Tag Archives: 英語のニュアンス

英語の助動詞「can」の意味・用法ごとの具体例

英語の助動詞can」の意味合いは多岐にわたり、文脈によって違ってきます。しかし言葉の中核にあるニュアンスは根本的に同じです。いっそ和訳をやめて英語のままニュアンスを把握しましょう。訳語に振り回されなければ感覚も把握しやすくなります。

英語の「助動詞」を本当に理解する学習のコツ

英語の助動詞 can の中核的イメージに最も近い表現は「できる」でしょう。日本語表現の「できる」と直接に対応づけないように注意しつつ、実際の can の使われ方の《幅》を確認しましょう。用法のおおまかな全体像を捉えることで、ニュアンスの広がり・広げ方が掴めます。

続きを読む

英語で「それは面白いね」と表現する場面別ニュアンス別表現集

shutterstock_387914965
英会話が面白いと感じられることはすばらしいことです。愉快な気持ちはぜひ相手にも伝えて共有したいところ。ただ、英語で「面白い」と表現する際には、面白さの種類やニュアンスまで念頭に置いて表現を選ぶ必要があります。

日本語の「面白い」という言葉は、さまざまなニュアンスを含む広範な表現です。《滑稽だ》、《風流だ》、《興味をそそられる》、《思わず熱中してしまう》、《軌道に乗っている》等々、具体的なニュアンスは場面に応じて違います。

日本語で「面白い」という感想が思い浮かんだら、いちど他の日本語表現で言い換えてみると、対応する英語表現も思いつきやすいでしょう。そして、ゆくゆくは直接に英語表現を思いつけるようになりましょう。

続きを読む

英語で「多い」を表現する many、much、a lot of、lots of の違いと使い分け方

fotolia_117888789

英語で「たくさんの」「多くの」と言う際、多く使われるのがmanya lot ofです。どちらも数や量が多い様を意味する形容詞と形容詞句であり、基本的にはどちらも同じように使うことができますが、実はいくつか違いがあり、文の形や修飾するものに応じてどちらを使うかが決まってきます。

一番よく知られている違いとしては、manyが可算名詞=数えられる名詞(形のはっきりしたもの)のみに使えるのに対してa lot ofは可算名詞と不可算名詞=数えられない名詞(形のはっきりしないもの、無形物など)両方に使えることでしょう。またmanyは不可算名詞の場合muchと、a lot of は状況に応じてlots of と言い換えられます。その他にも、フォーマルさの度合いや、肯定文と否定文/疑問文との相性などの点で使い分けされます。それぞれいつ使うのか、またどのように使うのか、整理しておきましょう。
続きを読む

英文メールに使える英語の「お礼」の伝え方表現集

business-437020_640

メール(Email)で伝えるお礼の言葉は、じっくり読まれる媒体だけに、表現にも少し工夫を加えたいところ。Thank you. や Thanks. といった基礎的な表現をマスターしたら、さらに幅広い英語のお礼の表現にも挑戦してみましょう。

メールでのコミュニケーションは、互いに居合わせる状況ではない以上、具体的に明示的に記述することを意識するとよいでしょう。 続きを読む

表現を間違えやすい英語の基本動詞3選

mistake

英語の動詞の中には、初歩的で基礎的な単語なのに使い方が紛らわしく、いつまで経っても使い間違えてしまうタイプの単語があります。その誤りが致命的な誤解を生むことはないかもしれませんが、やはり英語を学ぶ以上、正しく使いこなせるようになって起きたいところです。

特に「前置詞を取るか否か」という部分で特殊さのある動詞は、もともと前置詞が日本語にはない要素だけに、かなり厄介な代物です。

続きを読む

「I think that ~」の think にニュアンスを加味する代替動詞4つ

boy-928655_640

think は「考える」と訳される動詞です。自分の意見を述べる場合には「I think that~」のように表現できます。

I think  (that) it’s okay.
いいと思うよ

しかしながら、考えにも自信の度合いの違いがあります。意見に強い自信(確信)があったり、逆に自信がなかったり、といったニュアンスを加えたい場合には、believefeelsupposeguess などの語で think を代替してみてみるとよいでしょう。
続きを読む

スカイプで無料英会話