フィリピンに留学してTOEIC(R)テストを受験する

アジア圏の英語の語学留学先として人気の高いフィリピンなどでは、TOEIC対策に特化した語学学校も開校しており、外国人留学生を主な対象とするTOEIC対策コースを提供しているところがあります。フィリピンに語学留学し、そのまま現地でTOEICテストを受験する、という短期留学プログラムを提供している事業者もあります。
続きを読む

TOEIC(R)テストに伸び悩んだらテスト対策も必要

TOEICテストを受験しつつ勉強を進めていくと、それまで順調に伸びていたスコアがぱったりと伸びなくなる「壁」に突き当たることがあります。600点が超えられない、700点台なかばでうろうろしている、というように100点ごとに壁を感じる人が多いようです。
続きを読む

初めてのTOEIC(R)テスト【3】テストは2時間、問題数は200問

TOEICテストの試験時間は2時間に及びます。2時間にわたって集中力を維持することは容易ではありません。さらに設問は計200問もあり、序盤で時間を割きすぎれば解く時間は足りなくなります。毎回、最後の方は全く着手できずに終了してしまった受験者が少なからずいます。時間配分を常に意識して試験に臨む必要があります。
続きを読む

TOEIC(R)テストの認定機関はどこか

TOEICテストはアメリカのETS(Educational Testing Service)が制作しています。採点(スコアの算出)もETSが行っています。テストの運営・実施は、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が行っています。TOEIC公開テストを受けると交付される「公式認定証」は、この国際ビジネスコミュニケーション協会の名のもとに発行されます。
続きを読む

TOEIC(R)テストのスコアが資格として使えない場合

TOEICテストのスコアは多くの学校や企業によって資格のように扱われていますが、英語力証明の資格として使えないことがあります。場合によっては、TOEICテストの利用が認められていない代わりに、TOEFLやIELTSのみが英語力証明の資格として使われていることがあります。
続きを読む

もっと先のページを見る:10203040506070



WebRTCで無料英会話