛は嬉しいもの。英会話の話題の切り口としても褒め言葉は最適です。

たいていの文化圏では、ほどよく痩せた体つき&ほどよく筋肉が付いて引き締まった身体が理想とされます。いわゆるスリム&スレンダーな体型。英語には色々な言い方があります。表現の幅を押さえて、最適な言葉を贈ってあげましょう。

続きを読む

英語あいさつ表現「How are you?」への返事・返答のしかた

英語のあいさつ表現といえば How are you ? が定番です。これに対する返事は、自分の状況に応じて実にさまざまに表現できます。

How are you ? はもともと「調子はどうですか」と訊ねる表現です。「返事は I’m fine. と答えるものと決まっている」と決め込んでしまわずに、臨機応変に応答できるようになりましょう。

会って最初に交わすあいさつは、会話のとっかかり、最初の手がかりでもあります。返事次第で会話の広がり方も違ってきます。

続きを読む

英語でどう言う?「詰めが甘い」

最後の最後という局面で気を抜いたり手を抜いたりして台無しにしてしまう様子を、日本語では「詰めが甘い」と表現しますが、これは元々は将棋の用語だそうです。英語にはチェスの大詰めを指す endgame という語があります。その意味では、poor endgame のような表現が語源的にも腑に落ちる表現と言えそうです。

ただ、英語で「詰めが甘いよ」と述べる場面では、往々にして文章を大胆に言い換えて表現した方がいっそう適切に表現できます。「詰めが甘い」をもっとストレートに言えばどう言い換えられるか? という点を意識して言い直せば、きっと伝わる表現が見つかります。

続きを読む

英語で「死亡」「逝去」「他界」を婉曲的に表現する言い方

英語で「」や「死亡」に当たる語といえば diedeath などが挙げられますが、ばっさり「死ぬ」と言ってしまわず、より婉曲的に遠回しに「死」を表現する言い方も沢山あります。

死はとても繊細な話題です。穏便な言い方・情緒に富んだ言い方を把握しておくと、きっと役立つ時がきます。

続きを読む

英語で「安堵・安心・ほっとする」を意味する表現の種類と違い

波立った心が落ち着いて「ああホッとした」という心境を英語で表現する場合、状況・状態に応じていくつかの表現を使い分けられます。

不安が払拭されたことによる安堵、緊張が解けたことによる安心、あるいは平穏に包まれている状況など、うまく表現を使い分けたいところです。 続きを読む

英語で伝える「もしよろしければ」控えめな提案の場面別フレーズ集

相手の意向を尊重しつつ控えめに勧めたり、提案したりする切り出し方として「もしよろしければ……」という言い方があります。英語では  if (もしも)という仮定の表現を使った言い方が、ほぼ同様のニュアンスで使えます。

ただし、日本語の「もしよろしければ」は、行動を促したり、許可を求めたりと、いくつかのニュアンスで用いられます。「もしも」の部分は一律 if で表現できるとしても、「よかったら」の部分は場面や趣旨に応じて表現を選ぶ必要があります。

続きを読む

英語で伝える別れ際の一言「今まで本当にありがとうございました」

107588237

会うは別れの始め、といいます。出会いがあればいつかは別れの時が訪れます。日本語なら別れ際には「今まで本当にお世話になりました」のような言葉を交わすところでしょうか。英語では「今までありがとうございました」という感謝の気持ちを中心に伝えましょう。

続きを読む

英語で表現する「褒められたときの返し方」ありがとう、お上手ね

英会話の中で相手に褒めてもらった場合に、どのように返答するかは、あらかじめ考え巡らしておくだけの価値がある事柄です。

日本人の感覚だと、謙遜のつもりで「いえいえ」「そんなことはありません」のように返してしまいがちですが、謙遜には細心の注意が必要です。ともすると相手の言葉や判断をディスることになってしまいます。

英会話の中で褒めてもらった際の返し方は、素直に受け止めて「ありがとう」と感謝を示す言い方が基本と考えておきましょう。

続きを読む

英語で表現する「どういたしまして」、お礼の言葉に返す英語フレーズ

英会話で Thank you. のようにお礼を言われる機会があれば、「どういたしまして」のような一言をさらに返したいものです。お礼への返答まで含めて一連の会話と考えておきましょう。

日本語の「どういたしまして」に対応する基本的な英語フレーズとしては、You are welcome. が思い浮かびます。まずは、これでも十分でしょう。ただし場合によっては少し堅くてそっけない印象になるかもしれません。

英語表現を場面に応じて選ぶ余裕が出てきたら、もっと気軽・気さくでカジュアルな言い方や、もっと真摯で丁寧で表現を身につけましょう。身につけるといっても表現自体はすでに知っている語彙のはずです。どういたしましての意味で使えると認識しさえすれば、今からでも自在に使いこなせるでしょう。
続きを読む

英語で伝える「いつもお世話になっております」の上手な言い方

293944784

日本語の「いつもお世話になっております」というあいさつ表現は、対象が漠然としている、かなり日本的な言い回しです。英語では、こうした曖昧な表現は割愛される傾向にあります。ぴったり対応する英語表現も今ひとつ見いだせません。

その上であえて「いつもお世話になっております」という気持ちを英語で表現するなら、どのように表現できるでしょうか。考えてみましょう。

続きを読む

英語で「やんわりと断る」ための上手な表現・フレーズ集

317551316

友達から何かに誘われる、同僚から何かを頼まれる。気にかけてもらえることは嬉しいことでもありますが、他の都合で(または単に気が乗らなくて)断らなければならないときもあります。

I don’t like it.(好きじゃない)や I can’t .(できない) だと、相手側に少しそっけない印象を与えてしまいます。もう少し婉曲的に断る表現を覚えることで、人間関係も良好に保つことができるでしょう。
続きを読む

英語で伝える「もう行くね」、好印象で退席する英会話フレーズ

英会話が盛り上がって話が広がることは何にも代えがたい体験ですが、この後に予定が控えているような場合には惜しみながらも会話を切り上げなくてはなりません。

せっかくの談笑の余韻を損なわず、好印象のままお別れできるような方法で、スマートに離席を告げましょう。

退散する際の言い方を心得ておくと、会話への参加もしやすくなります。いつでも離脱できるという余裕を持って気楽に話しかけるためにも、会話の終わりかたをあらかじめ想定しておきましょう。
続きを読む

英語で依頼・お願い・頼み事をうまく伝える英語表現

192556790

相手に何事か依頼・お願いする場面では、できるだけ相手に気持ちよく引き受けてもらえるよう、工夫したいところです。英語にも「丁寧さの度合い」や「依頼の難度」に応じて使い分けられる依頼表現・フレーズがあります。

気軽に「これお願い」と頼む場面か、丁寧に「もしよければ…」と頼む場面か、状況に応じて表現を使い分けて「お願い上手」を目指しましょう。
続きを読む

WebRTCで無料英会話