Tag Archives: 程度の表現

英語で「悲しい気持ち」の度合いとニュアンスを表現できる英単語

英語で「悲しい」という心情を形容する表現は sad が基本といえますが、sad の他にも悲哀や悲嘆、あるいは失意や憂愁を表現する英語表現があります。

感情の細かい種類やニュアンス、あるいは感情の強さ・激しさを表現できる適切な言葉が身につくと、表現力もさることながら、感受性にも磨きがかかってくる手応えが得られます。

続きを読む

英語で「すごい」「すばらしい」と表現する言い方

人やモノを「すごい」と形容する表現は、そのまま感動詞的に「すごいね!」と述べる言い方として使えます。すごさの程度に応じて表現が使い分けられると理想的です。

気軽に使えるちょっとした評価から、最大限の賛美まで、言い方が工夫できるとコミュニケーションもいっそう円滑円満になるでしょう。 続きを読む

英語で「壊す・破壊する」を表現する動詞の種類と使い分け方

英語で「壊す」「破壊する」と表現する場合、何を壊すのか、どんな風に壊すのか、そして、どの程度まで壊すのかによって表現を使い分けられます。

ちょっとしたダメージを食らわす損害を与えるだけなのか、それとも修復不可能になるまで壊すのか。ニュアンスに応じて動詞を選べるようになりましょう。

続きを読む

英語で「簡単」「容易」を意味する単語の違いと使い分け方

300489305

英語で「簡単だ」と述べる言い方は複数あり、ニュアンスに応じて使い分けられます。代表的な語は easy でしょう。文脈によっては他の表現がニュアンスをより上手に伝えてくれる場合もあります。

「苦労しない」、「わずらわしくない」、「難しく考える必要がない」、等々、「簡単」といって表現したい本当の意味合いをよく吟味しつつ、あらためて表現を選んでみましょう。

続きを読む

英語で「危険」「危ない」を意味する表現の種類と使い分け方

英語で危ない危険だと表現する言い方は形容詞だけでも複数あり、危なさの種類や危険度、状況の緊迫度などに応じて使い分けられます。

それはどんな害をもたらすのか、まともに食らったらどの程度の害が生じるのか、そんな観点から言葉を使い分けるとニュアンスに合った英語表現が見つかります。

続きを読む

英語の「kill」を日常会話で使う場面と、その場合のkillの意味

455433142

英語の kill は基本的に「殺す」という意味を持つ動詞です。命を奪うという意味の物騒な語彙。とはいえ日常会話でも kill の語を使った表現は意外と多く用いられます。

日常会話の(生死に関係しない)文脈では、 kill は往々にして「止める」「消す」程度の意味で用いられます。いずれも口語的な言い方です。

日本語でも、ダメになることを「死ぬ」と表現する場合があります。そういった感覚で捉えると、口語的な kill の感覚は意外とすんなり腑に落ちるでしょう。

続きを読む

英語で「不美人」「ブス」と表現する言い方

人の容姿をとやかく言う、それは人の性というものです。「美しい」と述べる言葉があれば、逆に「美しくない」と表現する言い方もあります。

美人不美人という評価は、相対的で一面的な価値観に過ぎません。不美人と評価する者は人の美しさに気づけない哀れな人。言われた側の身になって考るまでもなく、そうそう口に出してよい表現でないことは明白です。とはいえ、「不美人」と評価する言葉はあることもまた事実なわけで。

使わない語彙・使うべきでない語彙は、必ずしも、知らなくてもよい語彙であるとは限りません。使い所をよくわきまえた上で、表現そのものは知っておきましょう。

続きを読む

英語でどう言う?「桜」「お花見」「三分咲き」

421283851

日本の春の風物詩といえば桜、お花見。「花見」は英語では cherry-blossom viewing のように表現できます。

パッと咲いてサッと散りゆく桜の情趣・風情は、ある意味で日本的な美意識の端的な表れです。英語で花見を話題にできると、文化紹介・文化比較にもきっと役立ちます。

続きを読む

英語で「香り・匂い・臭気」を意味する表現の違いと使い分け方

英語で「におい」(匂い)を表現する名詞といえば smell が基本ですが、嗅覚を表現する言い方は快不快の程度に応じた複数の表現があり、使い分けられます。

においに関する英語表現は、smell が中立的(やや不快寄り)で、その他の語は基本的に「よい香り」「いやな臭い」という快不快の意味合いを含みます。

続きを読む

英語で「お金持ち」を意味する単語・イディオム・慣用表現

英語で「お金持ち」を表現する言い方は沢山あります。特に慣用的な言い回しが多種多様で、裕福さの度合いや人格・品格まで表現する言い方が色々とあります。

富豪の家柄、いわゆる成金、羽振りの良い人、ケチな人。語彙の多さは世間的な興味の深さの表れでしょう。日常で使う機会はそう多くはないでしょうけれど、知っておいて損はありません。

続きを読む

英語で「安い」(廉価・お値打ち)と表現する言い方

英語で「価格が安い」と表現する言い方は、単語だけでもいろいろあります。お得、お手頃、安物、等々、安さのニュアンスを一言で言い分けられます。

英語で「安い」と表現する言い方というと、まずはチープ(cheap)あたりが思い浮かびますが、cheap は「安物」「安っぽい物」のニュアンスを多分に含むので要注意です。最適な表現を使えるようになりましょう。
続きを読む

英語表現 any more と anymore の違いと使い分け方

128979782

英語の any moreanymore は、一見同じように見えて微妙に異なる表現です。any more は2語からなる表現、anymore は1語の扱い。その意味も微妙に異なります。

英会話で耳づてに聞く限りでは、ほぼ区別が付きません。あらかじめ意味を把握しておくことが聞き分けのコツとなるでしょう。

続きを読む

英語で伝える「髪の長さ」、美容院・美容室での注文のしかた

399428434

美容院・美容室で髪を少し整えてもらう注文は、英語で言えそうで言えない日常生活フレーズです。でも英語表現を知識として持ってしまえば、何も難しくはありません。

「毛先だけ揃えてください」「軽くすいてください」のような注文を英語で伝える言い方を知っておくだけでも、理想のヘアスタイルにぐっと近づけるでしょう。

続きを読む

英語で「頻度」(頻繁さ)の度合いを表現する言い方

よくあること、ままあること、珍しいこと、めったにないこと。物事の起こる頻度を表現する英語も、ありがちさの度合いによって言い分けられます。

常態・日常茶飯事から古今未曾有の珍事まで、大まかに段階を分けて表現できるようになっておくと、経験・経歴・趣味なんかの話題でも意外と重宝します。

続きを読む

英語で伝える「だいたい」「ざっくり」、内容を大まかにする英語表現

373974652

英会話の学び始めの頃は、とにかく考えを緻密な文章化することに気を取られがちですが、会話には余分な情報を適当に省くことも重要です。たとえば「978円」といわずに「だいたい1000円」といった方が会話が円滑に運ぶ場合も多々あります。

正しく描写するべき情報と、端折っても差し支えない情報を区別して、端折ってよい部分は思い切って適当に端折ってしまいましょう。そう意識すれば思考もだいぶ楽になりますし、伝えたい部分をよりはっきりと伝えることもできるはずです。

続きを読む

英語で「高い」(高価・高額)と伝える表現の種類と使い分け方

値段が高いと英語で表現する場合、複数の言い方があり、高価さ・高額さの度合いや正当・不当といったニュアンスを込めて使い分けられます。

品質がよくて値段も相応に高いのか。あるいは、安っぽい雰囲気に反して不当に高いのか。極めれば語意ひとつで金銭感覚まで表現できるようになります。

続きを読む

英語で疲労の度合いを伝える「疲れた」英語表現集

英語で「疲れた」を意味する語といえば tired がまずは思い浮かびます。tired は基本的で一般的な表現ではありますが、英語で「疲労こんぱい」を表現する言い方は他にもたくさんあります。

あ~疲れた、と言いたいとき、I’m tired. と表現しても良いのですが、より具体的なニュアンスを含んだ表現が使えると、疲れ度合いや体調やウンザリした心境などもニュアンス豊かに伝えられるようになります。

続きを読む

WebRTCで無料英会話